[大会]2018年06月03日(日)対北新戦

2018.06.03 Sunday

0

     

    scrapers 11 - 3 北新さん

    [勝]竹田 5勝1敗

     

    暑い中お疲れさんでしたm(_ _)m

     

    集中力切らさず良かったですね。

     

    松本兄はコンディション優れない中、

    試合にも出ずにランコーとか審判とか本当にありがとう。感謝します。

     

    また弟ちゃんも気を使ってかバット引きとかボール拾いとか、

    また審判も行ってくれてたみたいで…重ねてありがとう。

     

    試合は↑の通り(*^_^*)

     

    次は17日、、、競合のディーメーカーズさんが相手。

    苦しい戦いになるけど頑張りましょ!!!

    【映画】ステイ・フレンズ

    2018.06.01 Friday

    0

       

       

      2011年アメリカ映画

      ステイ・フレンズ

       

       

      まぁ普通。よくあるラブコメなので、当たりでも外れでもなく…。

      特にコメントのしようも無いから書くことが無いねんけど…。

       

      強いて言うならマイケル・J・フォックス主演の92年『ドク・ハリウッド』に出ていた、

      ウディ・ハレルソンが主人公の同僚役で出演している事くらいかなぁ。

       

      それ以外は…。

       

      あっこのウディ・ハレルソンって俳優を調べてみると面白い。

      お父上があーでこーでって日本では少し考えられないお立場なのかなf^^;

       

      親と子は別人格とは言え、教育はされてるだろうから…。

       

      まぁ別に借りてまでって映画ではないかな。ではバイバイ

       

       

      【スタッフ】

      脚本:キース・メリーマン/デイヴィッド・A・ニューマン/ウィル・グラック

      監督:ウィル・グラック

      原案:ハーリー・ペイトン/キース・メリーマン/デイヴィッド・A・ニューマン

       

       

      【キャスト】

      ジャスティン・ティンバーレイク

      ミラ・クニス

      パトリシア・クラークソン

      ジェナ・エルフマン

      ブライアン・グリーンバーグ

       

       

      【ストーリー】

      ディランは、ロサンゼルスで腕利きのアート・ディレクターとして活躍していた。

      彼は元ロサンゼルス・タイムズ紙の記者だった父と姉、その息子と実家で暮らしている。

      そんなある日、ニューヨークのジェイミーから転職の話が舞い込み……。 (シネマトゥデイ)

      とりあえず内定。

      2018.05.29 Tuesday

      0

         

        昨年の沖縄旅行に続いて、同じメンバーで今年は北海道旅行に内定。

         

        中身はこれから…。

         

        何かツアーにでも申し込めば楽なんやろうけど、

        それじゃ旅行する意味がない。

         

        自分で調べて計画を立てて予約して…

        現地で覆し気の赴くまま…興味を持ったものを…

        それが僕が思う旅行の醍醐味笑顔

         

        しかしながら・・・

        これまた昨年同様、飛行機に乗らないといけないのは辛い飛行機

        日が近づくにつれ飛行機ものの映画観たり、JAL123便の話を観たりして、

        自分で自分の首を絞めるんやろうなぁ汗

         

        まぁそれは置いといて、どこに行きましょうかねぇ。

        って僕の中での希望はある。

         

        ・網走刑務所

        『幸福の黄色いハンカチ』ロケ地

        ・函館五稜郭

         

        ただこれだと、

        北海道の右上あたりから左下まで斜めに移動する事になるw

        日程的に可能なのかなf^^;

         

        今回は三泊四日になりそうなので十二分にありそうな気もしつつ、

        北海道に精通する知人にご教示頂きながら、決めていきましょ♪

         

        今年は北海道にいくぞ。ってお話指

         

        ではバイバイ

        [親睦]2018年05月27日(日)対Arches戦

        2018.05.27 Sunday

        0

           

          scrapers 11 - 1 Archesさん

          [勝]小鹿 1勝

           

          お疲れー土下座

           

          暑かったねガーン

           

          今月中に15試合消化しときたかったけど、雨やらで仕方がないね。

          これからより暑くなるから2試合組む事は減るけど、

          また9月後半から10,11月にかけて2試合くんで30試合目指しましょ頑張る

           

          試合のはご覧のとおり指

           

           

          しっかし、、、これだけ長い事野球しているけど、

          木製以外のバットが折れるのをはじめて見たし体験したww

           

           

          劣化なのか…相手投手の球に負けたのか…

           

          何れにせよ井上さん、すみませんねぇ土下座

           

          ご覧のとおり福田も反省しているので許してね汗

           

          今日はそんな感じかねぇ。ではバイバイ

          第三債務者にご注意を。

          2018.05.26 Saturday

          0

             

            こないだ会社に

             

            京都市伏見区簡易裁判所から封筒が届く…びっくり

            中身をみると大阪のとある不動産屋さんから差し押さえの書類。

             

            法的に問題のないルールだろうから控えるけど、

            社名出したいくらい腹が立っている怒り怒り怒り

             

             

            結論から言うと…

             

            元社員との契約書か書類の勤め先欄にうちの社名が記載されていたから、

            給料を差し押さえたいと…その元社員さんが辞めたのは三年程前…

             

            こう言うのって電話して「○○さんいますかー」って聞いたら済む話じゃないのん?

