【映画】スポットライト

2018.11.16 Friday

0

     

    日本での興行収入は4.4億円。

     

    2015年アメリカ映画

    スポットライト 世紀のスクープ

     

    こう言うドキュメンタリー系は大好物でございますね。

    同じ報道の話しで言うと『ニュースの天才』みたいな作品映画

     

    カトリック司祭で児童に対しての性的虐待。

    隠蔽をスクープする段階で色んな圧力がかかる。

    って話で実際にあった事件。

     

    なかなか熱心に通うって事のない日本だとどれくらいの衝撃さかは分からないけど、

    なんでしょ…教育委員会ぐるみで性的虐待・捏造があった…って感じ?

    それでも世界には波及しないだろうが…。それの全世界規模に置き換えれば分かりやすい?

     

    実際に起きた事件を記事にするまでの取材過程を描いているので、

    派手な爆発や銃撃戦も無く淡々と展開されるのでドンパチが好きな人には暇な作品。

     

    それでも報道現場レベルの苦悩・葛藤が垣間見れる。

     

     

    さて、この作品の音楽担当ハワード・ジョアも有名作品を担当している。

     

    『羊たちの沈黙』『ロード・オブ・ザ・リング』や僕が観た中では…

    『フィラデルフィア』『ミセス・ダウト』『ヒューゴの不思議な発明』など

    サスペンスと言うか不安を煽る系には長けているのかな?

     

    映画音楽、サントラの重要性を改めて感じたところで締めますが…

    この作品、民放ではまず厳しいだろうからCSかDVD…。

    んー興味ある・なしに別れると思うので、何が何でもってところまではいきませんな。

     

    ではバイバイ

     

     

    2017.11.25

     

    【スタッフ】

    脚本:マイケル・シュガー/スティーヴ・コリン

    監督:トム・マッカーシー

    音楽:ハワード・ジョア

     

     

    【キャスト】

    マーク・ラファロ

    マイケル・キートン

    レチェル・マクアダムス

    リーヴ・シュレイバー

    スタンリート・トゥッチ

     

     

    【ストーリー】

    2002年、ウォルターやマイクたちのチームは、「The Boston Globe」で連載コーナーを担当していた。

    ある日、彼らはこれまでうやむやにされてきた、神父による児童への性的虐待の真相について調査を開始する。

    カトリック教徒が多いボストンでは彼らの行為はタブーだったが……。 (シネマトゥデイ)