【映画】衝撃の展開。

2017.08.18 Friday

0

    ※ネタバレするかもです。

     

    これを観たのは2月24日。

     

    2008年アメリカ、イギリス合作映画

    縦模様のパジャマの少年

     

     

    多分『ヒトラー 最期の12日間』を観たからオススメに入ったんでしょうが

    Netflixも安易にオススメに入れないで欲しい…汗

     

    まさかのオチに戸惑いと涙が止まらず…でも決して感動とは言えず…。

     

    この感じの終わり方は嫌いじゃないし好きな部類と普段なら書くけど、

    この作品だけは少し違う。。。無理。。。でも嫌いじゃない。

     

    作品としては歴史を振り返る意味においても素晴らしいし、

    人間関係・描写など全てに置いて良かったと思う。。

     

    でももう1回観たいかと聞かれると…残念ながら遠慮する。

     

    それでも是非観てもらいたい作品ではある。

    ただし何の情報も先入観も持たずに観た方が良い気がする。

     

    そんなところで…ではバイバイ

     

     

    【スタッフ】

    脚本:マーク・ハーマン

    監督:マーク・ハーマン

    製作:デヴィッド・ハイマン

     

     

    【キャスト】

    エイサ・バターフィールド

    ジャック・スキャンロン

    アンバー・ビーティ

    デヴィッド・シューリス

    ヴェラ・ファミーガ

     

     

    【ストーリー】

    第二次世界大戦下、

    8歳の少年ブルーノは、ナチス将校の父の栄転でベルリン郊外に引っ越すことになる。

    裏庭の森の奥、鉄条網で覆われた場所を訪れたブルーノが出会ったのは、

    縞模様のパジャマを着た少年シュムエルだった。二人は友情を育むが、

    ある日ブルーノはシュムエルを裏切ってしまい……。 (シネマトゥデイ)