久し振りに、うちのFAMILY HISTORY

2018.10.22 Monday

0

     

    2016年5月に母方の祖母を、2016年の夏に父方の祖先を辿って、

    中途半端な結論でモヤっとさせましたが…。

     

    今回もモヤっとさせる全くもって興味がないだろうお話。

     

    オカンのルーツ、ひいては大好きだった婆ちゃんの足跡を少し辿るお話。

     

    直接婆ちゃんから昔話は聞いた事も無かったし、

    「祖先は戦国武将」って小さい頃に聞いたくらいで今まで全く知らんかった。

     

     

     

    ■今までオカンは大分県で生まれ大阪育ちと思ってた。

    これまでオカンから聞いた事があったのは…

    ・大分県の海の近くで幼少の頃過ごした事。

    ・大阪に越してきて離縁阪に越してきた事。

    ・高槻のメーカーで婆ちゃんが働いてた事。

    ・大阪市内の高校に通った事。

    ・門真市に住んで近所の喫茶店でバイトした事。

     

    これくらいw

     

     

    ■岡山生まれだと聞かされる。

    たまたまの偶然ではあるんやけど…。

     

    実家で「週末、男はつらいよロケ地巡りで岡山県高梁市に行く」と告げたところ、

    オカンから「生まれは岡山やで」と聞かされ場所を聞くと【岡山県上房郡有漢村】

    現在は市町村合併で消滅し、どこになるのかは全く知らないし記憶にもないとの事。

     

    出生は有漢村で2,3歳までしか住んでおらず大分県に引っ越して保育園に通ったらしい。

    その後、大阪に引越し小・中・高校と通い現在に至る。

     

    もう60年以上も前のお話、しかも3歳くらいなら記憶がないのは当たり前。

    戸籍に【出生地】【届出日】【届出人】が記載されていて詳細な住所が発覚し、

    消滅した市町村がどこか気になったので調べてると現在の高梁市

    これまたなんと言う偶然…。何か運命めいたものを勝手に感じてしまう。。

     

    地図で確認するとロケ地から20分ほどの距離。これは行くしかない。

     

    もちろん当時の事なんて知っている人もツテもある訳は無く…。

    徳島に実家がある婆ちゃんが、何故岡山の山奥にいたのかも知るすべもない。

    けど確かにそこでオカンは生まれ、婆ちゃんが住んでたのは間違いない。

     

     

    ■古い住所と現在住所の相違

    日本と台湾ら数国にしかない戸籍制度。

    今まで特に気にしなかったけど何気に凄い制度だなぁと今回認識させられる。

     

    今度書く予定のオカンの大分時代の記憶。

    僕は会った事のない祖父の田舎で暮らしてたらしいけど、

    それも戸籍には市町村合併前の住所が記載され大まかな場所も特定できる。

    その気になれば、オカンの従妹であろう人物を探る事ができる。

     

    だからと言って何かをする訳でもないし考え方によっては恐ろしいけど、

    自分のルーツを知ると言う意味では本当に素晴らしい制度だと思う。

     

    で、話を戻すと…

     

    戸籍からオカンの生まれた住所は判明。

    会った事ない祖父、即ちオカンの父が出生届けを昭和30年1月村役場提出。

    当時の村長さんが受理している。

     

    僕が気になるのは、

    オカンが生まれた場所=婆ちゃんが住んでた場所。

    祖父が出生届を提出した村役場跡と向かった道のり。

     

    やはり【大分の祖父、徳島の祖母がなぜ岡山の山奥に?】

    これが一番知りたいけどやはり知る術は無い。

     

    オカンも伯父さんも口を揃えて言うのは、

    「離縁する前の極貧で間借りして住んでた時代だから祖母も一切話さなかった」

     

    当時を知るオカン以外の生存者、

    当時5歳くらいだった伯父さんの記憶は殆どなく「川の近くに住んでた気が…」くらい。

     

    やはり戸籍に書いている住所だけが頼りになるけど、

    市町村合併で今とは変わっていて分厚い壁にぶち当たる。

     

     

    今回はここまで。

    また次回気が向いたら会いましょう。では。

    新監督。

    2018.10.20 Saturday

    0

      こんにちは。虎党では永遠野党の僕です。

       

      金本監督が辞任なのか解任なのか…いかんせん辞めましたな。

       

      三年間のオープン戦お疲れ様でしたm(_ _)m

       

      退陣論者の僕としては、長い暗黒時代・氷河期の幕開けと感じております。

       

       

      ■解任か辞任か…

      正直どっちでも良いねんけど、コメントとかを見ると

      「金本を解任した阪神は最低」みたいなんを目にするけど、

      僕が調べた限り解任が事実と言う報道は無い。

       

      ”事実上の解任”って記事はあっても、事実上ってなんじゃいw

      都合の良い言葉”事実上”

       

      「金本から辞意を球団社長に伝えた」ってのが本人も会見で言ってた事実なのでは?

