27『浪花の恋の寅次郎』ロケ地巡り ちょっと余談

2019.01.21 Monday

0

     

    余談ばかりのこのblogのさらに余談。

     

    ロケ地巡り 港区、此花区編で触れた生駒からタクシーの件

     

    そこでも書いたけどあくまでも演出上のシーンなので、

    こんな事を書くのもお恥ずかしいのやけど…。

     

    現実的に考えた場合

     

    生駒市の宝山寺から港区波除までタクシーで行ったのであれば、

    かなりの遠回りと無駄使いw

     

    しかも今みたいに第二阪奈有料道路が開通していた訳ではないから、

    阪奈道路から現在の中央通り沿いをひたすら西に進み…。

     

    やはり生駒駅から近鉄電車で鶴橋、乗換てJR環状線で弁天町まで行くのが理想w

     

    しかも、シーンを改めて観ると・・・・さらにおかしい点に気付く。

     

    順を追っていくと

     

    1.九条方面の分岐を左

     

    2.上の続きでJCTを通過し本線に合流

     

    3.直線になり大阪城と旧大阪市中央体育館が見える。

     

    4.車中で会話して到着

     

    これを真面目に考え地図に落とすと…

     

    距離があり過ぎて収まらず、ちょっと分かりにくいけど…

     

    地図の真ん中にある

    が1の分岐

    が2のカーブ

     

    右端中腹にある

    が3の大阪城が見えるストレート

     

    左端にある

    ●が4の到着

     


     

    が信濃橋付近のJCTでが法円坂入口付近。

     

    どう考えてもおかしいwww

     

    タクシーは奈良からどうやってこのルートを辿ったのか…。

     

    百歩譲って難波からタクシーで急ぐ為に高速道路を…って事で、

    信濃橋入口からJCT→目的地ならまだ理解できる…。

     

    そこから後方にある法円坂付近を走行するって事は・・・・

    一回九条ICあたりで下車し目的地が目と鼻の先にも関わらず、

    大阪城あたりまで引き返しUターンして法円坂ICで再度高速道路を利用している。。

     

    8作目 寅次郎恋歌同様、ぼったくられた疑惑が浮上w

     

    しかも今回は距離と時間を考えたら相当な額をぼったくられているw

    全作細かく調べたらまだまだあるやろうなぁw

     

    と、真面目に考える方がどうかしているんやけどもf^^;

     

    ついついこう言うのを考えてしまう素直じゃない僕のお話でした。

     

    ではヽ(^。^)ノ