【映画】憧れるけど…無理かな

2019.07.12 Friday

0

     

    1995年アメリカ映画

    ボーイズ・オン・ザ・サイド

     

    『フットルース』のハーバード・ロス監督作品で、

    『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』のドン・スール脚本。

     

    何か【ザ・90年代】って感じの作品。嫌いじゃない。

     

    設定と展開は面白いけど、途中から変な方向に行きすぎて着地点がね。。

    一悶着欲しかったのは理解するんやけど、強引過ぎた気がせんでもない。

     

    それ以外の発見と言えば…

    三番目に車に乗り込み一緒に旅をする役にドリュー・バリモア。

    『E.T.』で主人公の男の子の妹役の人が出演しているのと、

    『リンカーンの弁護士』の主演マシュー・マコノヒーの若かりし頃が見られる。

     

    それくらいですかねぇ。

     

    まぁお勧めは…特にしないかなf^^;

     

    では。

     

     

    2018.05.04

     

    【スタッフ】

    脚本:ドン・ルース

    監督:ハーバード・ロス

    音楽:デヴィッド・ニューマン

     

     

    【キャスト】

    ウーピー・ゴールドバーグ

    メアリー=ルイーズ・パーカー

    ドリュー・バリモア

    マシュー・マコノヒー

    ジェームズ・レマー

     

     

    【ストーリー】

    90年代の悩める女性たちが織りなすロード・ムービー。

    自由奔放なブルース・シンガー。真面目で一途なビジネス・ウーマン。

    恋が生き甲斐のセクシー・ガ−ル。少しも似てない三人の女が、

    ひょんなことからいっしょに旅することになる。

    陽気に西海岸を目指す三人だったが、実はそれぞれに事情を抱えていた……。

    (allcinema)