歌は世代を繋ぐパスポート

2018.06.23 Saturday

0

     

    誰が言ったのか・・・・

     

     

     

    今、思いついたからそれっぽくタイトルにしてみたw

    厳密に考えられると穴だらけなので突っ込まないでw

     

     

    雨が降ると口ずさむ2曲♪

     

    Beatles『Rain』

     

     

    The Cascades『Rhythm of the Rain』

     

    あ、ごめん英語やから口ずさむと言うか鼻歌やったm(_ _)m

     

     

    実際に口ずさむのは…

     

    激しい雨なら浜田省吾『モノクロームの虹』

     

     

    降り始めとか止んだ時は吉田拓郎『たどりついたらいつも雨ふり』

     

    動画はモップスが歌うVer。で今日は後者の方。

     

    何度かこのblogで書いてるから改めてではあるけど…Wikipedeiaで調べてみた・・・

     

    1972年7月5日にモップスの12枚目のシングルとして発売。

    1972年7月21日に吉田拓郎自身のアルバムにセルフカバーとして収録。

     

    ほぼ同時期に発表するって面白いなぁ。

     

     

    元々のタイトルは『好きになったよ女の娘』で曲は同じやけど歌詞が全く違うw

    個人的にはこれでは「好きになってないよこの歌」かなぁf^^;

     

     

    あ、また書こうとしていた事からそれている。。。

     

     

     

    昔、出張が多くそれはそれで良い経験だったと感謝しているんやけど、

    出張に行くと雨が多く、お客さんからも【雨男】と言われるくらい…。

     

    そんな中、石川県の得意先の本部商談で当時50歳代後半の担当者の方に、

     

    「君が来るといつも雨ふりやな」と冒頭言われ、

    「そんな事の繰り返し。です。って吉田拓郎の歌みたいですねw」と返し、

    「若いのによく知ってるねぇ」となり

    その方が拓郎ファンと言う事で話が盛り上がり、急激に可愛がって頂いた。

     

    ってのを思い出す。

     

    なので・・・

     

    雨が降る

    「たどりついたらいつも雨ふり」を口ずさむ

    石川県のあの方を思い出す。

     

     

    そんな事の〜く〜りかえし〜♪

    (歌詞からの抜粋)

     

     

    ま、僕は拓郎ファンって訳ではなく歌が好きってだけではあったけど、

    ご飯連れて行ってもらったり…スナック付き合わされたり…

    いやご一緒させてもらったりと良い思い出ですなぁ。

     

     

    こないだTwitterで呟いたところからの派生でした。では。

    関連する記事