【映画】これに比べたらうちの親父はマジメ。

2009.01.13 Tuesday

0
    映画紹介です。

    2002年『ROAD TO PERDITION』

     
    【感想】
    6代目007のダニエル・クレイグに、昨年亡くなったポール・ニューマン、
    トム・ハンクスにジュード・ロウの豪華キャストでストーリーもしっかり出来てる。

    話しが進むに連れての切迫感が増してきて特有の緊張感がたまらん。

    作品中では貧弱なダニエル・クレイグが後にジェームス・ボンド役になるとは思わんかった(笑)

    これを見た時は何の気もとめなかった俳優なんやけど・・・(苦笑)

    【スタッフ】
    制作:ディーン・ザナック/リチャード・D・ザナック/サム・メンデス
    監督:サム・メンデス
    脚本:デイヴィッド・セルフ

    【キャスト】
    トム・ハンクス(マイケル・サリヴァン)
    ポール・ニューマン(ジョン・ルーニー)
    タイラー・ホークリン(マイケル・サリヴァンJr)
    ジュード・ロウ(マグワイア)
    ダニエル・クレイグ(コナー・ルーニー)

    【ストーリー】
    良き夫であり2人の息子の良き父親でもあるマイケル・サリヴァン(=トム・ハンクス)には、
    町を牛耳るマフィアの幹部と言う裏の顔があった。ボスのジョン・ルーニー(ポール・ニューマン)は、
    マイケルの息子二人を自分の息子のように愛し、孫のように可愛がっていた。

    ある日同じく組織の幹部でルーニーの息子コナー(=ダニエル・クレイグ)はミスを犯してしまいマイケルから責められる。
    父ジョンに対しての恐れと、マイケルに対しての嫉妬と憎悪でマイケルの妻子を殺してしまう。
    マイケルは生き残った長男を連れ壮絶な復讐への旅に出る。

    【映画】両家の挨拶はいつやら┐('〜`;)┌

    2009.01.11 Sunday

    0
      久しぶりにDVDを買ったf^^;まぁ安いやつしか買わないけどね(笑)

      早速観たので一気に紹介します。

      先日紹介した『ミート・ザ・ペアレンツ』の続編をまずは紹介。

      2004年『ミート・ザ・ペアレンツ2』


      【感想】
      こないだ見たところで続編が欲しくてつい買ってしまった(笑)

      ある程度話が読めるにしてもロバートバート・デ・ニーロとダスティ・ホフマンがコメディで競演。
      キャスト陣もそのままで大変見やすい映画やと思います。
      引き続きオーウェン・ウィルソンはちょい役である意味重要な役で爽やかな笑顔やな。

      感想ってそれくらいかな(苦笑)

      【スタッフ】
      製作総指揮:ナンシー・テネンボーム/ナンシー・テネンボーム
      監督:ジェイ・ローチ
      脚本:ジョン・ハンバーグ/ジム・ハーツフェルド

      【キャスト】
      ロバート・デ・ニーロ(ジャック・バーンズ)
      ベン・スティラー(グレッグ・フォッカー)
      テリー・ポロ(パム・バーンズ)
      ブライス・ダナー(ディナ・バーンズ)
      ジェームズ・レブボーン(ラリー・バンクス)
      ダスティン・ホフマン(バーニー・フォッカー)

      【ストーリー】
      ゲイロード・フォッカー(=ベン・スティラー)、通称“グレッグ”の元に、とうとうその日がやって来た。

      恋人・パム(=テリー・ポロ)の一家と共に、マイアミにある彼の実家で週末を過ごすのだ。
      娘を溺愛しているパムの父、ジャック(=ロバート・デ・ニーロ)は元CIA。
      やっとの思いでパムとの結婚を認められたグレッグは、この対面に気が気ではない。

      ジャックには両親は弁護士と医師だと言ってあるが、実のところ、
      父(=ダスティン・ホフマン)は専業主夫、母はセックス・セラピスト(=バーブラ・ストレイザンド)という、
      かなり変わった両親なのだ…。(=goo映画より抜粋)

      【映画】俺は秘密だらけやから困る(;´゜Д゜)ゞ

      2009.01.11 Sunday

      0
        1998年アメリカ作品『トゥルーマン・ショー』


        【感想】
        ずーっと観たくて全く機会がなかった有名作品。

        blogに載せる時に否定的なことを書きたくないけど少しがっかりしたf^^;

        まっでもそれは期待しすぎて思ってたのと違う僕の主観なので、普通に観たら面白い作品。

        僕が主人公みたいな境遇ならある意味視聴率は取れるかな(笑)

        秘密が多すぎる。仕事中に○○○や、実は○○○やでも○○○やあんな事したりこんな事したり┐(´ー`)┌
        他人には見せれません。って誰も興味を示さないよね(苦笑)

        主演のジム・キャリー以外で注目してほしいキャストはエド・ハリス。
        有名なので今更改めて紹介する事もないとは思うけど少しだけf^^;
        主演ではあまり出演してないけど結構重要な役柄を演じる事が非常に多いし渋い演技をしはる。

