【映画】スピーチは苦手

2018.07.27 Friday

0

     

    などとしょうもない事を言っていますが…

    コリン・ファース主演作品の紹介。

     

    2010年英国・オストラリア合作映画

    『英国王のスピーチ』

     

    これも観ようと思いつつ後回しになっていた作品。

    観たのは2017年9月でこれを書いているのは10月。

     

    週1ペースでアップしてるとこれくらい後になるんやなぁ。

    まだ今の時点で書いてない作品が10作程…。

     

    2018年に観ているはずの作品のアップはいつになるのか…。

     

    などと冒頭に引き続き、

    どうでも良い話を書いていますが中身については…。

     

    普通に面白く観られる作品やけど、淡白っちゅう評価にはなりそう。

    個人的には欧州映画の淡白さと鼻で笑う感じのジョークは好き。

     

    それに実話を基に作られているから好きになる要素は多い。

     

    劇中のウィンストン・チャーチルを演じたティモシー・スポール・・・

     

    一度も観たことないけど『ハリー・ポッター』シリーズに出てくる人でお馴染みなのかな?

    僕の印象はトム・クルーズ主演の『ラストサムライ』でのイメージ。

    カメラマン・記録係役やったかな?

     

    まぁそれくらいか…。

     

    民放ゴールデンでは・・やったのかな?まずやらんと思うけど…。

    DVD借りてまでは特にお勧めはしませんw

     

    ではバイバイ

     

     

    【スタッフ】

    脚本:デヴィッド・サイドラー

    監督:トム・フーバー

    音楽:アレクサンドル・デスプラ

     

     

    【キャスト】

    コリン・ファース

    ジェフリー・ラッシュ

    ヘレバ・ボナム=カーター

    ジェニファー・イーリー

    クレア・ブルーム

     

     

    【ストーリー】

    幼いころから、ずっと吃音(きつおん)に悩んできたジョージ6世。

    そのため内気な性格だったが、厳格な英国王ジョージ5世はそんな息子を許さず、

    さまざまな式典でスピーチを命じる。

    ジョージの妻エリザベスは、スピーチ矯正の専門家ライオネルのもとへ夫を連れていくが……。

    (シネマトゥデイ)