辛いね。

2020.02.13 Thursday

0

     

    正直親父が死んだ時よりも泣いた気がする。

     

    親父が死んだ時は葬儀の手配とかなんかバタバタしてたし、

    相続の事とかあったから悲しんでる暇も感傷に浸る暇も無かったんやけど。。

    感情を押し殺したから変な病気になったんやろうなぁf^^;

     

    そんな話は置いといて…

     

     

    本当にショックとしか言いようがない。。

     

    一番好きなプロ野球の監督で必ずと言って良い程出演番組は見ていた。

    それくらい何か学ぼうと思って見ていたお方。

     

    阪神、楽天を強くしたのは勿論やけど、当時のヤクルトは本当に強かった。

     

    物心ついて野球を始めた時が強いヤクルトやったから余計に印象も強く、

    ヤクルト対西武の黄金時代同士の日本シリーズやオリックスとの日本シリーズは本当に見物で、

    贔屓ファンじゃない対戦やったけどドキドキワクワクしながら観ていたのを思い出す。

     

     

    さて自分の話に戻すと、常々チームでは話すし皆に勧めるけど、

    中学校でもレギュラーでもなければ高校でも野球をやっていなかった僕が、

    18歳の時にチームを作って36歳になる今もなお草野球の監督を続けられているのは、

    間違いなく野村監督の本を読んだから。

     

    僕の横暴さもあり・・・・横暴さしかない18〜20歳の時にどんどん人が離れ、

    3年が経ち「もう解散かなぁ」って思ってた時に何か変えないとアカンと思って、

    正直、恥ずかしながら本とは無縁やったけどその時に手にしたのが野村監督の本。

     

    本なんて枕くらいにしか思ってなかった僕が一瞬で読み終える程面白く目から鱗やった。

     

    野球の事ばっかり書いているのかと思いきや、人としての心掛けや、

    接し方物の見方とかに重点を置いて書いてあった。

     

    今でも自分の中にあるのは

     

    心が変われば行動が変わる

    行動が変われば習慣が変わる

    習慣が変われば人格が変わる

    人格が変われば運命が変わる

     

    元々は外国の心理学者やったかな?の言葉らしいけど、

    野球の本やと思って買ったらこう言う事が書いてある。

     

    当時、特にチームの事で色々悩んでいた僕にはタイムリー過ぎる言葉であったし、

    何か変えるキッカケを与える言葉やった。

     

    著書の中には本を読む事の大切さとかも書いてあって、

    野球する人なんか本なんか読まんやろ。って思ってたけど、

    野村監督は相当な本を読まれ勉強されたんやろなぁ。

     

    他にはやはり洞察・観察の大切さとか本質を見ようとする大切さ。

    相手が何を考えているかを考える事、言葉の力や大切さ。

     

    今以上に当時の僕には欠落している事ばかりで、

    この偉大な監督さんがそこまで考えているのか…と思った記憶がある。

     

    初めて買った本を読み終えた僕は次から次へと野村監督著書を読み漁り、

    本を読まなかった僕が野球人の本以外も読むキッカケにもなった。

     

    それからチームの事で悩んだりすると必ず野村監督の本を購入。

     

    数年前に奈良で講演会があるって聞いてチケットを購入して行こうと思ってたけど、

    野村監督の体調不良で講演会自体が中止になったのが残念やったなぁ。

     

    身近な人以外の訃報でこれまで哀しくショックなのは、

    僕の中では野村監督以外いないのではないやろうか…。

     

    勝手ながら、多大な影響を受けたと思っているし、

    勝手ながら、今もチームがあるのも野村監督のお陰やと思ってるし、

    勝手ながら、今、こうやって色んな人に可愛がってもらえる様になったのもそう思ってる。

     

    あの21歳の時に梅田の紀伊国屋で野村監督の本に出会ってなければ、

    生駒から中央線-御堂筋線の電車の中でただボーっと寝てるだけで、

    何も学ばず何も考えない適当さに拍車がかった人になってたやろうなぁ。

     

    そう思うと、

    少なからず今のメンバーと楽しく野球はできてないし…

    毎年恒例の沖縄や北海道旅行も出来てないやろうし…

    別チームのT-主将と寅さんの話なんかできてないやろうし…

     

    本当に残念でならない。

    まだまだ野球解説が聞きたかったなぁ。と思う。

     

     

    現在のNPBの一軍監督12人中6人が野村監督の教え子。

    単純に凄い数字やと思う…。

     

    今年は野村監督の想いをそれぞれ受け継いでより熱い試合が見たいね。

     

     

    本当にショッキングで残念な訃報のお話。

     

    では、心よりご冥福を祈りながらお別れ。