なんでしょね。今の報道って。

2018.04.23 Monday

0

     

    セクハラ疑惑に揺れる安倍政権!

     

    こんな見出しで賑わっておりますなぁ。

     

    まぁセクハラは絶対ダメ!が大前提で言うと…

    あと、疑惑の渦中の元官僚の方を擁護する訳ではなく…。

     

     

    例えて言うと、

    痴漢!と言われました。勿論否定します。

    それどこらか被害者がどこの誰だか分かりません。

    けど被害者が女性であるから完全にクロです。問答無用で報道します。

    それに煽られる一部の視聴者。

     

    初めはこんな感じ?

     

     

    今回の一連の流れで言うと、

    加害者側の声とみられる音声テープが流出しました。

    本人の声の可能性が約90%とする専門家もいれば、

    3か所で録音した物を繋ぎわせた物だと分析する専門家もいる。

     

    共通しているのは、

    被害者とされる女性記者のニュアンス・前後の質問の音声が出てこない点。

    週刊誌とか一部メディアで女性記者はこう言ってます。みたいなテロップは出てくる。

     

    それを鵜呑みにして『セクハラしている!』と断定して良いのん?

    まぁ人其々感想を抱くのは自由とも思いつつ、

    少なからず本人が否定し名誉棄損で裁判すると明言している以上、

    時間稼ぎとかの批判があったとしても断定するのは恐ろしいよね。

     

    かと、言ってあの発言が適切か不適切かで言うと、適切では無い。

     

    けど万が一、万が一、女性記者が

    「今日、何か特ダネくれたら今晩私を好きにして良いです」って言ってたとしても…、

    それでも言うべきではないんだろうけど、だとしたらセクハラになるんやろうか…。

     

    少なからずその可能性もあるなら、セクハラがあったと断定するのは危険。

     

    女性側の音声が出てくるか裁判結果が出てから糾弾すれば良いと思うけど…。

     

     

    これに輪をかける様な形で、財務省 矢野官房長官の答弁が物議を呼んでいる。

     

    名乗りでる事がそんなに苦痛なのか

     

    こんな風に言ったとされ「被害者軽視!」「事の重大さを分かってない!」「女性の敵」

    みたいな発狂したツイートや報道・共産党や立憲民主らの野党を見る。

    一番驚くのが数々の弁護士も乗っかって矢野氏を糾弾している。

     

    この発言、テレビ朝日が発端かは分からないけどメディアが捏造・キリトリ報道したみたいで

    本当の発言は4月18日の財務委員会。←動画の開始から28分のところが問題とされる発言。

     

     

    中身が分からない事には処分に至らないのは世の常ですよ。

    この(被害者とされる)方は、この報道が事実であれば、

    雑誌の中でこんな事をされた、こんな事をされてとてもて不快だった。

    と鍵かっこで書いておられますよ。であれば、その方が

    財務省にではなくて、弁護士さんに名乗りでて、

    名前を伏せてを仰る事がそんなに苦痛なのかと言う想いであります

     

     

    文字に起こすと若干のニュアンスは違うかも知れないけど…こんな感じ。

     

    簡単に言うと、

    調査しキチンと判断したいからお相手の主張も聞きたいのに、

    雑誌にはベラベラと喋るのに、匿名で弁護士を介して抗議するのが・・・。

    って事でしょ?

     

    NHKはこの発言そのままに音声とテロップを付けて放送したみたい。

    テレビ朝日の番組では、音声を消した状態で【名乗りでるのがそんなに苦痛か】と放送。

     

     

    これが原因かは分からんけど、この文字だけが一人歩きして発狂している方が多いみたい。

     

    もちろん、被害に遭われた方は二度と思い出したくない。って意見もあるんだろうけど、

    週刊誌より弁護士さんに話した方が示談交渉も水面下で交渉してもらえると思う。

     

    けど週刊誌に持ち込めばどうなるか容易に想像が出来る記者でありながら、

    弁護士ではなく週刊誌に持ち込むと言う事は「二度と思い出したくない」は

    通用しないのではないか?と思われても仕方が無い・・・。

     

     

    さらに中盤で書いたけど、被害者とされる女性が持ち込んだテープを証拠としての報道。

    男性の声はそのまま放送するけど女性側はテロップのみ…。

     

    と、言う事は上の矢野官房長官の答弁みたいに、

    テロップなんぞは全くあてにならない・信用してはいけないと言う事を、

    その女性が所属するテレビ朝日が証明してくれた事になる。

     

    ボイスチェンジャーで変えた女性の声を報道するのか、決めつけ・印象操作をするのではなく、

    裁判結果が出るまで加熱報道しない方が良いと思うけど。

     

     

    こんな事を言うと、

    セクハラを容認しているとか、擁護しているとか言うおバカが現れるのが不思議な今日この頃。

     

    ではバイバイ