[親睦]2020年02月23日(日)対レッドスター戦

2020.02.25 Tuesday

0

     

    scrapers 11 - 0 レッドスターさん

    [勝]竹田 1勝

     

     

    この時期は2試合やっておきたいので少々遠いところやったけど、

    2試合取りました。って事でお疲れさんでした。

     

    あと19試合で通算600試合到達でございます。

    何事もなく行けたら良いねぇ。

     

    年齢的に僕が野球できる時間が少なくなってきているんだなぁと

    つくづく思う今日この頃。

    [親睦]2020年02月23日(日)対サージングウェーブス戦

    2020.02.25 Tuesday

    0

       

      scrapers 9 - 3 サージングウェーブスさん

      [勝]隆晟 1勝

       

       

      いよいよ1年が始まったって感じですな♪

       

      今年もワイワイガヤガヤやっていきましょ('ω')ノ

      辛いね。

      2020.02.13 Thursday

      0

         

        正直親父が死んだ時よりも泣いた気がする。

         

        親父が死んだ時は葬儀の手配とかなんかバタバタしてたし、

        相続の事とかあったから悲しんでる暇も感傷に浸る暇も無かったんやけど。。

        感情を押し殺したから変な病気になったんやろうなぁf^^;

         

        そんな話は置いといて…

         

         

        本当にショックとしか言いようがない。。

         

        一番好きなプロ野球の監督で必ずと言って良い程出演番組は見ていた。

        それくらい何か学ぼうと思って見ていたお方。

         

        阪神、楽天を強くしたのは勿論やけど、当時のヤクルトは本当に強かった。

         

        物心ついて野球を始めた時が強いヤクルトやったから余計に印象も強く、

        ヤクルト対西武の黄金時代同士の日本シリーズやオリックスとの日本シリーズは本当に見物で、

        贔屓ファンじゃない対戦やったけどドキドキワクワクしながら観ていたのを思い出す。

         

         

        さて自分の話に戻すと、常々チームでは話すし皆に勧めるけど、

        中学校でもレギュラーでもなければ高校でも野球をやっていなかった僕が、

        18歳の時にチームを作って36歳になる今もなお草野球の監督を続けられているのは、

        間違いなく野村監督の本を読んだから。

         

        僕の横暴さもあり・・・・横暴さしかない18〜20歳の時にどんどん人が離れ、

        3年が経ち「もう解散かなぁ」って思ってた時に何か変えないとアカンと思って、

        正直、恥ずかしながら本とは無縁やったけどその時に手にしたのが野村監督の本。

         

        本なんて枕くらいにしか思ってなかった僕が一瞬で読み終える程面白く目から鱗やった。

         

        野球の事ばっかり書いているのかと思いきや、人としての心掛けや、

        接し方物の見方とかに重点を置いて書いてあった。

         

        今でも自分の中にあるのは

         

        心が変われば行動が変わる

        行動が変われば習慣が変わる

        習慣が変われば人格が変わる

        人格が変われば運命が変わる

         

        元々は外国の心理学者やったかな?の言葉らしいけど、

        野球の本やと思って買ったらこう言う事が書いてある。

         

        当時、特にチームの事で色々悩んでいた僕にはタイムリー過ぎる言葉であったし、

        何か変えるキッカケを与える言葉やった。

         

        著書の中には本を読む事の大切さとかも書いてあって、

        野球する人なんか本なんか読まんやろ。って思ってたけど、

        野村監督は相当な本を読まれ勉強されたんやろなぁ。

         

        他にはやはり洞察・観察の大切さとか本質を見ようとする大切さ。

        相手が何を考えているかを考える事、言葉の力や大切さ。

         

        今以上に当時の僕には欠落している事ばかりで、

        この偉大な監督さんがそこまで考えているのか…と思った記憶がある。

         

        初めて買った本を読み終えた僕は次から次へと野村監督著書を読み漁り、

        本を読まなかった僕が野球人の本以外も読むキッカケにもなった。

         

        それからチームの事で悩んだりすると必ず野村監督の本を購入。

         

        数年前に奈良で講演会があるって聞いてチケットを購入して行こうと思ってたけど、

        野村監督の体調不良で講演会自体が中止になったのが残念やったなぁ。

         

