32『口笛を吹く寅次郎』 ロケ地巡り 総社市編

2018.12.18 Tuesday

0

     

    8作目の『寅次郎恋歌』ロケ地巡り 高梁編をアップしてすっかり忘れておりました。

     

    訪れたのは同じ2018年10月21日の朝6時頃。

    旧有漢村に訪れたくて結構駆け足で巡った記憶がございます。

     

    1983年(昭和58年)第32作

    『口笛を吹く寅次郎』

    マドンナに竹下景子

    ゲストに中井貴一、杉田かおる

     

    公開日が1983年12月28日。僕が生まれた6日後。

    だからと言って特に何もないけど比較的好きな作品。

     

    この日は・・

    総社市、高梁市、旧有漢村、真庭市に加え、

    訪れて撮り忘れていた津山市、兵庫県たつの市に寄りたかったので、

    かなりタイトなスケジュールで観光と言うか罰ゲームみたいやったw

     

    前日の晩から車を走らせ総社市のコンビニ駐車場で車中泊。

    6時過ぎ日の出とともに活動開始。

     

    総社市はOPタイトルで登場。

    本編開始4分12秒〜6分30秒頃のオープニング。

     

    ■タイトルバック

    多分ここでしょうw

    って言うのもこの時、下の画像を撮る為に入った野原が、

    早朝と言う事もあってかぬかるみで靴が泥だらけになり、

    先を急ごうと車を走らせた直後に思い出したかの様に撮影。

     

    車内も泥だらけやし…って気分屋の性格が出た一枚でもあるf^^;

     

     

    ■旧国分寺1 クレジット【寅さん】

    多分ここでしょうw

     

    靴を泥だらけにしての1枚。

    だいたい早朝からこんな事しているのが自分でも不思議で仕方がないw

     

     

    ■旧国分寺2 クレジット【博、おばちゃん、おいちゃん】

    ここやろw

    終始泥に苛立ちを隠せなかった1枚。

    思い出してもイライラしてきたw

     

    他にも数枚旧国分寺での画像がありますが割愛。

    まとめ動画で。

     

     

    ここで旧国分寺を離れ同じ高梁市方面へ向かう…。

     

     

    ■総社市 本村バス停 クレジット【スタッフ1】

    OP前に電車内で知り合った親子とこのバス停で別れるストーリー。

    総社市編の中では一番好きな写真。

     

    山と田圃は変わってないのに、高速道路が出来ている。

    変わってないようで変わってる一枚。

    ちなみにバス停の位置も変わっていて撮ってる後ろがバス停。

     

     

    ■総社市 本村バス停 クレジット【スタッフ2】

    「あばよ」と言わんばかりのシーン。

    橋も新しいし場所も少し左にずれております。

    元々あったであろう跡だけが残っておりました。

     

     

    ■総社市 クレジット【山田洋次】

    ここもかなり怪しいけど、多分ここだと思われる。

     

    総社市から高梁市に向かう川はこの高梁川だったので国道180号線沿いを

    何回も何回もパソコンがフリーズするくらいストリートビューで確認した。

     

    当日も朝早かったから車も少なかったので、のろのろと確認しながらの走行。

    少し先の広い所に車を停め泥だらけ+少し濡れている靴下で歩いて戻った一枚。

     

    道路から撮ったけど、本当は川岸で撮ったらもう少し確実に思えるんやけど…

    下りれなくもなかったけど、上る事が出来なさそうだったので断念。

     

    この時まだ7時半前w

    既にグッタリ・げんなりしておりましたw

     

    そんなこんなで、いよいよ高梁市に入り初めに向かったのは

    『寅次郎恋歌』での高梁市一発目のシーン備中高梁駅。

     

    今作での高梁市編はまた次回。ではヽ(^。^)ノ