で?

2018.04.26 Thursday

0

     

    【苦痛なのか】が良くない。と言う意見があった。

     

     

    確かに被害に受けた方は思い出したくもないだろうし、

    トラウマになるのは容易に想像する。

     

     

    ただ今回の場合だけに限定すれば、

     

    被害者とされる女性記者は、

    テレビ朝日に報道を熱望し却下され週刊誌に情報を提供した

    この事実がある訳で…トラウマ云々は当てはまらないのではないか?

     

    仮にそうだとしたら、やはり週刊誌ではなく

    一番に組織・・・それが無理なら、弁護士に相談すべきではないのか?

     

    裁判費用の問題…と言う意見もあった。

    組織の顧問弁護士もいたろうし、法テラスも利用できるし。

    じゃなくても最近は初回相談無料の事務所だってある。

     

    週刊誌に情報を提供した時点でセンセーショナルに報道され、

    ワイドショーが何度も何度も報道し、後追い取材がなされる。

     

    一般の方ならそこまで想像出来なかった。ってのは分かるけど、

    テレビ朝日の社員と言う事は、普通にこうなる事は想像できたのでは?

     

    そう思うとやはりトラウマ云々と言うのは正直どうなのか?と思う。

     

    念を押すけど今回の場合のみ。

     

     

    矢野氏の発言の言葉狩りをすれば【苦痛なのか】と言う言葉は不適切かも知れないけど、

    いきなり言ったのではなく、具体的に今回の事案を質問された上での答弁。

     

    こんな事を言うと

    「官僚だから発言に気を付けないといけない」と意見もある。

     

    それも一理はある。けどそんな事言い出したら何も話せないし、

    全女性がそうではないだろうし、そう思う人もいるだろうし。

    言葉狩りしている野党やメディアと同じ事をしている。

     

     

    自分に置き換えて、自分の事の様に考える事も大事。

    冷静にキチンと分けて考える事もしないと…と思ったり。

     

    ま、それぞれの自由ではあるけど。

     

    結果、被害者とされる女性の方の心情が置いてけぼりになって、

    メディアも報道だけが過熱し政治家さんも【大臣が辞任するか否か】の

    【解散するのか否か】のお話になっている。

     

    結局、それを利用しているだけでしょ?って思ってしまう。

     

    今回に限ってのお話でした。ではバイバイ