        身近な人以外の訃報でこれまで哀しくショックなのは、

        僕の中では野村監督以外いないのではないやろうか…。

         

        勝手ながら、多大な影響を受けたと思っているし、

        勝手ながら、今もチームがあるのも野村監督のお陰やと思ってるし、

        勝手ながら、今、こうやって色んな人に可愛がってもらえる様になったのもそう思ってる。

         

        あの21歳の時に梅田の紀伊国屋で野村監督の本に出会ってなければ、

        生駒から中央線-御堂筋線の電車の中でただボーっと寝てるだけで、

        何も学ばず何も考えない適当さに拍車がかった人になってたやろうなぁ。

         

        そう思うと、

        少なからず今のメンバーと楽しく野球はできてないし…

        毎年恒例の沖縄や北海道旅行も出来てないやろうし…

        別チームのT-主将と寅さんの話なんかできてないやろうし…

         

        本当に残念でならない。

        まだまだ野球解説が聞きたかったなぁ。と思う。

         

         

        現在のNPBの一軍監督12人中6人が野村監督の教え子。

        単純に凄い数字やと思う…。

         

        今年は野村監督の想いをそれぞれ受け継いでより熱い試合が見たいね。

         

         

        本当にショッキングで残念な訃報のお話。

         

        では、心よりご冥福を祈りながらお別れ。

        今思えば、、恐ろしい話。

        2020.01.31 Friday

        0

           

          年末、T-主将と『男はつらいよ お帰り寅さん』を観に行ってご飯食べている時のお話。

           

          それをする前に・・・

           

          散々、T-主将からは「抜け駆けして先に一人で観ないで下さい」と言われていたものの、

          blogで書いた通り、公開初日の27日金曜日に抜け駆けをした。

           

          前もってblogに書いたしバレてるやろうと思ってたけど…

          当日、僕にしつこく「観てませんよね?」と聞いてたから、

          blog読んでないんやぁとは思いながら、

          本当の事を言うか…嘘をつき通すか…寝れないくらい迷った挙句後者を選択。

           

          『観に行ったんやろ?』と腹の中では思ってたであろうT-主将の「観てませんよね?」

          「観てへんよ〜」と言いながら腹の中では『ごめんねごめんね〜』と思う僕。

           

          ”腹の探り合い”ってこの事を言うんやなぁ。と良い経験をした。

           

          改めてT-主将・・・・・ごめんねごめんね〜。

           

          m(_ _)m

           

           

           

          そんな腹の探り合いも僕の中では面白かったんやけども…

           

          今思えば恐ろしい会話やった。と身震い…赤面…時間よ戻れ!と思う話。

           

           

          今回の『男はつらいよ お帰り寅さん』はオリジナルメンバーの現在を描きつつ、

          寅さんとの思い出が回想シーンが盛り込まれていて非常に面白かった。

           

          過去のフィルム映像を≪4Kデジタル≫で処理したものを、

          回想シーンとして使用していて、数十年前の映像が鮮明で一層の感動を与えてくれる。

           

           

          映画を観終え感想の共有がてら食事している時にストーリーの感想もそこそこに

           

          「4K(ふぉーけー)って綺麗なぁ」

          「4K(ふぉーけー)って凄いなぁ」と、4Kの感想を述べる僕に、

          普段はしょうもない僕の話をキチンと聞いてくれる温厚なT-主将が珍しく食い気味に

           

          「あんまふぉーけー、ふぉーけーって大きい声で言わんといて下さい!!」

           

          と強めに注意。

           

          一瞬、抜け駆けしたのがバレて怒ってるのか!?と思いつつ…

           

          頭の中でよくよくT-主将の指摘を繰り返してみる…

           

          あんま

          ふぉーけー、ふぉーけー

          って大きい声で

          言わんといて下さい

           

           

          ふぉーけー、ふぉーけー

          って大きい声で

           

          「あっ」と気づいた時には遅く…急に恥ずかしくなった…。


           

          ↓こう言う広告でお馴染みの専門の病院ですらオブラートに包んでいるにも関わらず

           

