警視庁判断

2018.11.14 Wednesday

0

     

    11月13日の産経新聞の記事

     

     

    今年の春、SNSから社会問題に発展したタックル問題。

     

    当時のバッシングの矛先はタックルした選手から、

    その選手が会見した事により、一気に監督とコーチのバッシングに変わり、

     

    その内容も【指示したか否か】から

     

    普段の言動やら、コーチの過去の話・プライベートな部分まで晒され、

    前監督は悪だー!クソだー!と大部分が批判的な意見に流されていた気がする。

     

    半年経って警視庁が【危険タックルの指示はなし】と結論付けたけど…

    当時「監督が指示した!」って極悪人かの様に決めつけてバッシングした人ってどうするんやろ。

    僕なら、根に持つから片っ端から名誉棄損で訴えるかなぁw

     

    まぁ僕はと言うと5月2425日と2回blogに書いておりました。

     

    明大ラグビー部の元主将の後輩君からの意見が大いに参考になったからやけどf^^;

     

    悪人だと決めつけなくて良かったぁw

    ただそれだけが言いたいだけw

     

     

    やはりこの世界で【潰せ】ってのは一般的に鼓舞する為に使われていると警視庁が判断し、

    選手も会見で言ってた様に【危険タックルの指示はなかった】って証言をそのままし、

    他の関係者からの調書も取った。と記事にはあるから、他もそう証言したんだろうなぁ。

     

    なので僕が思う結論としては、

    当初前監督の【指導・指示が受け取り側とのかい離があった】って発言は、

    ラグビーやアメフトの世界では使われる日常会話であり、間違いでは無く、

    試合終了後に【俺が指示した事にしろ】と責任を取ろうとしていた。

     

    と思えるからやはりそこまで前監督を悪人とは思えません。

     

     

    前も書いた通り、

     

    野球でも「攻めていけ!」って言うてホンマに攻撃する奴はおらん。

    あくまでもルールの範囲内での話と認識する。

     

    普段でも「はよ来い!」「遅刻すんな!」って言うて、

    スピード違反・信号無視・ひき逃げしてまでする奴おらんでしょ?って話。

    万が一して「はよ来い」って言われたからなんて言われたら世の中壊れるよ?w

     

    まぁ「スピード違反等法を犯さない程度に10分前行動を心掛けて遅刻しないように」

    と、言ってあげるのが丁寧で良いんだろうけど、

    こう言われたら「バカにすんな」って逆に怒られる気もするけどw

    常識・法律の範囲内で、その世界には独自の言葉があるんでしょう。

     

     

    まぁこれまた前に書いた様に、

    危険タックルをするくらいの精神状態。を見逃したのは非だったかもね。

     

    ま、それでも辞職して責任を取ったんだから。

     

    あとは被害者学生が元気にプレーに復帰して活躍している事を祈るだけ。

     

    ではヽ(^。^)ノ