【映画】罠には注意しましょう!

2006.06.15 Thursday

0
    今回は1999年『エントラップメント』


    【感想】
    007シリーズで初代ジェームス・ボンド役を演じたショーン・コネリーが主演で渋く役を演じていたけど、
    どうしても『ジェームス・ボンド』が抜け切れへんところが痛い・・・・。
    ラストシーンも綺麗に作りすぎているかな?と思うしその他の配役・ストーリーは良くも悪くもなく無難な感じ。
    50歳過ぎているショーン・コネリーに怪盗役って言うのも厳しいところかもしれないよねぇ・・・。
    もっと渋い役とか犯罪者役でも演じたら、違う一面が出てヒット作品にも恵まれていたかも知れんなぁ。

    残念ながら引退宣言をしてしまったけど・・・・。

    【スタッフ】
     監督:ジョン・アミエル
     脚本:ロン・バス
     製作:ロンダ・トーレフソン

    【キャスト】
     ショーン・コネリー(マック)
     キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(ジン)
     ビング・レイムス(ディボドー)
     ウィル・パットン(クルーズ)

    【ストーリー】
    ニューヨークでレンブラントの名画が盗まれた。

    莫大な損失を破った保険会社の調査員ジン(=キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)はその華麗なる手口から
    伝説の怪盗マック(=ショーン・コネリー)の仕業と確信していた。
    ジンは、新たなる獲物=中国の黄金のマスクをえさにマックを罠に掛けるべく、
    自らも同業者と名乗りマックに近づいた。しかし計画の途中、ひょんなことからジンの正体に気づいたマック。
    それでも、強盗の計画を遂行し罠と知りながらも次なる獲物である”80億ドル”強奪に挑むマックの真実は?
    疑惑と裏切りが交錯する史上空前の罠。仕掛けたのは誰?仕掛けられたのは誰なのか?