離島問題。。。

2019.02.13 Wednesday

0

     

    どうしたもんかねぇ。。

     

    大変困っている。

     

    珍しく悩んでいる。

     

    今までなんとかしてきたけど、今回ばかりは物理的に無理f^^;

     

     

     

    って言うてもロケ地巡りの事やけど…f^^;

     

    最近それの事しか頭にない( ^ω^)・・・。

     

    阪神の事もシーズン始まらな文句言えへんしー。

    scraperも数年前から言うてるように平和過ぎて不満ないしー。

     

    僕の頭を悩ますのはロケ地巡り。あと加害者の保険屋w

    後者は長くなるから置いといて…。

     

     

    さて奈良・大阪・和歌山と都道府県レベルでは制覇と言えるんやけど…。

    残り41都道府県巡ろうと思いつつ、今行きたいのは滋賀県長浜市と彦根市。

     

    ただ雪の心配があるから春以降にするとして…

    京都が身近で訪れやすいけど僕の苦手な都道府県ベスト3なもんで…f^^;

    僕の中ではマリーの五番街が京都府。。近いけれどとても遠いところ〜♪

    どうか察してほしいw

     

    てな訳で行くとしたら好きな都道府県ベスト3が二つもある四国!

     

    で、ロケ地はと言うと・・・

    香川県高松市志々島高見島小豆島

    愛媛県大洲市徳島県阿波市

     

    どうしても日帰りの低予算で行きたい。。ってのが大前提なので悩むw

    18歳の時に四国担当させてもらって何度も訪れていた事を考えると、

    当時から『男はつらいよ』を観ていれば…って思うよねぇ。

     

    てか四国だけじゃなく、九州も担当していたし中国地方も北陸も…。

    東京で住んでた時に千葉・茨城・群馬・神奈川・静岡らへんも…。

    仕事中に行く気満々なんがバレバレかwちょっと寄るだけ観光じゃないしw

     

     

    本題に戻して…。。

     

    夜出発したら朝一番で

    【大洲市→高松・琴平→阿波市】なら日帰りで可能やけど…

    志々島・高見島・小豆島の離島を残す。。

     

    で、色々調べたら

    姫路辺りからフェリーで小豆島には渡れて小豆島から高松市にも渡れる。

    そうなると【小豆島+高松市内+阿波市】は行けても大洲市・志々島・高見島の離島二つ残す。。

     

    【志々島+高見島】もそれぞれの定期便が出ている場所も会社も違うけど、

    朝一番の船で渡って昼に戻って移動して、昼一番の船で渡って夕方戻れるから、

    離島二つも日帰りで可能やけど大洲市・高松市・小豆島・阿波市を残す…。

     

    何れにせよ中国・九州地方を巡るときは日帰りが不可能やからどこかで宿泊するんやけど…。

     

    四国の場合日帰りで行けそうでいけない。。。ここが引っかかる。。

     

    諦めて二日かけるにしても離島三つがどうしても厳しい。

    朝一番で阿波市、高松市寄って大洲入り。高見島へ渡る港で一泊し二島巡っても小豆島が残る。

     

    思い切って阿波市だけ日帰りにする・・・・。

    明石海峡と鳴門大橋渡るのが勿体ない気になるw

    阿波市だけ日帰りにしても大洲・高松+離島二つで一泊二日やしw

     

    難しいですな。。

     

     

    小豆島から徳島港とか鳴門港へのフェリーがあれば阿波市寄って日帰り。

    大洲・高松一泊して離島二つ。ならスッキリするんやけど…。

    って結果三日要してるし(; ・`д・´)

     

    愛媛県のロケ地が大洲ではなく松山と今治なら悩まずに済むんやけどf^^;

     

    そんな離島問題のお話でした。では( ̄▽ ̄)

    1705kmその12 ラスト

    2018.09.13 Thursday

    0

       

      昨日は8月14日の夜のお話で…今日は

      北海道旅行最終日の8月15日のお話。

       

      経路はと言うと…

       

      この旅で一番少ない移動距離。と言っても90kmくらいは走ったやろうか…。

      高速道路で大阪から姫路くらいまで距離。そう思うとやはり北海道は広いなぁ。

       

      これまでの四日間は細かく計画を立てたけど最終日は無計画。

      そのせいもあって無駄に移動距離が増えたのはある。

       

