【映画】思った以上に良かった。

2018.06.22 Friday

0

     

     

    2011年アメリカ/イギリス映画

    ヒューゴの不思議な発明

     

     

    『ハリー・ポッター』『ライラの冒険』と同じ雰囲気がしたから、

    苦手かなぁと思いつつ僕の中ではかなりのヒット作。

     

    正直知らんかったけど…日本での興行収入も10.2億円とまずまずのヒット作やな。

     

    それでも世界的に見ると莫大な製作費がかさんで赤字っぽいね汗

     

    でもコストをかけているだけあって見応えのある作品でThe 映画!って感じ。

    作り手の情熱みたいなんが伝わってくるし、実在する人物を基に展開されるファンタジー。

     

    ちーとジャンルが違うけど日本で言う『JIN-仁-』『信長狂騒曲』みたいな感じかな。

    歴史・エピソードとリンクする部分もあるけど想像力豊かな感じ。

     

    こう言うの見る時に「CG技術見せたいだけなんやろ」って冷めた目で見るけど、

    この作品はストーリーもしっかりしているし展開も面白い。キャラも立っている。

    もちろん映像も綺麗。なにより映画の歴史に対しての敬意みたいなのが伝わってくる。

     

     

    チョイ役ではあるけど、ジュード・ロウの配役が絶妙。

    もう一人チョイ役でお花屋さん役のエミリー・モーティマーに感動。

    大好きな映画『キッド』に出てくるブルース・ウィリスの相手役の綺麗な女優さん。

     

    あと外せないのが、本屋主人役のクリストファー・リー。

    『007/黄金銃を持つ男』のボンドのライバルの殺し屋スカラマンガ役で出演。

    他には『スター・ウォーズ』ドゥークー伯爵と渋いベテラン俳優が脇を固める。

     

    とまぁそんなこんなで見る気も無かった作品から好きな作品になった作品を紹介。

     

    ではバイバイ

     

     

    【スタッフ】

    脚本:ジョン・ローガン

    監督:マーティン・スコセッシ

    原作:ブライアン・セズニック

     

     

    【キャスト】

    ベン・キングズレー

    エイサ・バターフィールド

    サシャ・バロン・コーエン

    クロエ・グレース・モレッツ

    クストファー・リー

    ジュード・ロウ

     

     

    【ストーリー】

    1930年代のパリ。

    駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴの唯一の友達は、亡き父が残した機械人形だった。

    壊れたままの人形の秘密を探る過程で、彼は不思議な少女イザベルとジョルジュに出会う。

    やがてヒューゴは、機械人形にはそれぞれの人生ばかりか、

    世界の運命すらも変化させてしまう秘密があることに気付き……。 (シネマトゥデイ)

    おおよそ1436

    2018.06.20 Wednesday

    0

       

      僕のUFJ銀行の暗証番号です。

       

       

       

       

      あ、UFJに口座持ってなかったf^^;

       

       

      冗談はさておき…先日の続き8月に計画している北海道旅行で

      訪れる都市をgooglemapで検索した走行距離が1,436km

       

      細かい目的地をまとめると1486km

       

      自宅から計算すると移動総距離は3,713.6km

       

       

      日本最北端の択捉島から最南端の与那国島までの直線が約3,000kmらしいです。

       

      お釣りが来るw

       

      その四泊五日かけて辿る予定ルートが↓↓

       

       

      北海道って本当に広い・・・襟裳・釧路・稚内は行けないね。

       

      ざっくりの道内でのトータル移動時間は21時間。。丸1日

       

       

      と、言うかこのルートを色々寄って周り切れるんだろうか…。

       

      こうやって考えてる時が一番幸せ。。

       

      そんなお話。では。

      [大会]2018年06月17日(日)対ディーメーカーズ戦

      2018.06.19 Tuesday

      0

         

        scrapers 2 - 2 ディーメーカーズさん

         

        地震とかあったし少し遅くなりました。

         

        引き分け・ジャンケン負け〜w

         

        惜しかったねf^^;


         

        てか、こんだけ打てずエラーもあったのに負けなかったのが不思議w

        あーあと大誤審もあったねf^^;

         

        審判の判定で勝ち負けはあまり考えない様にしているし、

        ストライク・ボールもある種公平だろうから良い。

        アウト・セーフもまぁしゃーない。とは思うけど…

         