             

            てか、年齢的にも定年退職している歳ってわかるやろうに、

            数千円の切手代と手間をかけるより電話したらえぇのに。

             

            それか住所みたら同じ大阪市で一駅二駅の距離。

             

            あ、そう言う取り立てみたいな電話したらアカンのかなf^^;

             

            何にせよ、

            何で数年前に辞めたので、うちから取り立てるのは無理でーすみたいな

            陳述書を書いて郵送しなアカンねんな・・。ほんと迷惑。

             

             

            大変面倒くさく、無駄に焦ったお話ww

             

            ではバイバイ

            至極少数の意見だぜ?

            2018.05.25 Friday

            0

               

              twitterを見ていると僕がいかに少数派意見なのかがわかる汗

               

              改めて、首脳陣を擁護したい訳じゃない汗汗

               

              被害者側だけが損と言うか追い込まれない様…早期復帰できたら良いなぁ。

              あと加害者側学生も日本代表に選ばれるくらいなのであれば、

              キチンと謝罪して償って続けられる心境・環境になれば良いなぁ。くらい。

               

               

              で、

              ・1回目の危険なタックルの時に交代すべきだった。

              ・退場の後「良くやった」的な態度をしていた。

              ・「見ていない」はあり得ない。

               

              ってのがあったけど、

              だからと言って加害者学生が許される訳ではなく…。

              かと言って「怪我をさせろ」の指示があったって事にもならず…。

               

              これに関しては…知らんがな汗って感じ。

               

              1回目のタックルが一番有名な悪意のあるタックルなんよな?

              だったら交代してても起きた事案でしょうが…汗

               

              だとしたら、

              「精神状態を察して出すべきではなかった」と言うべき。

              その心の変化に気付かなかった点の指導者としての能力と、

              そこまで追い詰めた何かがあるならそこは責められても仕方がないかなぁ。

               

              てか、何人いるのか知らんけど審判はなぜ一発退場にしなかったのかな?

               

               

              労ってる様にも見えた退場後の映像に関しては…

              「怪我をさせた事にではない」みたいな事言うてなかったかな?

               

              「よくやったグー」とも取れるし、

              「一生懸命さは伝わったよ」とも取れるし、

              それ以外のプレーでのことかも知れないし、

              こんなもん本人しか分からんわい。

               

               

              野球だって、

              デットボール当てたイニング終了後にハイタッチする。

              「よく当てた」の意味か、「その後よく抑えた」の意味か、

              「お前嫌いやけど、周りがしてるからとりあえず」かも知れないし汗

               

              内心を妄想して批判する意味がない。

               

              「よく怪我させた」って意味で労ってたとしたら、

              クソコーチやな。って第三者的には思うくらいかな汗

               

               

              「見ていない」はあり得ない。ってのやけど、

              これもホンマか知らんし、どっちゃでも良いけど、

              全団体スポーツの全監督は、胸を張って全てのプレーを見逃す事が無い。

              って言えますかねw?

               

              相手との接触が少ないバレーボールとかは別やけど、

              草野球でもボールを追ってたらランナーとか守備に対しては一回目を切るし…。

              まぁ見てなアカンのやろうし、見れる事に越した事は無いけどね…。

              僕なんかたいがいの人のプレーを見てない疑惑があるのにw

               

              被害側の監督ですら、

              「試合中は見ていないしQBも立ち上がったから大丈夫だと…試合後見た」

              的な事を言ってたんだから…

              加害側の監督もボールを追ってたから見逃したんだろうなぁ。って思うし、

              仮に見てたのに交代させ無かったからと言って、怪我をさせろと指示をしたかは別問題。

               

              クソ監督やなぁ。って思うだけ汗

               

              たーだー、何で反則を取られたのか僕なら気になるけど…。

               

               

              昨日も書いたけど…

               

              【潰せ】と言ったし、言われた。は両者一致している。

              【反則して怪我させろ】は言ってないし、そうは聞いてないけど思った。

              こっちも残念ながら一致しているのよ…。

               

