39『寅次郎物語』ロケ地巡り 三重県・賢島編2

2018.12.10 Monday

0

     

    前回は賢島に到着したところまで。

     

    いよいよ、秀吉少年の蒸発した母が働いていると聞いた

    【松井真珠店】に訪れるシーン。

     

    今回、店内のシーンは流石に諦めていて、

    一通り屋外を撮って次の目的地に向かう為、駐車場まで戻ったところで、

    やはり重要なシーンでせっかく来たし…【旅の恥はかき捨て】やし…と、

    自分に言い聞かせ店内へ…店員さんに説明し交渉。快く承諾して頂いた。

     

    お客さんの迷惑にならない様に最大限配慮したつもりやけど、

    客でもなんでもない、ただ迷惑なオッサンを快く受け入れてくれたお店は…

     

    松井真珠店 三重県志摩市阿児町賢島(船着場前)

     

    本当に感謝しかない。

     

    てな訳で…今回は松井真珠店のシーンのみ。

     

     

    ■松井真珠店1

    一発目。ごめんください。と店外から話しかけるシーン。

    本当はドアの外から撮影しているけど、当日はドア閉まっていたので、

    開けて撮るまでの厚かましさまでは持っていないので店内から雰囲気。

     

     

    ■松井真珠店2

    秀吉少年の母も、我が子を探している事を聞かされ、

    諸事情で別のところにいるからすぐに向かおうと慌てて車を手配するシーン。

     

    これも店内から窓越しの撮影。

     

     

    ■松井真珠店3

    船長さんに車をお願いし身支度から出てきた女将役の河内桃子。

    この方渡る世間は鬼ばかりにも出演されておりましたな。

     

     

    ■松井真珠店

    車を待つ為に店先へ…。

    後ろの建物も含めほぼ当時のままでございました。

     

    この後にも店内のシーンはあるけど、それはまた後ほど。

     

     

    店内は撮影当時のままで1905年創業の伝統を感じられるお店でございました。

    快く承諾して頂き終始感じの良い店員さんも印象的なお店でした。

     

     

     

    今回はこんなところ。ではヽ(^。^)ノ