      まず向かったのは【大倉山ジャンプ代】

      何の写真か全く伝わらないと思いますが…w

       

      1972年札幌オリンピックで使用されたジャンプ台のスタート地点からの写真ですw

      そうそう、日の丸飛行隊が大活躍を見せたオリンピック♪生まれてないけどf^^;

       

      雨やったし霧が出ているのも分かってたけどせっかくなので、

      リフトであがってみました。晴れていたら相当景色が良いと思わる。

       

      ずーっと【虹と雪のバラード】を口ずさんでた気がする。

      ってこの曲分かった人相当・・・・・って知ってる僕がおかしいのかf^^;

       

      ついでに立ち寄った併設されている【オリンピック・ミュージアム】

      規模的には大きくはないけどここも大変面白かった♪

       

      画像が無い時点でやる気のなさが伝わるでしょw

       

       

      そこから目指したのが…【サッポロビール園】

      この施設の凄いところは入って見るだけなら無料。

      工場がある訳ではないけど、サッポロビールの歴史が分かる資料館がある。

       

      他は有料でビールの飲み比べができるエリア。あとは普通のレストラン。

       

      一通り資料館を見てビールの飲み比べ♪

      味の違い?

       

      麦芽の風味とホップのジャンプがヒップで…って

       

      違いなんか分かる訳がないf^^;

       

      でも右端のビールはオリオンビールみたく飲みやすかった!

      気がする…。でも三つとも美味しく頂きました。

       

      もう一つ画像に写っているコースター。

      一杯ずつ頼んだらもらえる物らしく、飲み比べを注文した僕は本来貰えず…。。

       

      恥を忍んで受付のお姉さんに

      「無理を承知で言いますが一枚ずつ貰えませんか?」と尋ねると、

      「1杯ずつご注文のお客様用なのでお渡しできません」と断られ…

      「ですよねぇf^^;すみません。」って言い終わるのを待たずに、

      「本来はお渡ししていないのでご内密に…」と言いながら三枚くれた♪

       

      何て優しいんだw

       

      ご内密にって言われたそばから嬉しくてTwitterで呟いちゃったけどf^^;

       

      ビールはサッポロに限るよなぁ♪とビールを飲み干したところで、

      道連れが「スープカレーを食べたい」と言うので何件か行くもどこも長蛇の列…。

       

      「並んでまで食べたくはない」と言うので、フライト時間まで余裕がありすぎたけど、

      新千歳空港へ向かいレンタカーを返却し空港でスープカレーを頂きお土産を買って、

      19時55分発のフライトで関空へ…22時か22時半に到着。

       

      帰りの飛行機は揺れる揺れる。離陸したそばから揺れる。

       

      アナウンスで

      「ただ今揺れておりますが、当機は安全に飛行しておりす」って

      言われれば言われるほど胡散臭く感じ…落ち着こうとコーヒーを頼めば

      「機長の指示によりただ今安全確保の為、販売を控えております」って言われるし。

       

      とりあえず何かに集中しようと『幸福の黄色いハンカチ』を観て、

      それでも揺れる飛行機にビビリながら、ようやく関空到着し一言目が…

       

      「暑い」

      「いや」

       

      何はともあれ無事に到着し一人を送り届け自宅についたのは0時半頃。

       

       

      正直、初日の移動距離に心が折れそうになり「この旅大丈夫かいな」と思ったけど、

      終わってみればあっと言う間の四泊五日。

       

      来年は石垣島か今回行けなかった釧路・稚内か、

      はたまたまだ行った事のない東北で全国制覇するか…。

       

      今から楽しみで仕方がなくなる程、楽しい旅を今回もできた♪

       

      道連れ君二人と道中色々アドバイスを頂いた方々のお陰です。

      ありがとうございました。

       

      今回の旅行の話ー。はここで終わり。

       

      またお会いしましょう。では。

      1705kmその11 〜札幌の夜編〜

      2018.09.12 Wednesday

      0

        震災があったので、アップするのを自粛しておりました。

        これを含め残り二つの北海道旅行の話。

         

         

        14日函館朝市で朝食を取り、五稜郭を観光した後のお話。

         

        まず14日の経路。

         

        相変わらず長距離移動にはなるけど、初日と二日目を考えればw

         

        小樽から函館に向かっていた時同様、長万部あたりは豪雨でしたf^^;

        この辺りは雨が多いのかな?なんて言いながら僕は爆睡(-_-)zzz

         

