【映画】んーどうでしょう…。

2019.02.08 Friday

0

     

    2014年アメリカ映画

    ヤング・アダルト・ニューヨーク

    これほど悩まされる映画も珍しい…と言うくらい、

    ”面白いのか””面白くないのか”が分からん作品。

     

    面白かった?って聞かれれば「うーん汗」って答えるし…

    面白く無かったの?って聞かれたら「そう言う訳じゃないし汗」って言うし。

     

    ここはシンプルに、、、

    映画館で一般1800円払う程では絶対に無い。

    レンタル料金300円払って観るほどでも絶対に無い。

     

    面白く無いんやんっ!?

     

    って突っ込まれたらやっぱり「そう言う訳ではないのよ…」って言い返す汗

     

    コメディ・感動・ヒューマンドラマ・サスペンス…全ての要素が中途半端。

     

    其々の要素が潰しあって譲り合って…感情の着地点を見失う。。。。

     

    最後の報われない感じの終幕は好きな方やけど…何か違うのよなぁ。。

    以前紹介した『マイ・ファニー・レディ』の監督作品で、

    ベン・スティラー主演で期待しただけに余計に悩ましい。

     

    まぁ気になる方はレンタルして観てちょーだい笑顔

     

    ではバイバイ

     

     

    2018.02.11

     

    【スタッフ】

    脚本:ノア・バームバック

    監督:ノア・バームバック

    製作:ノア・バームバック/スコット・ルーディン

     

     

    【キャスト】

    ベン・スティラー

    ナオミ・ワッツ

    アダム・ドライバー

    チャールズ・グローディン

     

     

    【ストーリー】

    ドキュメンタリー映画の監督であるジョシュと、コーネリアは40代の夫婦。

    まだまだ自分たちは若いと考えているが、ジョシュにはここ8年完成させた新作がなく、

    人生や夫婦の関係から輝きが消えてしまったと感じていた。

    そんな中、ジェイミーとダービーという20代のカップルと出会う。

    レコードやタイプライターといったレトロなグッズや文化を愛する彼らの姿に、

    ジョシュたちは刺激され……。 (シネマトゥデイ)