          良いオッサンがカツオのたたきを食べながら大きい声で

          ふぉーけー、ふぉーけーって喋ってたんだもん・・・・。

           

          そこらのホラーよりも恐ろしい・・・そんなお話。

           

           

          T-主将…どんまい。

          懲りずにまた遊んでねー。

           

          では。

          有漢からの続き。

          2020.01.16 Thursday

          0

             

            もう2年前になりますな。

             

            『男はつらいよ』ロケ地巡りで岡山県高梁市に行った”ついで”に

            60年前の写真を頼りにオカンが生まれてから3,4歳頃まで住んでた旧有漢村を訪れたのは。

             

            記憶にない有漢よりも微かに記憶に残る大分に行きたい。と言って、

            いつか親孝行の真似事が出来ればと思ってたので今回連れて行く事にした。

             

            前も書いた様に僕の熱量は有漢に比べると相当低い。

             

            ただ旧有漢村同様、2018年の秋にいきなり電話した僕なんかに、

            色々と教えて下さった事もあり訪れてみたいとは思う。

             

             

            山奥の有漢とは違い、大分の海沿いの町。ストリートビューを見る限りでは本当に何もない。

            今でもそう思うって事は60年前はどんな感じだったのか…。藁葺き屋根の漁師町やったのかな?

            些か失礼な発言ではありますがf^^;

             

            ただ景色は本当に良さそう。

             

            残念ながら大分の写真は残っておらず記憶だけが頼みの綱ではあるけど、

            2年前に電話で調べた限りほぼ間違いないと思われる。

             

            今回は何を聞いても覚えておらず失礼ながら役に立たない・・・・・伯父さんも連れて行こうかと思うけど、

            「幼少の頃に良い思い出がない」と言う伯父さんを連れて行って良いものか…。

            未だに悩みつつ飛行機・宿・車の手配も済ませてあとは当日の天気が晴れる事を祈る。

             

            2月の寒い時期を選んだのは単純に色々と安いからf^^;

             

            一応念のため・・・今回は”ついで”にロケ地巡りもする。

             

            では。

            ネガティブ男には難しい。

            2020.01.09 Thursday

            0

               

              てな訳で昨年から投資やら株に手を出したのが…

              1円足りとも損はしたくない代わりに儲けは少なくても良い。

              って考えながらポチポチとやってる。

               

              何が凄いって一昨年の交通事故の慰謝料でやってるから、

              正味元々の自分のお金は使ってないし使う気も無い。

               

              色んな人に聞きながらコツコツと旅行費用を捻出できれば良いかなぁ。って感じ。

               

              さて、年明けから日経平均は荒れてますねぇ。

               

              23,656円で始まった日経平均

              1月6日 −451.76円

              1月7日 +370.86円

              1月8日 −370.96円

              1月9日 +535.11円

               

              トランプ大統領がイランに攻撃をして下がったかと思えば少し戻し、

              イランが報復を宣言したかと思えばやっぱり下がる、

              トランプ大統領が「軍事力行使したくねぇ」と言えば上がる。

               

              終わってみれば昨年末の金額と大して変わらない感じ。

               

              二日に1回くらい銀行の人と話して

               

              銀行:「上がると思いますよ〜」

              ぼく:「いやこのまま下がるっしょ」

              銀行:「上がりましたよ〜」

              ぼく:「買っとけばよかったですね」

              ぼく:「下がりましたやん」

              銀行:「元に戻ると思いますよ〜」

              ぼく:「戻りましたね…買っとけば良かったですね」

              ぼく:「また下がりましたやん」

              銀行:「また上がると思いますよ〜」

               

              同じ事の繰り返しw

               

              基本、マイナス思考の僕には向いていないんだろうと悟ってはいるけど、

               

              日経平均の値動きもやけど、最近は銀行とのやりとりだけで楽しくなってきた今日この頃。

               

              本年も宜しく。

              T-主将ごめんね。

              2019.12.19 Thursday

              0

                 

                LINEでも直接言いましたが…

                 

                年末誘ってくれた『男はつらいよ おかえり寅さん』の観賞。

                公開初日の27日の夜にやはり先に一人で行きます。

                 

                もちろん28日も一緒に行きます。

                 

                 

                一緒に行くのが嫌とかは一切無い。

                 

                 

                ただただ泣く姿を見られたくないのさ。

                 

                泣く内容なのかは知らんけど…f^^;

                 

                せっかく寅さん観てほっこり温かく楽しい気分になる予定やのに、

                横のオッサンの泣き姿で台無しにしたくないやん?

