【映画】珍しく。

2017.09.01 Friday

0

     

    ケヴィン・ベーコンが良いもんの役。

     

    2015年アメリカ映画

    『ブラック・スキャンダル』

     

     

    ちょうど去年の今頃(このblog書いたのは1月)、日本で公開された映画ですな。

    スポットCMは何度か見かけたけど流行ったのかは分かりません汗

     

    この時期はSMAP解散・ベッキー問題とかで騒いでたからエンタメ情報が少なかったかもね。

     

    んで感想はと言うと…。

    実話を基に作られているから迫力やリアリティはある。ハラハラドキドキもする。

    リアリティ出すためには仕方が無いんやろうけど、淡白な気はするかな。

     

    素直に何の知識も入れずで観たら良かったけど、ジョニー・デップって事で、

    変にコメディ要素を想像してしまったから余計に淡白に感じた。

     

    まぁシリアスな映画が好きな方にはお勧め。ではバイバイ

     

     

    【スタッフ】

    脚本:ジェズ・バターワース

    監督:スコット・クーパー

    原作:ディック・レイア&ジェラード・オニール

     

     

    【キャスト】

    ジョニー・デップ

    ジョエル・エドガートン

    ベネディク・カンバーバッチ

    ロリー・コクレーン

    ケヴィン・ベーコン

    アダム・スコット

     

     

    【ストーリー】

    1970年代、サウスボストン。

    アイリッシュ・マフィアのボスとして同地一帯を牛耳るジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーに、

    FBI捜査官のジョン・コナリー(ジョエル・エドガートン)が接触を図ってくる。

    彼はFBIと手を組んでイタリア系マフィアを駆逐しようとホワイティに持ち掛け、密約を交わすことに成功。

    両者の連携によってイタリア系マフィアの勢力は弱まるが、その一方でホワイティは絶大な権力を持つようになる。

    (シネマトゥデイ)