        あれで走塁妨害は・・・・ガチでない。

        試合後、連盟の審判部の方からも【走塁妨害ではない】と、

        丁寧に説明して頂いたけど…。

         

        16年連盟にいるけどあんな誤審は初めて見た。

         

        金でももらってるのか?って言うくらいな不可解な判定だったね。

        あれで走塁妨害とられたらセカンド牽制は全て走塁妨害wそんなレベル。

         

        とまぁ、それで引き分けたとかはないけど、、

        冒頭言った通り、これで負けなかった事を良しとしましょ♪

        着々と進む机上の空論。

        2018.06.18 Monday

        0

           

          8月に予定している北海道旅行の話。

           

           

          昨年の沖縄同様、誠に勝手ながら独断と偏見のスケジュールを企てているw

           

           

          goolemapって本当に便利よねぇ♪

           

           

          ■初日

          初日9時に新千歳空港に到着。

          レンタカーの手続きもろもろで10時半には出発予定。

           

          そこから夕張→富良野→美唄→網走。網走で一泊。

           

          ま、正直個人的には富良野『北の国から』ロケ地等は飛ばしても良い。

          譲れないのは夕張の『幸福の黄色いハンカチ』ロケ地。

           

           

          ■二日目

          8:40にはホテルを出発。

          網走刑務所やらを見て、速効で小樽へ移動、夕方到着予定。

          夕方の小樽散策と小樽運河のナイトクルージング。で小樽で一泊。

           

          朝、出発前に一人で『男はつらいよ』のロケ地を30分くらいで巡る。

           

           

          こことか

           

           

          こことか

           

           

          ここ。

           

           

          ■三日目

          8:30にはホテルを出発

          朝から小樽の青の洞窟クルージングに参加して、帰港後少し小樽観光。

          昼過ぎには函館へ向け出発し、函館山からの夜景を野郎三人で見て一泊。

           

          ここでもホテル出発前に一人で『男はつらいよ』ロケ地を巡る。

           

           

          こことか

           

           

          こことか

           

           

          ここ。

           

          青の洞窟クルージングから帰港後行こうとしている地元の市場への道中にも

          サラッとロケ地を入れているw

           

          しかも函館市内入ってホテルへ向かう間に、土方歳三最期の地的なんも寄ってやるw

           

           

          ■四日目

          地元の市場と函館朝市と五稜郭を廻って、

          なんやかんやで札幌ドーム 対ロッテ戦を観戦。札幌で一泊。

           

           

          ■五日目

          面倒やから他力本願で何か考えてもらって夜の便で帰路へ。

           

           

           

          これらを分単位でスケジュールを作成中。

          我ながら、大胆さと繊細さ・・・・いや

          空論の上に適当さを上乗せしたプランだぜw

           

           

           

          ここで気づく・・・グルメが入ってない…w

           

          ま、なんとかなるでしょf^^;

          【映画】ザ・普通

          2018.06.15 Friday

          0

             

            2013年アメリカ・フランス映画

            マラヴィータ

             

             

            デニーロ、ジョーンズ、ミシェル・ファイファーと有名どころやし、

            個人的にも好きな俳優が三人も出演しているのに…超普通顔顔

             

            面白い?って聞かれたら・・・普通。

            面白くない?って聞かれても、普通。

             

            なんやろ…いつだったかUSJ行って最後『ハリーポッター』乗った時みたいw

             

            魔法の世界の乗り物〜♪意外と空いてるなぁ〜♪なんてテンションで乗った瞬間びっくりびっくりびっくり

             

            一緒にいた人しか分からんなw

             

             

            人造人間17,18号でも手強いのに、16号も現れたけど意外と優しい奴やった?