                 

                その辺りの変なプライド…同じAB型なら分かってくれると信じてますw

                32試合

                2019.12.18 Wednesday

                0

                   

                  12月15日の2試合で2019年度の全日程終了。

                   

                  合計32試合。今年も30試合達成できたヽ(^。^)ノ

                   

                  毎回…それも年々思う、この30試合って誰が望んでるのw

                   

                  まぁ僕が勝手に言うてる事やけど、

                  それに付き合ってくれる人がいるってのは有難いねm(_ _)m

                   

                  チーム内は新しい仲間が増えつつ年々参加する楽しさが増すんやけど、

                  今年は僕自身に色々あった1年で今まで一番辛くしんどかったなぁ。

                   

                  正直、10月0試合ってなった時は「今年は30試合無理やな」と諦めてたんやけど、

                  11,12月と毎週試合組んで皆さん出席してくれて何とか達成する事が出来た♪

                   

                   

                  昨年も書いたけど『全日程終了〜』って言った時が一番ホッとするし気が抜ける。

                  それと同時に、これまた誰にも望まれてる訳でもないHPの更新や会費の計算、

                  成績の見直し、MVPの集計、トロフィーの発注などなどの雑務が増える。

                   

                  何度も言うけど誰から望まれてる訳ではないから止めても良いんだけども…

                  それで喜んでくれる人がいて、それの話で皆が盛り上がって話しているのをみると、

                  ついつい調子に乗ってやってしまう。

                   

                  自他共に認める気分屋さんなのでいつまで気持ちが続くか分からんけど、

                  と言いつつチーム作ってから17年が経ちましたな。

                   

                  あと何年出来るかなw

                   

                  今年も野球する上では本当に良い一年を送れた事に感謝しつつこの辺りで。

                   

                  では。

                  【映画】”それ”何なん?

                  2019.11.06 Wednesday

                  0

                     

                    ※ネタバレします。


                     

                    IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

                     

                    を観に行った話。

                     

                    今年もザッと数えたら230本近く映画を観ているけど劇場で観たのは今年初。

                    次は年末の『男はつらいよ おかえり寅さん』かな?

                     

                    って事で前回劇場で観たのは…『ジュラシック・ワールド 炎の王国』

                    それ以来の劇場での鑑賞。久し振りにNO MORE 映画泥棒を見たw

                     

                     

                    スティーヴン・キング原作映画も好きやから前作も劇場で観たし、

                    やっぱり前作を見たら今作も…って律義さを出そうとしたのが失敗。

                     

                     

                    まず鑑賞する前から嫌な流れではあった。

                     

                    最近オンライン決済の楽さを覚えた僕は今回初めて映画チケットをオンラインで購入。

                    座席も予約しなアカンみたいだったので[e-リザーブ]なる物も初体験。

                     

                    オンライン決済・初体験の座席予約に気を取られた僕は他に気が回らず気が付けば、

                    吹き替えでの4DXでチケットを購入。しかも上映時間3時間…。

                     

                    チケット代が2100円ってところで少し冷静になれば良かってんけど、

                    増税したし値上がりでもしたんかなぁくらいにしか思わず…

                    確認メールが来て気が付いた時には遅く決済後のキャンセル不可…。

                     

                    と、観る前からテンションは下がる…。

                     

                    指定した座席は「出来るなら隣に誰も来て欲しくない」と考え一番後ろのG-7。

                     

                    予約する時ガラガラやったし大丈夫だろうと浅はかな僕の考えは脆くも崩れ、

                    左横に小太りのオジサン。右にはカップルが着席。

                     

                    貸切じゃないし公共の施設だからこんな事を言うのは烏滸がましいけど…。

                     

                    他空いてたやろ…w

                     

                    なんやったらG-1〜4、G13あたりも空席。F-5〜8も空席。

                    てか空席の方が多いのにここだけ人口密度半端なかったw

                     

