32『口笛を吹く寅次郎』ロケ地巡り 高梁市編2

2018.12.20 Thursday

0

     

    前回は「さぁて帰るか」と決断したところまで。

     

     

    ■何かを発見

    ここ何枚も撮った気がするなぁ。それでも少しずれているf^^;

     

     

    ■酔っぱらい和尚さん

    法要で飲まされて酔っぱらい、娘役の竹下恵子に支えられる和尚。

    後ろに見えている電波塔みたいなのを目印にしゃがんで撮った。

     

    横を通る方の「こいつ何してんねん」みたいな視線も最近は気にならなくなったw

     

     

    ■和尚代理

    柴又に帰るつもりが、お茶の誘いを受けそのまま夕食、一泊。

    翌日、二日酔いの和尚の代わりに「寺の近くで育った」

    無茶苦茶な理由で和尚の代理を名乗り出てタクシーで向かう寅さんのシーン。

     

    左に上に映る判子屋さん…移転して今は民家に変わってた。

     

     

    ■中井貴一と杉田かおる

    和尚代理として出かけた寅さんに不信感を抱くも、

    修行もせず学生生活を送りそれを窘められる弟役の中井貴一。

    お寺に配達に来た幼馴染で恋心を抱く役の杉田かおる。

     

    逆光のこの1枚はかなり思い入れがある…

    前回の3枚目「お世話さーん」と呼びかける場所と同じにも関わらず全く気付かなかった。

     

    一旦お寺の階段を下り敷地内から出て前の道を歩き、

    霊園の急な坂道を上り人に聞いて出てきたのが撮影場所の反対側…。

    それに気づいた時の疲労感は半端なかった。。なので思い入れが強いw

     

    こんな感じ↓

    全く同じ場所にいたのに…w

    少し後ろ振り返れば「あ」ってなったのにw

     

     

    ■仲睦まじい

    今の青春映画にもありそうなかけあい。

     

    結果的にここを撮影しようと思うと上のルート上にあるから良かったけど、

    あの急な坂道は上らずに済んだはずf^^;

     

     

    ■白神食料品店

    配達を終え帰ってきた杉田かおる。

    左に写る【シキシマパン】と書かれたところ。

    右に写ってるのは寅さんが和尚代理として法要中の判子屋さん。

     

    このお店、8作目『寅次郎恋歌』でお酒を買う時に登場するお店。

     

     

    ってかなり枚数が多くなっているので今回はここまで。

    ではヽ(^。^)ノ