               

              それに試合後だか後日か監督は

              『何を聞かれても俺が指示したと言え』と当然ながら責任を

              被ろうとした発言をしているし、そう取れるのよ。

               

              『監督が責任逃れをしている!』って憤慨するのは少し違うと思うのよ。

              現実として、被害者側が怪我をした事に対して、

              加害者学生と誤解を生じた指示を出した首脳陣は責任を取る。

               

              メディアが面白がって内田氏叩きをしているのが滑稽でならない。

              ファッションチェックやら入院を逃亡だとか…怖い怖い。

               

              ま、被害者が納得していないのであればアカンけど…

              被害者側が納得する形で終息すれば良いよねぇ。ってお話。

               

              ではバイバイ

              【映画】一秒も笑えない。

              2018.05.25 Friday

              0

                 

                酷評しかしません土下座

                 

                2012年アメリカ映画

                ジャックはしゃべれま1000

                 

                 

                最初にエディ・マーフィが好きな方には大変申し訳ないけど…

                と、言うくらい一般人受けしないであろう作品。

                 

                エディ作品は大方コメディやろうけど、1回たりとも笑わなかった。。。

                 

                 

                万が一、

                劇場で観たとして「見どころは?」って聞かれたら、

                「本編入る前の【NO MORE 映画泥棒】のシーン」って答える。

                 

                ありえないけど、

                金曜ロードショーで放送されて「一番面白いシーンは?」って聞かれたら

                「翌週放送の予告」って答える。

                 

                それくらいヤバすぎる作品。

                 

                製作陣にはかなりの敬意を持って映画を観るけど…これは皮肉を込めて

                会議で「これはイケる」「おもろいやん」ってなった事への敬意しかない沈

                 

                ある意味色んな人に観て頂いて感想を聞かせて頂きたい作品。。。

                 

                ではガーン

                 

                 

                【スタッフ】

                脚本:スティーヴ・コレン

                監督:ブライアン・ロビンス
                製作:ニコラス・ケイジ他

                 

                 

                【キャスト】

                エディ・マーフィ

                クrフ・カーティス

                クラーク・デューク

                ケリー・ワシントン

                ルビー・ディー

                 

                 

                【ストーリー】

                「デイブは宇宙船」のエディ・マーフィ&ブライアン・ロビンス監督が再タッグを組んだコメディ。

                口の巧さだけを武器に数々の契約をまとめてきた出版代理人ジャックは、

                人気のスピリチュアル指導者シンジャとの出会いをきっかけに、信じられない災難が身に降りかかる。

                ジャックが言葉を発するたびに庭の木から葉が落ち、1000枚の葉が全て落ちた時、

                ジャックの命も終わるというのだ。

                それを知り、慌ててしゃべるのをやめようとするジャックだったが……。(映画.com)

                「潰せ」の 忖度祭り。

                2018.05.24 Thursday

                0

                   

                  学生側は

                  「コーチから「潰せ」と言われたが、

                  怪我をさせてまで、反則をしてまでとは言われてないがそう感じた

                   

                   

                  首脳陣は

                  監督・・・「言ってない」

                  コーチ・・「潰せ」とは言ったが、怪我させてまで・反則をしてまでではない。

                   

                  明確になったのは、

                  誰一人【怪我をさせろ】【反則をしろ】って言ってないって事。

                   

                   

                  だからと言って、加害者側が悪くないとも責任が無いと言いたい訳ではない指

                   

                  どっちを擁護するとかも一切ないけど…

                  正直、責任転嫁をしてようがしてまいが、どっちが嘘か真実かどうでも良いし、

                  僕からみたらお三方とも裁判の事しか考えてないでしょ。って事。

                   

                  「監督は選手に責任を押付けた!」って言う批判を目にしたけど、

                   

                  今回の責任ってのは何でしょ…?

                   

                  監督を辞任。ってのはある種の責任を取った形じゃないのかな?

                  また連盟側に選手の処分を解除する様にも働きかけていると言ってた。

                   

                  他の責任の取り方…

                  被害者側に対しての謝罪と保障くらい?あと何か罪に問われるなら償うくらい?

                   

                   

                  あえて言うと、

                  監督さんだけを悪者にして「無責任だ!」って責めたてるのは違う気がする。

                   

                  改めて言うと

                  監督さんを擁護したい訳じゃない。

                  被害者は怪我をした学生とご家族・関係者だけであるって事。

                   

                  監督もコーチも加害者学生も悪い事をしたんだろうなぁと思うから、

                  加害者学生が可愛そうって発想が僕にはなく、被害者が一番辛い思いをしている。

                   

                   

                   

                  あともう一つ不思議なのは、

                   

                  【潰せ】って言葉を使った事への批判はされてないのかな?