                    ”それ”が見えたら、終わり を観る前に諸々終わった気がしてた。

                     

                     

                    ※ここからネタバレしかしません。

                     

                     

                    この映画の唯一良かったと思ったところ、

                     

                    前編、後編に別けず1本で終わった点。

                     

                    以上。

                     

                     

                    他の方がどう言う思いで観て、何に期待して、どう思われたのか…

                    は、分からんけど。

                     

                    結論は・・・・”それ”はない。

                     

                    さらに観る前からの予約ミスの八つ当たりを含めて腹正しい感情になった。

                     

                     

                    僕のスティーヴン・キング原作のイメージは…

                    得体の知れないモノの怖さとか、人の欲深さからくる悍ましさ?みたいな…。

                    サスペンスホラーなら『ミザリー』のイメージが強く…

                    ヒューマンドラマなら『スタンド・バイ・ミー』『ショーシャンクの空に』

                     

                    なんでしょ…人の心の部分が全面に出ているところが好きなだけに…

                     

                    前作には”それ”があったのに対して…いや今回も3時間ある内の前半はそれがあった。

                    それを後半片っ端から破壊していく。

                     

                    それを含めてのペニー・ワイズの恐怖を演出していたなら、

                    観る側を巻き込む壮大な映画やとは思うけど…多分違うだろうなぁ。

                     

                    前作で結束を固め28年後に会う約束をした≪ルーザーズクラブ≫のメンバーが、

                    成長し現状色々抱える個々の悩みだったり、幼少の頃のトラウマだっりと、

                    確かに心の部分に触れようとしたのは分かる。

                     

                    久し振りの再会での中華料理屋店のシーン。

                    虫みたいな幻覚を全員が見て振り払おうと全員が暴れる…でも店員には見えない‥。

                     

                    ルーザーズクラブって言うか、薬物中毒者の集まりのただの負け組やん。

                    などと思いながらあのシーンは本当に必要だったのか?

                     

                    もっと軽くペニーワイズの陰をチラつかせるだけで良かった気がする。

                     

                    その後色々とあり、

                    ペニーワイズの由来とか生み出された経緯とか、

                    何故決まった周期で現れるのかの謎が解明されると思いきや…皆無。

                    一瞬、昔のサーカス団員の話になると思いきや…掘り下げず…。

                     

                    何なん?って感じが漂う。。

                     

                    個々の幼少の頃を振り返りながら都度個別に襲われるシーンがあるんだから、

                    この辺りも掘り下げて欲しかった。

                     

                    丁寧に描いているつもりやったんだろうけど…。

                     

                     

                    ここで忘れてはいけないのが今回僕は4DXで観ていると言うこと‥。

                     

                    椅子が揺れたと思いきやふわっとした風がきて、プシュって短い風がきて

                    誰かの唾?って思う様な水滴がきて…。

                     

                    もれなく全員分あって揺れる度に体が下に滑るので何回座り直したかf^^;

                     

                    あとね雨の水滴は分かる。もちろん同じレベルで観客に水をかける訳にはいかないのも分かる。

                    土砂降りのシーンやのに、ホンマに誰かの唾か?ってレベルの水滴は要らん。

                    その水滴と血しぶきが同じなのも辞めてほしいw多分、ゲロを吐くシーンもあった気がする。

                     

                    4DXの意味不明な”それ”に飽きてきたところでいよいよクライマックス。

                     

                    どんなんやっけf^^;

                     

                    最後、ペニーワイズと戦ってる時もやっぱり

                    揺れる、風、水、揺れる、揺れる、揺れる、風、揺れる、揺れるのオンパレードでようわからんかったわw

                     

                    90年テレビ映画版のオマージュ的な要素を入れたのか原作なのかは知らんけど、

                    あの戦闘シーンなら倒さんといて欲しかったわ…。

                     

                    てかさ、

                    今から力合わせて戦うぞ!って時に全く意味不明な冗談を言うシーンがある。

                    そう言うキャラ設定なのは分かるけど、キャラ尊重でいくなら、

                    前半の当たり障りの時か個々の振り返りのシーンで盛りこめたやろうに…。

                     