             

            違うこれの逆ww

             

             

            TVでは良い人キャラの〇〇アナを見かけて近づいてたみたら「ウソーッびっくり」ってなる感じ指

             

            これやな指でも分かりにくいかな。

             

             

            まぁ別に、観ても観なくても影響はない。って作品。ではバイバイ

             

             

            【スタッフ】

            脚本:リュック・ベッソン

            監督:リュック・ベッソン
            原作:トニーノ・ブナキスタ

             

             

            【キャスト】

            ロバート・デ・ニーロ

            トミー・リー・ジョーンズ

            ミシェル・ファイファー

            ディアナ・アグロン

             

             

            【ストーリー】

            フランスのノルマンディー地方の田舎町に引っ越してきたアメリカ人のブレイク一家。

            主人のフレッド・ブレイクは元マフィアで、FBIの証人保護プログラムを適用されているため、

            一家は世界中を転々としながら暮らしている。そんなある日、

            フレッドに恨みを持つマフィアのドンが彼らの居場所を特定し、殺し屋軍団を送り込むが……。

            (シネマトゥデイ)

            寝て見る夢の話。

            2018.06.13 Wednesday

            0

               

              あくまでも僕の夢のお話で現実世界に起きたかは知りません。

               

               

              ■登場人物

              大物女優A(以下)

              若手男性俳優B(以下)

              武田鉄矢

               

               

              が自分の出演作品にを起用し続けていると話題になっているところから夢が始まる・・。

               

               

              周りがどれだけ止めても、は頑なにと共演じゃないと降りると言い張る。

              明らかにのキャラではない役柄であってもお構いなしでとの共演を熱望。

              現場ではの愛人・不倫関係にあるのではないかと噂され、

              その噂は週刊誌を介しSNSで拡散される始末、それでもやはりとの共演を続ける。

               

              そんなある日、の楽屋を訪れ周りの目や自身が置かれている立場、

              世間からのバッシングが辛い旨を相談しにいくと、

              に自分の若かりし頃の話をし始めた・・・・

               

              も若手の頃、武田鉄矢主演作品に、やはり武田鉄矢のゴリ押しで出演し続け、

              無名だったは感謝しつつもで、同じ様に【愛人】【不倫】と週刊誌を賑わせ、

              同じ様に楽屋を訪れ、武田鉄矢に言われた事をに話した。

               

              ここで何故か武田鉄矢本人が夢の中に登場w

               

              あなたは将来、日本を代表する女優になる逸材です。

              ダイヤモンドの原石です。少なからず私はそう信じています。

              その時、今のバッシングとは比にならないくらい妬み辛みが増します。

              それに耐えうる逸材だと思えばこそで、私に夢を見させて下さい。

              もし私に少しでも恩義を感じてくれているのであれば、

              将来、私と同じ様にあなたなりの原石を発掘し磨いてやって下さい。

               

               

              そう言って夜のネオン街に消えて行った武田鉄矢との後ろ姿で目が覚める…。

               

               

               

              こんな夢を先日見ました。

               

               

              武田鉄矢はハッキリとご本人だったのに、は全く誰か分からず…

              気になって仕方がない…そもそも何でこんな夢を見たのか…やけどf^^;

               

               

              そんな気になって仕方がない夢のお話でした。では。

              ゼロの執行人の話。

              2018.06.12 Tuesday

              0

                 

                ※ネタバレする可能性あり。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                おそばせながら『名探偵コナン ゼロの執行人』を観てきました。

                 

                普通に面白かった♪

                 

                ひとつ終盤の安室透とコナンが現場に向かう時の激走のシーン。

                ちょっとあれはやり過ぎ…中途半端なルパンみたいやったf^^;

                ついでに、安室透はどんだけ車持ってんねんw

                 

                それ以外は普通に集中して入り込んで観れました♪

                 

                レギュラー放送のアニメは殆ど見ないけど、

                『赤と黒のクラッシュシリーズ』と『緋色シリーズ』は本当に面白い。

                 

                あと伏線のはり方と回収の仕方が絶妙ですなぁ。

                 

                と、言うか早く黒幕が知りたい…。その前に解決しなアカン事が多々あるみたいでf^^;

                 

                観ていて本当に疲れるアニメではあるけど、

                原作者と作家さんが本当に優秀なんでしょうな。

                 

                ちょっと短めですが…

                1,800円払って観る価値があった映画のお話でした。では。

                密かな楽しみ。

                2018.06.10 Sunday

                0

                   

                  ホンマの密かな楽しみはブラック過ぎるから公には書けないけどねww

                   

                  今回は書ける範囲での密かな楽しみの話。

                   

                  ↓が現在のスマホのホーム画面。

                   

                  この中の赤枠で囲っているのが、

                  チームメンバー個々のLINEトーク画面をまとめているフォルダ。

                   

                   

                  開くとこんな感じ↓↓

                   

                   

                  名前は消しているけど、

                  自身で登録された名前を変更して背番号+苗字にしてある。

                  その下の日付は誕生日w

                   

                  僕が「誕生日おめでとー」って送るのはこれを見てるだけf^^;

                  覚えてる訳じゃないのよーw

                   

                   

                  そんな話は置いといて…

                   

                  既に変わっている人もいるけどこの中のアイコンを

                  試合中撮影した動画から画像に加工したのを使ってくたのが嬉しくて、

                  また、全員そうなるのが僕の密かな楽しみ(^_^.)