        僕って運転したかな?て言うくらい寝てた気がするm(_ _)m

         

        その豪雨も札幌市内に入れば止みはじめ

        目的地の【羊ケ丘展望台】に着いた頃には奇跡的に止む。

         

        この芝生と言うのか高原みたいなところには入れないんやねf^^;

        自由に走り回れるんやと思ってた。それでも走り回らないけどw

         

        もう一つ驚いたのは…【クラーク博士像】

         

        駐車場から少し歩いて見に行くんかなぁと思っていたけど、

        駐車場入り口でお金払って坂を上ったらすぐクラーク博士w

         

        車から降りなくても良いやん。ってくらいの距離w

        なんか呆気にとられていたところに【石原裕次郎】

        夜見たら怖いやろうなぁf^^;

         

        そんなこんなで【羊ケ丘展望台】を後にし一度ホテルにチェックインし、

        車をホテルに置いて電車で【札幌ドーム】へ移動。

        北海道の日ハムファンは色んな意味で素晴らしいと思った(^_-)

         

        試合終了を待たずに札幌ドームを後にし雨が酷かったのでタクシーで帰り、

        少しホテルでゆっくりしてから【すすきの】へ…。

         

        行きたい店が閉まってたりとバタバタしてようやく入ったお店。

        雰囲気は大変よく料理も美味しかったんやけど…

        隣の若者のバカ騒ぎに耐えられず退店。んで店員さんに聞いたラーメン屋に…。

         

        【鬼武者】だっけな?味噌ラーメンを美味しく頂きました。

        こちらも有名人のサインが多く人気店である事が伺える。

         

        かなり駆け足で適当な感じがする札幌のお話ですが…

        正直な率直な感想を言うと、札幌は好きになれなかった…。

         

        なのでblogもこんな感じでございます。

         

        次回はいよいよ最後です。では。

        1705kmその10 〜函館食べもん編〜

        2018.09.03 Monday

        0

           

          函館の夜景を堪能したところからの続き。

           

          大変お世話になったタクシーの運転手さんに案内してもらったお店(^_^)

           

          道内の海鮮とジンギスカンが頂けるお店♪

           

          久し振りに生牡蠣を頂いた♪

          普通、焼物があると生物って微妙になるんやけど、

          さすが運転手さんの紹介♪どれも美味しく頂いた♪

           

          少し時間が早かったのでもう一件行くことになり、

          今度はお魚オンリーのお店で頂いたのは…

           

          くじらの刺身とナマコの刺身。

           

          なかなか普段食べられる物ではないので物珍しく美味しく頂きました。

           

          もう一つ食べたかった物でフォロワーさんに教えて頂いた

          【ハセガワストア】やきとり弁当

           

          ホテル周辺で探したけど見つからず今回は断念。。

           

          せっかく教えて頂いたのに…(>_<)

           

          ほろ酔い気分の中コンビニに立ち寄りアイスクリームを買って、

          各々自室に戻り函館の夜が終わる(-_-)zzz

           

           

          部屋に入ったタイミングで、これまたフォロワーさんから

          「生さだ」やってますよ。と連絡を頂き…テレビを見ると、

          台風報道で中止になった先週分の録画放送♪

           

          これはラッキーと思いながら横になって見て気が付いたら、

          つけっ放しのテレビと溶けたアイスとアラーム・・・。

           

          さだまさしが挨拶したところまでは覚えてるんやけどf^^;

           

          シャワーを浴びてチェックアウトし【函館朝市】へ…

           

           

          早朝にも関わらず人の多さに驚きつつブラブラ。

          正直もう少しゆっくり見たかった…。って言うのも…

          やたらとお店の方が「土産は?」「何探してる?」と声をかけてくる…。

           

          気持ちは分かるしそれも市場の良さなんやと思うけど、

          自分のペースで見たい僕みたいのもいるのでねf^^;

           

          で比較的声をかけてこなかったお店で朝ごはん♪

           

          その前に道連れがイカ釣り。

           

          少々苦戦しようやく釣ったイカ

           

          我々に釣られたイカの末路が…

          大変美味しく美味しく頂きました♪

           

          ついで?に食べたのが…

          朝から贅沢な気が少々したけど美味かったとしか言えません。

          こう言うのも滅多に食べれる物ではないしねぇ。


          お腹いっぱいになった一行は【五稜郭】【五稜郭タワー】に寄って札幌に向かう。

           