                    ドラゴンボールで言うたら、

                    悟空が「みんなオラに力をわけてくれ」って元気玉の準備をしようとした、

                    ”みん”って言ったところで亀仙人がブルマにセクハラしてるみたいな感じ。

                     

                    ワンピースで言うたら…は見たことないから言われへんけど、

                    最後の最後を迎えようとするところでKYな冗談。イラっとしかしない。。

                    吹き替えで観たからあんな感じになったのかなぁf^^;

                     

                    冒頭、最初に殺される少年二人組のメグ・ライアンの下りが、

                    3時間の中で一番笑えるジョークやった。

                     

                     

                    とまぁ書けば書く程不満しか出てこないのでそろそろ終わるけど…。

                    せっかく前作で各々の恐怖心とかコンプレックス的なんに打ち勝つ雰囲気で、

                    ペニーワイズを一旦は封印したのに…今回「息の根を止める」を掲げた割には…やねぇ。

                     

                    CGとかの技術がある分風呂敷広げ過ぎた感が否めない。

                    期待していただけにちょっと残念でございました。

                    なので1mmもお勧めはしません。

                     

                    まぁでも4DXで観たらお化け屋敷としては面白いかもw

                     

                    そんなところ。では。

                    ソンタクルヒット

                    2019.10.30 Wednesday

                    0

                      7月16日にアップするのを忘れていた記事↓↓

                       

                       

                       

                       

                      まずはオールスター戦での5打数5安打は素晴らしい♪

                       

                      それだけでMVPに文句なしの活躍とは思う。

                       

                      問題はサイクルヒット

                       

                      どうなんでしょう…賛否両論あるけど

                      ネット記事のコメントを見ている限りでは概ね”賛”の方が多い?

                       

                       

                      個人的には…正直なところ…丁度真ん中かなf^^;

                       

                      無い。って言われたらないし。

                      良い。って言われたら良いし。

                       

                      記録上三塁打となりサイクルヒット達成!ってなってるならそうなんでしょう。

                      あとは本人があれで心から喜べるのかどうか‥気になるw

                       

                      納得いってないのなら来年も選ばれて完璧なサイクルヒット+史上初の二回目を達成したら良いし。

                       

                      やっぱり真ん中じゃないなw

                       

                      限りなく否に近い真ん中‥もしくは真ん中に近い否かなぁw

                       

                       

                      ひっかかってるのは二打席目の一塁線破っての二塁打。

                      あれは三塁行けたと思うしライトも大して追ってなかったから狙って欲しかったね。

                       

                      解説の古田か前田かも言うてたけど、そこで狙うべきやったねぇ。

                       

                      そんくらい。

                       

                       

                      このサイクルヒットより不満だったのは全体的に選手のプレーよ。

                      雨が降っていて土も芝も水を吸って怪我の恐れがあったのは理解するけど、

                      ちゃんと走らない、投げない、追わない・・・お遊戯みたいやったね。

                       

                       

                      記録三塁打になった直後、これまた解説の古田か前田かがボソッと

                      「最近のオールスターはこんな感じなんだ」か

                      「オールスターはこんなんで良いのか」みたいなのを言うたけど本当にそう思う。

                       

                      歌番組でアイドル歌手の口パクを見せられている様なプレーやった。

                      まぁそれでファンが喜んでお金払って成り立つのだから良いんだろうけど。

                       

                      今回も原口が見たくてテレビ中継観ていただけやし…。

                       

                      あんなお遊戯プレーするなら年1試合にしたら良いのに。

                       

                      あとMLBみたいに勝ったリーグに日本シリーズのフランチャイズ権を与える。みたいな

                      そうすればもっと”プロ”の真剣勝負が見られると思うけどなぁ。

                       

                      個人的には翌年の交流戦のフランチャイズ権くらいかけて戦ってもらいたいけどねw

                       

                      18試合分の興行収入が入るか、移動費赤字か…。

                       

                      こうなったら球団・フロントも必死になるやろうから選手のケツ叩くやろうし、

                      ファンだって交流戦をフランチャイズ球場で観戦出来ないってなったら真剣に選ぶやろうし。

                       

                       

                      まぁそんな事をオールスターを見て思ったblog。では。