      それ以上でもそれ以下でもない。

       

      ま、裏で「体裁的に辞任の方が格好がつくよ」って話があったかもしれない。

      が、そんな事はどうでも良い。現状事実として公表されているのは、

      金本が辞任を申し出た。と言う事。

      そして監督じゃなくなって僕はとても喜ばしいと言う事。

       

      誰になるんやろう。。。

       

      って思ってたら、矢野二軍監督が就任と言う事でf^^;

       

      何か色々とあっと言う間やったねw

       

      最下位で金本どうすんねん。って思ってたら辞任。

      次の監督誰やろう…。って思ってたら新監督就任。

       

      試合もこれくらいスピード感あれば良かったのにね…。

       

       

      矢野新監督をどう思うか…

      いつかはなると思ってたけど、まさかこのタイミングとは…って感じかなぁ。

      正直早いかなぁと思った気もするし楽しみでもあるし。

       

      岡田監督みたいに三年くらいは二軍でじっくり。ってのが良いとは思ってたけど。

       

      憎き巨人が原監督復帰と言う事で、

      岡田対原または掛布対原の元四番同士の伝統の一戦が観たいなとも思ったけど、

      まぁ矢野監督で良かったんじゃなかろうか。

       

      多くのファンは反対するんだろうけど、外様で落合監督就任も少し夢みたけどなぁ。

       

       

      ■矢野監督就任後のインタビューで良いなぁと思えたフレーズ

      ・ファン(誰か)を喜ばす。

      ・【育成】が中心。その中でやりくりして勝つ方法を見つける。

      ・監督が何もしない野球を目指す。

      ・準備の徹底。

       

      これだけ聞いても前監督よりかは期待が持てる。

      野村・星野・岡田の良いとこ取りって感じがするね♪

       

      どちらかと言うと岡田に近い野球をするのかなぁと今の段階では思う。

      それとかなりのネガティブ思想の持ち主ではないやろうか。

      その上で考えられる事態に備えて準備をしようとする人なのかなぁ。と。

       

      そう思うと、行き当たりばったり采配やクローン育てるみたいな育成は減る。

      それぞれの特性にあった起用法と育成をしてくれそうな期待が持てるし、

      選手もそれに応えそうだと、就任後のインタビューを聞いて思った。

       

       

      ■コーチ人事は?

      さてコーチ人事が19日現在では確定してませんね。どうなるのか…。

      二軍からの配置転換が目立つのは良いとして、浜中だけは大反対。

      金本と一緒に辞めてくれたら良かったのに…。

       

      ファームの成績を見ていてもチーム打率が改善されていないところを見ると、

      あまり良い結果にはならないんじゃないだろうか。

       

      ヘッドコーチに清水氏を招聘するのは決定したのかな?だとしたら非常に良い事だと思われる。

      終盤とは言え西武黄金時代を知っているし、コーチとして色んな球団を渡り歩いてるし。

       

      まぁ何れにせよ監督辞任後のドタバタを考えればコーチ人事を求めるのは無理か。

       

      一見地味な顔ぶれな気もするけど、名選手の金本が監督として無能であったの同じで、

      名のあるコーチが良いコーチとも限らないし温かく見守りましょう。

       

       

      ■編成はどうなるのか

      目前に迫ったドラフト・FA戦略・外国人補強。

       

      とりあえず外国人はナバーロ残留させて欲しいな。

      主軸にはなりそうにないけど安定した数字は残すんじゃないやろうか…。

      来年になれば研究されるから怪しいけど年俸高くないのであれば残しても良いと思うけど。

       

      ロサリオはどうやろねぇ。びっくりするくらい何にも思わないw

      大減給出来るなら二年目に期待する。ってのもありなのかも。

       

      FA戦略とドラフト、トレードはほぼ繋がってると思っているから、

      ドラフトで野手行くならFAとトレードで投手。

       

      ドラフトで即戦力投手を獲ってほしいけど、

      上本の動向も気になるし現状で内野手三人クビにしたし、

      緒方が怪我した事を考えると指名するのは野手なんだろなぁ。

       

      けど投手が良い。どこかで投手を指名しそうな気も期待を込めているんやけど。

       