          今日はこのあたりで…次回は函館歴史編。

           

          函館だけで、夕方編夜編と今回の食べもん編、次回の歴史編と

          四回に分けて書いたけどそれだけ充実してた気がするし、

          今回の旅行で一番気に入った街が函館でもう一度行きたいかなぁと思った。

           

          では。

          1705kmその9 〜函館の夜編〜

          2018.09.01 Saturday

          0

             

            北海道旅行三日目のお話なのにもう9回目f^^;

            ギュッとつめれば2回くらいで終わる旅行記・・・。

             

            早速、前回の17時頃【月光仮面】に会いに行ったとこからの続き。

             

            土方歳三最期の地へ向かう途中に偶然見つけたラーメン屋【龍園】

             

            お世辞にも綺麗な外観とは言えず、昔ながらのラーメン屋さん。

            こう言うところにフラっと入るのが好きなので道連れを引き連れ入店。

             

            入ってみてびっくりw多くの大物の芸能人が来店しているのが壁のサインの数が物語っていた。

             

            話を聞くと45年近く営業し、ご主人が亡くなって16年間おばちゃん一人で営業しているんだと。

            塩・醤油・味噌とそれぞれ頂き、おばちゃんと少しお話をし満足しホテルにチェックイン。

             

            これまで同じ部屋の三日間、今回ばかりは別々の部屋で少しゆっくりし、

            20時に予約していた【函館山夜景ツアー】のタクシーが迎えに来たので向かう事に。

             

            時期によっては自家用車で函館山に登る事が規制されているらしく、

            ・往復1,600円くらいのケーブルカー

            ・往復8,00円程の函館駅からバス

            ・90分約5000円÷人数のタクシー

             

            それぞれ良い悪いがあるとは思うけど今回タクシーを選択して良かったと心から思う。

             

            ホテルからタクシーで函館山に向かう間、函館の歴史や風土を簡単にお話して頂き入山。

             

            函館山には防空壕や砲台があって昔は入れたのに今は入れない事や

            観光パンフレットには書いていないお話を聞かせて頂く。

             

            山頂についても丁寧に説明して頂き、待ち合わせ時間を確認し山頂を散策。

             

            写真では伝わりにくいけど、運転手さんいわく

            「今年1,2の綺麗に見える日」だったそうです(^_-)

             

            30分程函館山で夜景を堪能し下山。周辺のライトアップされ施設を周遊。

             

            昼間訪れた

            【旧函館公会堂】【八幡坂】【金森レンガ倉庫】等を訪問。

            当たり前やけど昼間とは違う雰囲気を楽しませて頂いた。

             

            これまた画像では伝わりにくいけど…【八幡坂】

             

            チャーミークリーンのCMで使われ、亀梨と土屋太鳳の出演の映画でも使われた。

            って運転手さんが仰ってた。

             

            やたらと「太鳳ちゃん、太鳳ちゃん」って言ってたのが印象的w

             

            この坂を登ったところにある高校が北島三郎の母校らしく、

            これも運転手さんに教えて頂いたw

             

            色々と話をして頂いた中で歴史の話で特に盛り上がり、

            眠そうにしている道連れを横目に、どんどんマニアックな話になり。

             

            元々予定していない施設やスポットを案内して頂き、

            90分のツアーコースが終わってみれば120分超え…。

             

            しかもホテルまで送る予定が、夜ご飯のお店まで連れて行って頂き、

            自ら席の確認までして頂き…申し訳ないくらいご丁寧に案内してもらいまいた。

             

            そう考えると…

            やはりケーブルカー、バスよりもタクシーツアーの方が断然お得な気がする♪

             

             

            と、画像が多くなったので今日はここまで。続く。

             

            では。

            1705kmその8 〜函館の夕方編〜

            2018.08.30 Thursday

            0

               

              13日の朝、小樽【青の洞窟クルーズ】を終え函館に向かうところから。

               

              まず経路を…

               

              11,12日の移動距離を考えると何でもない距離w

              こうやって地図を見ると改めてよく走った旅やなぁと思う。

               

              移動距離的には大した事なかったけど苦しめられたのは豪雨。

               

              豊浦〜長万部の区間は特にひどかった気がするけど、

              殆ど寝てた様に記憶しているから夢だったのかも…。

               

              いやいや本当に酷かったf^^;

               