                   

                  素人の戯言と思ってお許し頂きたいけど、

                  ラグビーとかアメフトとかでは鼓舞する為に頻繁に使われているんじゃないの?

                   

                  たまたま【潰せ】って一般的に過激な言葉だからややこしいけど、

                  例えば【速攻で来い】【はよ来い】って言われたからスピード違反した。

                  「早く行かないとクビになると思った」「スピード違反してまで早く来いって感じた」

                  ってのは通用するの?

                   

                  そんな風に思うのよ汗

                   

                  性善説で言うと

                  その世界で日常的に使われていたのであれば…

                  「潰せ」=もちろんルールの範囲内でって指示であったとも受けとれるので、

                  被害者側が納得しなかったのなら、言わなくても良い言葉だったのかも知れないけど

                  当初の【指導と受け取り手とのかい離があった】ってのは正直な返答なのかなぁって。

                   

                  あそこの大学では「潰せ」=反則プレーで怪我さろなら話は別。

                  今のところ「潰せ」とコーチは言った。って報道あれど、

                  反則で怪我をさせろって指示があったと言う報道は無い気がする。

                   

                  「潰せ」って表現字体に批判が集まらないところを見ると、

                  アメフトの世界ではそう言う事を言って鼓舞しているのかなぁって想像する。

                   

                  監督さんを擁護している様に見えるけど…そうではなく、例えが悪いけど、

                  犯罪者がどっちの罪を軽くするかを競い合ってる様にしか見えない今回の図式。

                   

                  そう思ってるから、

                  全責任は監督にあるとは言え監督だけを「うそつき」と決めつけ、

                  総攻撃している状況を疑問に思う今日この頃。

                   

                  ではバイバイ

                  たまには

                  2018.05.23 Wednesday

                  0

                     

                    どうでも良いねんけど…

                    最近書置きしている映画の話ー。ばっかで特にblogを書いていないw

                     

                    普段の事はTwitterで呟いているから改めてここに書く事もないしなぁ。

                    な〜んて思ってたらこんな感じで放置気味。。

                     

                     

                    皆さん元気してます?

                     

                     

                    さて、T-主将が出産したと言う事で…

                    いやぁ前ご飯食べた時に聞いてたし、

                    気にはなってたから本当に良かった笑顔

                     

                    おめでとさん土下座

                     

                    お互い大人なんだから余計な事は言わないでおこうねw

                    母子ともに無事産まれたんだから細かい事は良いじゃないかグー

                     

                    もう一人の目に入れたら痛いけど可愛い可愛い後輩のぶっちも、

                    今年産まれたからT-主将の子供と同級生やなグー

                     

                    少子化対策に貢献する後輩を持って俺は幸せですよピース

                     

                    てな訳で、また会いましょう。ではバイバイ

                    その展開の”理由”の説明を…w

                    2018.05.22 Tuesday

                    0

                      ※ネタバレの恐れあり。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      昨年6月に書いたNETFLIXオリジナル作品『13の理由』の続編のお話。

                       

                      5月18日に配信され、一気に観ました笑顔

                       

                      普通に面白かったけど…S3に続くんだろうなぁ…

                      ってあの終わり方は少し残念汗

                       

                      S1で自殺した女の子の遺族が学校を相手取り訴訟するのがS2。

                      学校側と被害者側それぞれの証人の応酬と裏切ったり裏切られたりは面白い。

                       

                      S1での布石をきっちり回収しているのも素晴らしいグー

                      けど新たな布石と思えるシーンを盛り込んできたのは…

                      内容が内容だけに大変疲れる汗

                       

                       

                      実際アメリカの高校で起きたイジメ問題の事例を盛り込んでるらしく、

                      最後のシーン…そこにいくまでの経緯は「あーあれかな?」と、

                      日本でも有名な事件を連想させる。

                       

                      てかS1で気付くべきだったのかも汗

                      いや何となくそう思ってたけどこのドラマの主題ではないから、

                      「ふーん」って軽く流してところに急展開びっくり

                       

                      そう思うと今回のS2でそこまで行かなかったので肩透かしにあった感じ。。

                       

                       

                       

                      まぁあえて回避したのかも知れないけど…。

                       

                      タイトルの【13の理由】にかけて1シーズン13話にしているんだろうけど、

                      最後の2話くらいは焦りすぎた感じは少しする。

                       

                      何れにせよS3の制作発表を早くしてくれないとモヤモヤが募る一方w

                       

                      しかしNETFLIXは商売上手ですな笑顔

                       

                       

                       

                      そんなお話。ではバイバイ