呼ばれた謎はどこかへ 旧有漢村

2018.12.27 Thursday

0

     

    約1ヵ月間空きましたがf^^;

     

    うちのFAMILY HISTORY有漢訪問編の続き。と言うかメインで完結編w

     

    改めて経緯は【男はつらいよ ロケ地巡り】で「岡山に行く」とオカンに告げたところ、

    「私岡山生まれやで」と初めて聞かされ、それが訪問予定の高梁市に改編され同じだった。

    そんな偶然から色々調べたのが始まり。

     

    それが無かったらここまで調べてもないし、訪れたか…訪れてはない。

     

     

    10月21日、いや20日の晩から岡山県総社市に向けて走り車中泊。

    旧国分寺を訪れ、高梁市に入り昼過ぎまでロケ地巡り。

     

    旧有漢村に到着したのは13時前。

     

    早速、戸籍の出生地である現住所を訪れてみた。

    この日の朝もオカンから「絶対に誰かに話聞いたらアカンで」とLINEが来た。

    ここまで言われたらダチョウ倶楽部の「押すなよ」にしか聞こえないのが本音。

     

    でもオカンは幼少の頃の記憶で父母(僕の祖父母)が転々としていた事実から、

    村八分ではないけど周りに迷惑をかけ良い印象を持ってる人がいない。と思っている。

     

    そう思うと確かに聞きたくない。知らなくても良い事実だろうから、

    僕は聞くつもりではいたけど、内容によって報告するかしないかを決めようと考えていた。

     

    ただ大好きだった祖母を悪く言われるのは僕も嫌なので内心はビビりまくり。

     

     

    あ、やっぱり今回で完結しませんf^^;

     

     

     

    出生地の現住所にはポツリと一件、大きなお屋敷とその横には工務店?木材所?

    らしき建物があり、資材やらが置いてあった。

     

    「聞く!」と決心していたものの、インターホンを押すか押すまいか悩みながら、

    車を降りて歩いていたら玄関先で作業をされている女性が一人。

     

    旅の恥はかき捨て。と言わんばかりに勢いで話しかけたら、

     

    元々の住所から言えば確かにここが現住所になると仰ったが、

    嫁いでこられた40年前の事はわかっても60年前となると分からない。

    が、義母から「昔、うちの前に住んでた方がいて良くうちにきた」と聞いた。と

     

     

    ここでオカンから預かった7枚の写真を見せて、どこかを尋ねたら

     

    「うーん」と言いながら写真を手にして僕が来た反対方向へ歩き出した。

     

    ↓が実際の残された古い写真。

    写真を撮ったものなので分かりにくいですがf^^;

     

     

    その写真を見ながら奥様は「多分ここ」と教えて下さった。

     

     

    んー似てると言われれば似てるなぁって程度。

     

    伯父が言っていた「川の近くに住んでいた」に合致するであろう、

    ↑の横には川も流れていた。

     

     

    気になるのは古い写真に写っている灯篭?って言うのかな?それ。

    その事も奥様に聞いてみた。

     

     

    「昔ここにあった灯篭は集会所前に移設してそこにあるものと一緒かな?」

    と言いながら遠いところを指さし、集会所を指さした。

     

    確かに遠くに見える民家とは様相が違う建物の前には灯篭みたいない物が見える。

    僕でも敷地に入れるかを確認し後で見に行こうと決める。

     

     

    写真を見たまま考え込む奥様が、

    「ひょっとしたら裏のお婆さんが何か知ってるかも…ちょっと待ってね」

    家の中に入り数分後…

     

    今度は集会所とは反対の方向を指さし、

    「あそこに見える黒い屋根の家に90歳くらいのお婆さんがいて、

     60年前の事を覚えているから聞いてみたら何か分かるかも。

     今家にいるから行っておいで。多分その人くらいしか昔の事知っている人はいない」

     

     

    何て良い人なんだろうか…

    いきなり「オカンの生まれた場所ここ」と古い写真を持って現れた僕に対し、

    親身になって話を聞いてもらいしかも協力までして頂いた。

     

    想像した展開と良い意味で違い過ぎてさらにテンションの上がった僕は、

    御礼を言い集会所に寄った後、そのお婆さんの家に向かう事に…。

     

    今回はここまで。

     

    次回で完結編するかなf^^;

     

    もう少しお付き合い下さいませ。では。m(_ _)m