      先発で年間投げれそうと思えるのがメッセだけっての非常に厳しい。

      岩貞、藤浪、秋山、才木といそうな雰囲気はあるけど…。

      中継ぎも能見、藤川、桑原がメインでドリスも安定感ないしなぁ。

       

      香田・金村両コーチのやりくりで何とかチーム防御率は良かった方やけど、

      脆過ぎる感が半端ない。なのでチーム編成・ドラフトは投手が基本。

       

       

      この三年間、阪神と言うチームがファン歴の中で一番嫌いだったので、

      久し振りに長々と書きましたが結論としては個人的には非常に未来が明るくなった。

      と、言える矢野新監督の就任のお話でした。ではヽ(^。^)ノ

      【映画】ルーム

      2018.10.19 Friday

      0

         

        2015年カナダ・アイルランド合作作品

        ルーム

         

        実際の監禁事件をモデルに構成されているらしく、

        『アメリカン・クライム』みたいなんを想像して覚悟決めて観たけど、

        かなりソフトにマイルドに展開され非常に観やすい。

         

        テンポも良いから上映時間2時間も気にならず観られる♪

         

         

        幸い出演陣も全く知らなかったので先入観も無く観れたねグー

         

        でももう一回観たいかと聞かれたらNO。

        観やすいのと面白いのは別w

         

        もう少しリアリティと奇抜さみたいなのがあればなぁと感じた作品。

         

        ではバイバイ

         

        2018.01.26

         

         

        【スタッフ】

        脚本:エマ・ドナヒュー

        監督:レニー・エイブラハムソン

        原作:エマ・ドナヒュー

         

         

        【キャスト】

        ブリー・ラーソン

        ジェイコブ・トレンブレイ

        ジョアン・アレン

        ショーン・ブリジャース

        ウィリアム・H・メイシー

        ウェンディ・クルーソン

         

         

        【ストーリー】
        エマ・ドナヒューの小説「部屋」を、『FRANK −フランク−』などのレニー・アブラハムソン監督が映画化。

        7年間も密室に監禁された女性が、そこで生まれ育った5歳の息子のため命懸けで脱出に挑み、

        長い間世間から隔絶されていた彼らが社会に適応していく過程を描く。

        主演は、『ショート・ターム』などのブリー・ラーソン。生まれて初めて外の世界に触れた息子の戸惑いを、

        子役のジェイコブ・トレンブレイがみずみずしく演じる。 (シネマトゥデイ)

        27 浪花の恋の寅次郎 ロケ地巡り 生駒市宝山寺編2

        2018.10.17 Wednesday

        0

           

          早速前回の宝山寺駅からの続き。

           

          前回の階段で同じアングルで撮る事に苦戦したところからの続き。

           

          ■宝山寺に向けての階段中腹

          画像では確認できないけど石に書かれているお名前がそのままだたのでほぼ同じ場所。

          古いからか割れてしまっているのが残念。

           

           

          ■写真撮影を頼まれるシーン

          ここも変わりようがないないので当時のまま。

          もう少し上の方で撮影していたのかなf^^;

           

           

          ■宝山寺

          ここは絶対変わらないので画像をまとめて。

           

           

           

          どっちが映画のシーンか現在の画像か分からないくらい変わらないw

           

          ロケ地巡り 宝山寺編はここまでやけど、

          あと3カット程日没で撮れなかった画があるので近々に訪れる予定。

           

           

          たった4分のシーンで宝山寺が使われたのは地元民として大変嬉しいね♪

          映画ではここから寅さんと松阪慶子は大阪市港区へ向かう…。

          そこも早々に行かないとなぁと思ったところで今日はここまで。

           

          次回は、兵庫県たつの市編でお会いしましょう。

           

          ではヽ(^。^)ノ

          27 浪花の恋の寅次郎 ロケ地巡り 生駒市宝山寺編1

          2018.10.15 Monday

          0

             

            訪れてからちょっと日が経ちましたが…。

            と、言うより短い期間に何ヶ所も行きすぎて写真の整理が追いついていないw

             

            さて今回は。

             

            10月7日に訪れた地元奈良県生駒市の宝山寺編。

             

            1981年(昭和56年)8月公開

            『浪花の恋の寅次郎』

            マドンナ:松阪慶子

             

             

            本編開始42分頃〜46分頃までのたった4分のシーンでございます。

             

            ■宝山寺駅ホーム

             

            本当はこのカットの前に麓からケーブルカーを撮影したシーンがあるんやけど割愛。

             

            上の画像青い車両が当時使われていた車両で下の画像は展示しているだけ?なのかな?