              「運転変わろうか?」なんて言う事もなく、

              ただただ函館が雨じゃない事を祈りつつ熟睡。

              起きては「函館雨かなぁ」と呟き熟睡。

              そうこうしている内に雨が降っていない函館に到着。

               

              まず訪れたのは…散々寝ていた僕しか興味がなかったであろう…

               

              【旧イギリス領事館】

              相変わらず分かりにくい写真で申し訳ないm(_ _)m

               

              何度か火事で建て替えられているけど元々は1859年に開設。

              安政の大獄が行われている時代のお話。

               

              幕末好きにはたまらない場所ですw

               

              次に訪れたのはそこから目と鼻の先にある

               

              【ペリー提督来航記念碑、ペリー広場】

              上の旧イギリス領事館が開設される5年前の1854年。

              ペリーが黒船で来航したのを記念して設置された像。

               

              幕末好きなのでこう言うところは誰が何を言おうとも訪れたいw

              タダで見れるしw安上りの観光に仕上がりますw

               

              されにそこから目と鼻の先の【箱館奉行所】はまた後日。

               

              駐車場に停めたのと予定していた時間よりも早く着いたので辺りを散策。

               

              少し駆け足で行きます。

               

              【函館旧公会堂】

              あまり興味も湧かず中には入ってません。

               

              明治43年(1970年)に相馬哲平なる人物の寄付により完成。

              コンサートとかもするんやってー。その寄付した人が住んでた

               

              【旧相馬邸】

              現在の新潟出身で箱館戦争の時に巨額の富を築いた実業家であり政治家だと。

              Wikipedeiaにそう書いてました…。これまた興味がわかず中には入ってませんf^^;

               

              その近くジェラート屋さんでジェラートを買って食べる道連れ二人。

              僕は遠慮しました。

               

              あと何かのCMや映画かドラマに使われ有名になった【八幡坂】

               

              ここは人が多かったf^^;

              で、散策を終え向かったのは・・・

               

              【金森レンガ倉庫】

              正直、雰囲気だけを楽しむ物だなぁとf^^;

              中に入ってるショップはどこかで見たことある様なお土産屋さんばかり。。

              外国の方向けでしょうなぁ。なので写真だけ。

               

              雰囲気を楽しみ10分程走ったホテルへ向かい駐車場を探すも見つからず、

              すると翌日訪れる予定の【土方歳三最期の地碑】の標識。近いと言う事で強引に訪問。

              これも後日まとめて書くとして…同じく翌日訪れる予定の・・・・

               

              【月光仮面の像】

              これまた興味が無いし見たこともないけど近かったしタダやし。

              神戸の【鉄人28号】も見たから関連かなぁと思って…。

              道連れ二人は後ろに写ってる車から降りる事もなく…w

               

              説明版には原作者の川内康範氏から寄贈されたと書いてありました。

               

               

              画像が多くなりかなり重くなったのでこのあたりで次回の函館の夜編に続く。

               

              では。

              1705kmその7 〜小樽の朝編〜

              2018.08.29 Wednesday

              0

                 

                小樽で一泊した翌日13日のお話。

                 

                 

                運転疲れなのかホテルに戻ってお風呂に入ったら即寝(-_-)zzz

                 

                そのせいか朝6時頃には目をさまし暇をもてあそび、

                道連れにちょっかいをだしては起こそうと画策。

                 

                道連れも慣れているのか誰も相手してくれず…

                つまらないのでひと眠り。

                 

                7時半に朝食を食べ少しゆっくりして、チェックアウトを済まし、

                予約していた【青の洞窟クルーズ】集合場所についたのは8時45分頃。

                 

                90分くらいのコースでしょうか?

                運河からボートに乗り青の洞窟へ向かうツアー。

                 

                面白かったけど…大変寒かったf^^;

                 

                行きはボートから見える小樽の街並み・景色をガイドさんが説明してくれ…

                 

                 

                なんか面白おかしく説明してくれてたって事は覚えているんやけど、

                内容までは寒さと睡魔で頭に入ってこず…。

                 

                中途半端な画像を貼っておく。

                 

                 

                 

                そんなこんなで、青の洞窟に到着し洞窟の中へ…

                 

                なかなか伝わりにくいねf^^;

                 

                水が濁ってる訳ではなく普通に青色に見えて…

                かと言って透き通ってるって訳でもなく。

                 

                感情をどこに持っていけばわからぬまま帰路へ…。

                 

