17 寅次郎夕焼け小焼け ロケ地巡り 龍野編2

2018.10.24 Wednesday

0

     

    今回も前回に続いて『男はつらいよ』第17作目

    【寅次郎夕焼け小焼け】のロケ地巡りのお話。

     

    前回は、一行が市役所に到着するシーンのところまで。

     

    市長との挨拶もほどほどに龍野芸者を呼んでの接待の場に何故か寅さんも参戦w

     

    ■梅玉旅館

    煌々と着いてた看板虚しく、今は下の画像で【梅玉】と書いてあった形跡だけが…

    ってこちらは旧玄関らしく現在は立派な玄関がこの奥にあり、

    営業されているいみたい。しかも良い雰囲気のお宿。

     

    梅玉旅館 兵庫県たつの市龍野町本町1

     

     

    宴会を終えシーンは龍野の朝の風景へと変わります。

     

    ■朝の龍野

    こうやって並べるとアングルが全然違う事に気付くよなぁw

    撮ってる時は「完璧!」自惚れてるんやけどw

     

    その後、市の職員が寅さんを起こして不機嫌な寅さんを街へ案内し、

    昨夜の宴会で知り合った龍野芸者の牡丹と再会します。

     

    ■街案内の途中

    交通安全って書かれた塔みたいなもそのままw

    横の建物もリフォームはしているけど基本はそのままなんやろうなぁ。

     

    もちろん山もそのままw

     

    その頃、市から招かれた客人の池ノ内青観は初恋の人を訪ねて一人街ブラをしてます。

     

    ■通ったと思われる小学校を眺める青観

    これは10月21日撮影。それ以外は10月8日撮影。

     

     

    ■そこから初恋相手志乃の家へ向かう

    城下町と言う事で雰囲気のある街並み。

    右奥、当時なかったものが復元されてるしw

     

    BGMも相まって云十年の月日の流れを感じさせるかの様に、

    このシーンは本当に時間がゆっくりと進んでい。ここも好きなシーンではある。

     

    その後志乃宅にて会話を交わし、今度は龍野の夕方の風景が何カットか入ります。

     

     

    ■龍野夕方の風景

    残念ながら僕が撮った時間は日中でございましたf^^;

    さすがに夕方までは待てなかったw

     

     

    夜が明け別れの朝を迎えます。

     

     

    てなところで今日はここまで。

    前回三回に分けてと書いたけど四回になるかもね。

     

    ではヽ(^。^)ノ