【映画】人生はチョコレートの箱の様な物

2015.02.12 Thursday

0

    久し振りに映画紹介。約2年振りです。

    って70本くらい書いてきたけど、まだ書いて無かったことに驚きw

    今回は1995年アメリカ映画

    フォレスト・ガンプ/一期一会


    今更感想を述べる程の映画ではございません。って言うくらい超有名な名作映画。

    ロバート・ゼメキス監督-トム・ハンクス主演作品で最も有名な作品でアカデミー賞受賞作品。

    僕もとっても好きな映画です。

    コメディの要素も入れつつ、感動ドラマやけど押しつけがましくない。

    絶妙なバランス。飽きさせない演出。

    CGやVFXが本当に細かい。今思えば「んなアホな(笑)」やけど、

    初めて見たのは小学生くらいやったから色んな大統領との映像や、

    ジョン・レノンら有名人との共演映像が本物やと思ってたw

    今見ても精巧に作られているよねぇ。

    時代時代に合った出来事と主人公の人生だったり周りの人の様子が反映されているから、
    アメリカの時代背景の流れがよくわかる。

    ロバート・ゼメキスは本当に面白い作品を作る監督やなぁ。
    『バック・トゥ・ザ・フューチャー』もこの人の作品。

    CG・VFXが好きで得意な監督さんやね。

    日本で言うところの『ALLWAYS 三丁目の夕日』『永遠の0』の山崎貴監督やね。


    『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の時のイライジャ・ウッドもやけど有名になる前の子役を起用している。

    残念ながら今は殆ど映画には出てきませんが『シックス・センス』『ペイ・フォワード』『A.I.』で
    日本でも一世風靡した、ハーレイ・ジョエル・オスメントの映画デビュー作品ですw

    最後の最後に出てきます。何か光る物があったんやろかね?

    あとこの作品は、作品の前後で共演している俳優が多いのも特徴やね。
    そう言う角度からキャストの配役相関図を見てみるのも面白いかもねw

    とまぁ一度は観てもらいたいってか観てる人の方が多いかなw

     


    【スタッフ】
    制作:ウェンディ・フィネルマン/スティーヴ・ティッシュ/スティーヴ・スターキー
    監督:ロバート・ゼメキス
    脚本:エリック・ロス
    原作:ウィンストン・グルーム

     


    【キャスト】
    トム・ハンクス(フォレスト・ガンプ)
    サリー・フィールド(ミセス・ガンプ)
    ロビン・ライト(ジェニー・ガラン)
    ゲイリー・シニーズ(ダン中尉)
    ミケルティ・ウィリアムソン(バッバ・ブルー)

     


    【ストーリー】
    知能指数は人より劣るが、足の速さとその誠実さは天下一品という一風変わった主人公フォレスト・ガンプの半生を、
    時代を象徴する“事件”とヒット・ナンバーで綴った心暖まるヒューマン・ファンタジー。
    スペンサー・トレイシーに次いで、ハンクスが2年連続主演男優賞を取った他、アカデミー賞では当然のごとく、
    作品・監督・脚本といった主要部門を総嘗めにした。
    (allcinema ONLINEより)