            今走っているのは…↓

             

            オッサン一人で乗るのには勇気のいる車両となっておりますw

             

             

            ■宝山寺駅前

             

            撮影用のエキストラで賑わっているとは言え、

            あまりにも寂しい雰囲気になっておりますf^^;

             

            何ヶ所かロケ地巡りをしていてこう言うあからさまに寂れている様子を見た時、

            決まって頭で流れるのは『ジョニーへの伝言』の「寂しげな町ねこの町は…」って歌詞。

             

            話を戻して、そこから宝山寺に表参道を歩く寅さんと松阪慶子。

             

            ■表参道へ1

            下の画像の中心部分の看板も殆ど変っていないし建物もそのまま…

            って言うか廃墟なのかな?と思うくらい使っている雰囲気が皆無f^^;

             

            ここから数歩くらいのところが↓

             

             

            ■表参道へ2

            階段が綺麗になったくらいでほぼそのままですな。

            寺社仏閣・付近は変わりようが無いねf^^;

            左部分に見えているタバコ屋さんがもう営業していないね。

             

             

            ■表参道へ3

            この付近で撮影に一番時間のかかった場所。角度が分からないf^^;

            左上に見る屋根の位置が変わったのかな…と思いつつ、

            普通に考えて変わらないやろうとも思うから何十枚も撮ってましたw

            それでも結局決まらず↑で妥協w

             

             

            てなところで画像が多くなったので次回へ続く。

            では。

            [大会]2018年10月14日(日)対プラネッツ戦

            2018.10.14 Sunday

            0

              scrapers 3 - 1 プラネッツさん

              [勝]橋口 1勝

              [セ]隆晟 5勝1敗2S

               

              皆さん、お疲れの中の二戦目。。

              本当にお疲れさんでしたなm(_ _)m

               

              一戦目と言いロースコアの中、よく守り切ったと思いつつ、

              この試合も初回に先制出来たのが良かったと思います。

               

              積極走塁でアウトになるのは何の問題もない。気にする事もない。

              次に活かして続けて行けばOK♪

               

              橋口君が四死球出すも1安打に抑え、後を引き続いた隆ちゃんもほぼ完ぺきリリーフ。

              良い流れでしたヽ(^。^)ノ

               

              これで今季26試合消化。あと4試合で最低目標の30試合達成でございます。

              今年の終わりも見えてきましたね♪

               

              あ、あとこの大会優勝なので来春のブロック大会出場が決定しました。

              本当良く頑張りました♪

               

              では。

              [大会]2018年10月14日(日)対アングリーモンキーズ戦

              2018.10.14 Sunday

              0

                scrapers 3 - 0 アングリーモンキーズさん

                [勝]竹田 7勝1敗1S

                 

                審判行ってくれた方々ありがとう。

                さて、競合相手が続く中の準決勝。

                 

                竹ちゃんの圧巻のピッチングが光った試合でしたな。

                初回の先制も非常に大きく、終盤に1点ずつではあるけど得点出来たのも大きいね。

                 

                ともちんの進塁打も大きな要因。

                 

                皆さんお疲れの中、決勝戦へ。

                【映画】久し振りに法廷もん

                2018.10.12 Friday

                0

                   

                  2016年アメリカ映画

                  砂上の法廷

                   

                  あんまり『騙され続ける』とか言わん方が良い。。

                  僕みたいな捻くれた奴は構えて展開を読んでしまうし、

                  僕みたいなもんでもオチが早々に読めてしまうf^^;

                   

                  それでも法廷モノは面白くハラハラは出来るので良い。

                   

                  『ブリジット・ジョーンズの日記』のレニー・ゼルウィガーが

                  シビアな役をしているのも僕にとっては新鮮。

                   

                  それくらいかなぁf^^;

                   

                  ではヽ(^。^)ノ

                   

                  って短すぎるけど…それくらいしか感想がない。

                  やっぱりもう1回観ようw

                   

                   

                  2017.10.05

                   

                  【スタッフ】

                  脚本:ニコラス・カザン

                  監督:コートニー・ハント

                  製作:リチャード・サックル

                   

                   

                  【キャスト】

                  キアヌ・リーヴス

                  レニー・ゼルヴィガー

                  ジム・ベルーシ

                  ケネス・チョイ

                  カブリエル・パッソ

                   

                   