                   

                   

                  今は5人…コンプリートにはまだまだ時間がかかりそうやけど…。

                   

                  これを見ているメンバーへ告ぐ!!!

                   

                   

                  すぐ変えろ!

                   

                   

                  とは言わないけど忖度してねw

                  もれなくヒット1本水増し入力します!!

                   

                  てのは冗談やけど…打順があがる事があったりなかったりw

                   

                   

                  そんな密かなお話でした。

                   

                  では。

                  【映画】は?

                  2018.06.08 Friday

                  0

                     

                    2012年アメリカ映画

                    エンド・オブ・ザ・ワールド

                     

                     

                    なんやろ…いかんせんキーラ・ナイトレイが綺麗過ぎて可愛すぎて…。

                    それ以上でもそれ以下でも無く…ただただスティーヴ・カレルが羨ましく顔

                     

                    設定の【地球滅亡まで数日】のエッジが効いていない気がするので、

                    別にその設定無くても良かったのでは??

                     

                    ストーリーは以前紹介した『ジュリエットからの手紙』みたいな感じ。

                    良くも悪くもキーラ・ナイトレイに見惚れてしまうw

                     

                    何か新たな発見も無くDVD借りてまでは…って感じバイバイ

                     

                     

                    あっw短いな…。

                     

                    でも本当に特に感想が無い汗

                     

                     

                    【スタッフ】

                    製作:スティーヴ・ゴリン/ジョイ・ゴーマン/ステーヴン・M・レイルズ

                    脚本:ローリーン・カスファリア

                    監督:ローリーン・カスファリア

                     

                     

                    【キャスト】

                    スティーヴ・カレル

                    キーラ・ナイトレイ

                    マーティン・シーン

                    アダム・ブロディ

                    ロブ・ゴードリー

                    コニー・ブリットン

                     

                     

                    【ストーリー】

                    小惑星の接近で、人類と地球の滅亡が決定的なものに。

                    保険セールスマンのドッジは、何も言わずに姿を消した妻を追いもせず、

                    律儀に出社しては単調な業務を続けていた。そんな中、隣に暮らす自由奔放な女性ペニーが

                    母国イギリスへ向かう最後の飛行機に乗れなかったと泣いているのを見掛ける。

                    それを機に初めて言葉を交わして妻の浮気を知るも、

                    ペニーの家に間違って配達された自分宛ての郵便物から昔の恋人オリヴィアからの手紙を発見して狂喜。

                    生涯で最も愛した彼女のもとへ駆け付けようとするが……。 (シネマトゥデイ)

                    定期的に思う。

                    2018.06.07 Thursday

                    0

                       

                      ほぼ年に数回思う事。

                       

                      こうやって長い事チームをやっていると色んな子と言うか、

                      知り合って継続的に付き合ったり音信普通になったり、

                      辞めても付き合ってくれる人がいたりと様々な出会いがある。

                       

                      いちいち一喜一憂している訳ではないけど、

                      試合が終わって成績入力とか動画を見直していると、

                      ホント不思議なご縁やなぁとしみじみ思う。

                       

                      チームをやっておらず普通に生活していたら、

                      100%出会う事が無かった方々と月2,3回野球をしている不思議さ。

                       

                      そう言う子らと飯行ったりカラオケ行ったり風呂行ったり…。

                       

                      『出会いは必然』と言う人がいるけど…

                      単純に≪野球がしたいから≫ってだけにも意味があるんやろか?

                       

                      ってふと考える。

                       

                      何かしら意味があって出会い、一緒に野球をしているのかなぁと思ったり。。

                       

                      まぁその出会いに意味を持たすのも自分次第なんだろうけど…

                      とりあえずこの歳までこのチームを続けてこれた事に感謝ですな。

                       

                       

                      そんな出口の無い事を考えてみたblogでした。

                       

                      では。