                帰りはしばらく無言が続き…途中でカモメ餌付け体験。これが面白いw

                 

                かっぱえびせんを持ち手を伸ばしていると…

                 

                人間を怖がる事もなく寄ってきて近くを飛びます。

                 

                これ、結構勇気がいるwけど、すぐ慣れる。

                少々指も噛まれる事もあるけどf^^;

                 

                意地悪な僕はたまに手を引っ込めてみたり…。

                それでも諦めず体制を整えて寄ってきてパクリと食べるカモメ。

                 

                初めの方は数十羽いたカモメも船が動き港に近づくにつれ、

                かっぱえびせんも無くなり一羽一羽と脱落。

                 

                もう誰もかっぱえびせんを持っていないにも関わらず…

                 

                諦めず船の後ろを懸命に飛ぶカモメ…。

                何かカモメに申し訳ないので指だけ出してみる…。

                寄ってくる事もなくf^^;

                 

                しばらく船の後をついてきてたけど諦め巣に戻っていきました。

                 

                 

                ちょっと画像が多くなったのでここいらで切りまが、

                ツアーを終えた頃はまだ10時過ぎ。ここから函館に向かう。

                 

                 

                次回は函館の夜編でお会いしましょう。では。

                1705kmその6 〜小樽の夜編〜

                2018.08.25 Saturday

                0

                   

                  12日午前中に【博物館 網走監獄】を出て小樽に入ったのは夕方16時頃。

                   

                  小樽でも『男はつらいよ』ロケ地を四ヶ所訪れたけどまた改めて後日。

                   

                   

                  とりあえずホテルにチェックインし小樽運河と周辺を散策。

                  運河周辺はテーマパークみたいな感じで、なんか作り物感がして、

                  個人的には正直好きにはなれなかったかなぁ。

                   

                  食べ物もあからさまなテーマパーク料金でなんかげんなり。。

                   

                  それでも20時に【小樽運河クルーズ】を予約していたので、

                  その時間までお土産買ったり、お寿司を頂いたりぶらぶら。

                   

                   

                  歩き疲れ運河から少し離れた古びたカフェで一服。

                  またここが雰囲気があって大変良かった♪

                   

                   

                  運転と歩き疲れを癒すには十二分の雰囲気で、

                  ナイトクルーズの時間までこちらでゆっくりさせて頂きました。

                   

                  ナイトクルーズの為に運河を再び訪れる時にはすっかり様相が変わっており…

                  素直に綺麗な街並みやねf^^;

                   

                  あんまり綺麗に撮れてはいないけど乗って後悔はないかなぁ。って感じで

                  1時間くらいかけて小樽運河を巡るクルーズは終了。

                   

                  いよいよ晩ご飯・・・やはり運河周辺は高いので、

                  小樽駅周辺、裏側で地元の居酒屋を探そうとタクシーに乗り込み、

                  運転手さんに依頼。30秒ほどで到着f^^;

                   

                  何か申し訳ない事をしたなぁと思いつつ入ったのは、

                   

                  ご夫婦で営んでおられる【おたる 魚心】

                   

                  地元の魚や野菜を食べれてまた安い♪かなりの大ヒット♪

                   

                  ここに行ってなければ小樽のイメージが悪いままだったかもf^^;

                  って言えるくらい最高のお店に出会えた♪

                   

                  お刺身もお料理も美味しかったんやけど一番驚いたのは、

                  創業40年近く前から変わらず提供されていると言う焼きおにぎり。

                   

                   

                  お茶碗1.5杯分はあろう大きな焼きおにぎり。

                  改めてこのお店で良かったと思えた♪

                   

                  大満足しホテルに戻り就寝。翌日へと続く。

                   

                  では。

                  1705kmその5 〜網走編〜

                  2018.08.22 Wednesday

                  0

                     

                    北海道旅行記 5回目なのにまだ二日目f^^;

                     

                    つくづく自分の文章力の無さに嫌気がさすw

                     

                    さて二日目の経路はと言うと…

                     

                    一回右に行って、すぐ左に行ったりw

                     

                    朝一、道連れ一人に付き合ってもらって『男はつらいよ』ロケ地巡り。

                    思えば今回の北海道旅行の個人的な主題はこれだった気がする。

                     

                    ってお話はまた改めて。。

                     

                     