                  【ストーリー】

                  大物弁護士が自宅で殺され、

                  弁護士のラムゼイは容疑者として逮捕された被害者の息子マイクの弁護を引き受けることになる。

                  法廷では次々と彼の有罪を裏付ける証言が飛び出すが、ラムゼイは証言の中にうそがあることに気付く。

                  そんな中、黙秘を続けていたマイクが思わぬ告白を始め……。(シネマトゥデイ)

                  絵文字機能が無くなった。

                  2018.10.09 Tuesday

                  0

                     

                    普段から大して使う事がないから良いっちゃ良いねんけど…

                     

                    このblogの絵文字機能が5月末で終了していた。ってお話。

                     

                    何の面白みもないこの駄文には大変重宝していたので、

                    ないとなると質素と言うか…淡々となってしまうから、

                    顔文字なんてのを入れようと思うけど何かなぁ。

                     

                     

                    いつも【では】の後に付けていた絵文字でテンションを表していたから、

                    特にそれは困るf^^;

                     

                     

                    ってそれだけのお話なんやけど…

                     

                    んー

                    LINEとかメールで絵文字って使います??

                     

                    「絵文字が無いから怖い」って言われてから使う様に意識していたけど、

                    どのタイミングで、どの絵文字を使って良いのかイマイチ分からん。

                     

                    あーでもTwitterでは使う様に心掛けているかなーやっぱ冷たくなるし…。

                     

                     

                    やっぱり広がるお話でもないので、この辺りで・・・・では。

                     

                     

                     

                    って話を書いたのが6月11日。

                    非公開のまま放置されていたのでこのタイミングでアップf^^;

                     

                     

                    金本に思う事。2

                    2018.10.06 Saturday

                    0

                       

                      前回は嫌いになった理由の采配とチーム作りドラフト戦略の途中まで。

                       

                      早速、中日落合のドラフト戦略は・・・

                      あくまでも監督時代のみ

                       

                      1位指名 1位獲得 2位 3位
                      03 中川 × 石川
                      04 自由獲得枠 樋口 中田 ×
                      05 希望入団枠 吉見 × ×
                      06 希望入団枠 田中 × 浅尾
                      07 長谷部 山内 ×
                      08 野本 野本 伊藤 岩崎
                      09 菊池 岡田 小川 中田
                      10 大野 大野 吉川 武藤

                      こちらも野村監督同様、上位は投手がメイン。

                       

                      金本とは言うと…

                      1位指名 1位獲得 2位 3位
                      15 高山 高山 坂本 竹安
                      16 大山 大山 小野 才木
                      17 清宮→安田 馬場 高橋 熊谷

                       

                      こうやって見ると一番謎なのは15年2位指名の坂本。

                      ひょっとしたら高山を獲得する密約に坂本の2位指名ってのがあったのかも知れないけど、

                      2位で獲るほどのキャッチャーか??

                      社会人No1捕手と言われたトヨタの木下ですら3位で中日が獲得。

                       

                      阪神のドラフト戦略は本当に誰が決めてるの?バカなの?って思うくらい謎。

                       

                      かと言って落合監督時代のドラフト戦略が成功しているかと言うと…

                       

                      大成功とは言い難いから全て当てはまらないだろうけど、

                      その分、落合には野球観・采配と言う武器があったから、

                      8年間で優勝4回。2位3回。3位1回の全てAクラス。

                       

                      派手さだけの無能監督が良いか…

                      地味だけど強くできる監督が良いか…

                       

                      金本に3年も5年も任せるなら、まだ真弓に3,4年目の機会があった方が期待できた。

                       

                      何か阪神のスカウト、ドラフト戦略には数年後のストーリーがあまり感じられず…。

                      その場、その場のノリみたいな雰囲気にすら感じられる。

                       

                      客観的に見られると言う意味で現場とかけ離れたGM主導体制を本気で考えた方が良い。

                      国内ドラフトも×、海外スカウトも×、トレードも×って本当に先行きは暗い。

                       

                      唯一明るいのは二軍が優勝してチーム成績もそれなりに良いって事。

                      僕が見ているポイントは防御率と与四死球、盗塁数と得点数。

                       

                      けどすぐ矢野を一軍監督にさせるのではなくて、岡田監督がそうだったように、

                      もう1回誰か監督を挟んでからの方が良い気がする。

                       

                      それか、黙ってても客が入る甲子園。あと数年間金本に90年代の阪神を再現してもらうか。。

                      そうすれば球団としては年俸上げずに売上拡大の健全な球団運営は出来る。

                       

                      健全と言うのかなf^^;

                       

                      来年はこの素人目線の罵詈雑言が全く的外れだった一年になれば良いなぁ。

                       

                      では。