【映画】007/私を愛したスパイ

2007.02.11 Sunday

0

    今回は1977年『007/私を愛したスパイ』


    【感想】
    ムーア=ボンド、最大のヒット作らしいです。。。

    スケールも大きくストーリーも面白いし、キャラ設定も非常によくできているのかなぁって思う。
    敵役のジョーズ非常に印象的で現実離れしているのですが、次回作の『ムーンレイカー』にも登場し
    なかなか良い活躍をするので覚えとくと良いかも☆

    エンターテイメント性の強い娯楽作品としてみてもらえればと思います。

    作品とは別に一つ注目してほしいのが製作がアルバート・R・ブロッコリ一人になっている点。
    今後の007シリーズの中で大きい変化になると思います。

    【スタッフ】
    製作:アルバート・R・ブロッコリ
    監督:ルイス・ギルバード
    原作:イアン・フレミング

    【キャスト】
    ロジャー・ムーア(007/ジェームズ・ボンド)
    バーバラ・バック(アニヤ・アマソヴァ)
    クルト・ユルゲンス(ストロンバーグ)
    リチャード・キール(ジョーズ)
    バーナード・リー(M)
     デズモンド・リューウェリン(Q)

    【ストーリー】
    地中海において英国とロシアの原子力潜水艦が次々とシージャックされ消息を絶った。
    東西両陣営は互いの仕業と疑い、イギリスからボンド(=ロジャー・ムーア)、ロシアからは女スパイ、
    アニヤ(=アマソヴァ・バーバラ・バック)をそれぞれ送った。
    しかし、海運王ストロンバーグ(=クルト・ユルゲンス)の手下、不死身の怪物ジョース(=リチャード・キール)が
    二人の前に立ちはだかる!