                    さて

                    朝8時半の開館と同時に【博物館 網走監獄】

                    動向調査か何かで受付の人に「どこからか?」と聞かれ「奈良」と答えると、

                    昨日から奈良からの観光客が多く「何かあったんですか?」と聞かれ困るw

                     

                    知らんがなf^^;

                     

                    朝一番にも関わらず結構な人の多さに驚きつつ広大な敷地と施設に興奮。

                     

                    そのせいか写真を殆ど撮っておらず…疲れてたのかなf^^;

                     

                    とりあえず入口。

                    写真を撮ってる僕を無視し先に進む道連れ二人君。

                     

                     

                    作り物とは言え重々しい雰囲気の法廷の様子。

                     

                    とか、言いながら『リーガル・ハイ』のワンシーンをやったりやらなかったりf^^;

                     

                    写真はこれくらいかなぁf^^;

                     

                    シンボル的な【旧網走監獄 舎房及び中央見張所】は見ごたえ十分。

                     

                    入口の見取り図に

                    【じっくりコース約90分】【早まわりコース60分】と記載されていて

                    「90分もかからんやろう」と言ったにも関わらず120分かかってましたw

                     

                    お土産屋さんに立ち寄ったりしていたので博物館を出たのは10時半頃。

                     

                    ここからまた、ただただ車を走らせ次の目的地小樽へと長い道のりを向かう。

                     

                    道中はSA寄ったりしたけど特に何もなかったのでこの辺でf^^;

                     

                     

                    では。

                    1705kmその2.5 〜幸福の黄色い〜

                    2018.08.21 Tuesday

                    0

                       

                      ここいらで…

                      先日書かなかった夕張『幸福の黄色いハンカチ』思い出ひろばの話。

                       

                      今回の北海道旅行を計画した時に行きたかった場所。
                       

                      この映画を初めて観たのはほんの一年前。

                      観ようと思いつつ敷居が高い気がしたのか、

                      食わず嫌いなのか触れなかった映画。

                       

                      『男はつらいよ』も同じ様な理由で昨年10月頃にようやく観る事になる。

                       

                       

                      かれこれ4,5回は観たでしょうかf^^;

                       

                      結局往復の機内の中でも観たのですっかり世界にハマっております。

                       

                      そんな映画のラストシーンで使った場所がほぼ当時のまま保存されている。

                      【幸福の黄色いハンカチ思い出ひろば】

                       

                      この頃、生憎の雨と言うか霧雨と言うか…なんせ晴れ!ではなかった。

                      にも関わらずそこそこの観光客がいた気がする。

                       

                       

                      この長屋の中には当時の様子だったり、

                      作中で使われた同じタイプの車だったりが保存されている。

                       

                      武田鉄矢にナンパされた桃井かおり、知り合った高倉健がこの車で道内を旅する♪

                       

                       

                      高倉健と倍賞千恵子がいそうな雰囲気。

                       

                       

                      ここを訪れた僕を含め男性は高倉健になりきり、

                      女性は倍賞千恵子になりきってるんだろうなぁ。

                      なんて思いつつ、僕はどう考えても武田鉄矢タイプやねf^^;

                       

                      この長屋入ってすぐに、ここを訪れた方が黄色い紙に

                      「病気が治ります様に」や「健さんありがとう!」等

                      思いを書いて壁に貼り付けてるんやけど思わず吹いてしまった書き込みを一枚。

                       

                       

                       

                       

                       

                      きっと家族会議でお父さんかお爺ちゃんの行きたいところに決まって、

                      無理やり連れて来られたんだねw

                       

                      いつかここの良さが分かれば良いなぁw

                       

                       

                      映画で一番感動するラストシーンの・・・

                       

                      もっと上手に撮れないもんかなf^^;

                       

                      一番感動をお伝えしたいところではあるんやけどw

                       

                      これもイマイチ…HPか映画でも観てw

                       

                      この映画のラスト10分程高倉健のセリフは無い。

                      倍賞千恵子と感動の再会を果たしてもなおセリフは無い。

                      一緒に旅をした武田鉄矢と桃井かおりにも頭を下げるだけ。

                       

                      それに引き替え僕は近づくにつれペチャクチャペチャクチャ。

                      大して興味もない二人を相手に映画についてペチャクチャペチャクチャ。

                       

                      やっぱり高倉健にはなれそうにもないやw

                       

                      そんな行きたかった場所に行けたお話。

                       

                      では。