【映画】いつまでも子供ていたいね

2006.09.08 Friday

0
    約2ヶ月ぶりになってしまいましたね・・・。

    1988年『big』


    【感想】
    昔に1度だけ観たことがあり心の片隅に印象が残っていたので思わず購入した1枚です。

    子供が大人に憧れるように、大人が子供に戻りたくなるのを上手く描いているなぁと思う。
    脚本はあのスティーブン・スピルバーグの妹さんが書いたらしいです。

    共通点はユーモアがところどころにあって感動も適度にあるかな。ファンタジー色が強いけど。
    主演のトム・ハンクスが良い演技をしていて作品の良さを引き立てているね。
    ディズニーとかでありそうな作品でもあるけど、意外と20世紀FOX作品なんですよね。

    「真夜中にするやろうなぁ」と言う作品ですね。

    【スタッフ】
    製作:ジェームズ・L・ブルックス/ロバート・グリーンハット
    監督:ペニー・マーシャル
    脚本:ゲイリー・ロス/アン・スピルバーグ

    【キャスト】
    トム・ハンクス(ジョッシュ)
    エリザベス・パーキンス(スーザン)
    ロバート・ロッシア(マクミラン校長)

    【ストーリー】
    ある日、目覚めたらオトナに!

    12才のハートに30才のボディで未知の世界に放り出されたジョッシュ(=トム・ハンクス)。
    そう、すべては遊園地の不思議マシーン“ミステリー・ゾルダー”から始まった・・。
    オトナ子供、ジョッシュが大人社会に巻き起こした爽やか旋風。キャリア・ウーマンとの恋も純粋で美しい。
    誰も抱く大人願望と子供回帰をコミカルに、ロマンチックに、そして純真な愛に満ちた優しさで描いたファンタジー・コメディ。