【映画】悪い印象はない。

2019.01.18 Friday

0

     

    2013年アメリカ・オーストラリア合作映画

    ディスクローザー

    観たのいつやったかな…汗

     

    多分2017年末に観た気がするので少し曖昧にはなりますが…。

     

    僕は嫌いじゃない。レビューなどの評価は低いみたいやね。

     

    助演で脚本・製作も手掛けるジョエル・エドガートンは好きな俳優。

    ケヴィン・ベーコンと同じく、少し陰・悪さ漂う役柄がぴったりやね。

    今回もそんな役で『ブラック・スキャンダル』でもそんな役やった気がするw

     

    ストーリーはベタなお話かなぁ。分かり易い縮図とキャラ設定に展開。

    それでもオチは少し分かりにくいかも…でも大好物w

     

    首が「いぃぃぃぃぃぃ」っ痒くなる感じ笑顔

     

    Yahoo映画のレビューでも見ると先週の『インランド・エンパイア』より低いのよなぁ汗

    時間的にもあれを観るならこっちをお勧めするけど、他にもっと面白い作品があるかw

     

    民放ゴールデンではまずやらない。深夜枠ならありうるかもやけど…ないかw

     

    そんな作品でした。ではバイバイ

     

     

    2018.02.25

     

    【スタッフ】

    脚本:ジョエル・エドガートン

    監督:マシュー・サヴィル

    製作:ローズマリー・ブライト/ジョエル・エドガートン/マイケル・ベナローヤ

     

     

    【キャスト】

    トム・ウィルキンソン

    ジョエル・エドガードン

    ジョイ・コートニー

    メリッサ・ジョージ

     

     

    【ストーリー】

    ある事件で手柄を立てた刑事マルは同僚たちと酒を飲み、

    ほろ酔い加減で車を運転していた途中、自転車に乗った子供をはねてしまう。

    動転した彼は発見者を装い通報するが、新任刑事ジムは、その様子に疑念を抱き単独で捜査を進める。

    そんなジムに対し、上司カールは捜査を止めようとする。 (シネマトゥデイ)