        1978年に映画デビューしてるからハリウッドで30年も生き残ってるのはそれだけの演技力がある証拠やね。
        主な出演作は『アポロ13』『ザ・ロック』『ザ・ファーム法律事務所』『ビューティフル・マインド』
        『僕はラジオ』や、こないだ紹介した『ナショナル・トレジャー2 リンカーン暗殺者の日記』にも悪役で出演してる。

        やっぱりそー言う役が多いのかなf^^;

        だとしたらケビン・ベーコンも同じ匂いがするかな(笑)

        機会があれば見てくださいなm(_ _)m

        【スタッフ】
        製作総指揮:リン・プレシェット
        監督:ピーター・ウィアー
        脚本:アンドリュー・ニコル

        【キャスト】
        ジム・キャリー(トゥーマン・バーバンク)
        エド・ハリス(クリストフ)
        ローラ・リニー(メリル)
        ノア・エメリッヒ(マーロン)
        ナターシャ・マケルホーン(ローレン/シルヴィア)
        ホーランド・テイラー(トゥルーマンの母)

        【ストーリー】
        典型的なアメリカ市民トゥルーマン(=ジム・キャリー)。

        だが彼の暮らす環境はどことなく不自然だ。

        それもそのはず、実は彼の人生は隠しカメラによってTV番組
        「トゥルーマン・ショー」として世界中に放送されていたのだ!
        家族や友人を含めたこれまでの人生が全てフィクションだったと知った彼は現実の世界への脱出を決意する・・・。
        メディアによって作られた人生の悲喜劇に見事なリアリティを与えているジム・キャリーの熱演が光る傑作コメディ。
        (allcinema ONLINEより抜粋)

        【映画】無人島に持っていくものは?

        2009.01.11 Sunday

        0
          今回は2000年『CAST AWAY』


          【感想】
          ストーリーにあるように、FedEx専用運搬飛行機が墜落してただ一人だけ生き残り、
          無人島に漂着して4年間も生き残るのって話しで、ストーリー的にはありきたりかな?と感じるけどまぁ面白い。

          映画の中での見所は、無人島の生活で火を起したり雨を凌いだり食べ物を探したりと
          普段の生活の中では当たり前の事に奮闘するところが見所かな。それくらいやわf^^;

          監督がロバート・ゼメキスやったから何となく購入した。

          脚本にもうちょい力があれば良かったのにもったいない。ゼメキスの新作が早く見たい♪

          あと、ヘレン・ハントも素晴らしい演技!って言うても、出てくるのは最初と最後だけ(笑)
          『ペイ・フォワード』『恋の接吻』『恋愛小説家』『ツイスター』等、主演女優での出演が多い。

          ■ロバート・ゼメキスについて・・・
          ロバート・ゼメキス1952年5月14日生

          スティーブン・スピルバーグの弟子的存在で数多くのヒット作品を制作指揮してきた。
          有名作品は『Back to the Future機銑掘戞悒侫レスト・ガンプ』等知ってる作品と思います。
          『Back〜』に関しては、脚本・原案も担当している。やっぱり面白いもんなぁ。
          『CAST AWAY』も脚本を担当したら、もうちょういヒット作品になったやろうな・・・。

          【スタッフ】
          製作:スティーブ・スターキ/ジャッグ・ラブケ/ロバート・ゼメキス/トム・ハンクス
          監督:ロバート・ゼメキス
          脚本:ウィリアム・ブロイルスJr.

          【キャスト】
          トム・ハンクス(チャック・ノーラン)
          ヘレン・ハント(ケリー・フレアーズ)
          ニック・サーシー(スタン)

          【ストーリー】
          チャック・ノーランド(=トム・ハンクス)は世界宅配便『FedEx』の敏腕システム・エンジニア。

          世界中を駆け回り、日々仕事に明け暮れていた。
          そんな彼が飛行機事故に遭い無人島に漂着してしまう。
          過酷な環境の中、彼は恋人ケリー(=ヘレン・ハント)を心の支えに生き抜く。

          そして4年の月日が流れ、ついに島からの脱出に成功する。
          しかしチャックを待ち受けていたのは、さらに厳しいもう一つの現実だった・・・。

          【映画】やっぱり野球が好き

          2009.01.10 Saturday

          0
            今回は野球映画を紹介。

            1989年『FIELD OF DREAMS』


            【感想】
            初めは全然面白くなかったけど途中から惹きつけられた。今では何回観ても面白いな。

            吹き替え版で見たら“声”が分かりにくいけど字幕版で見ると良い味があって分かり易い。
            あとレイが作った球場が素晴らしいのも見どこやな♪

            けど一人であそこまでは作られへんけどな(笑)

            ファンタジーやから細かい事を言い出したらキリがないとして純粋に素晴らしい映画やと思う。

            ケビン・コスナーがこの役はハマリ役やったと思うねぇ。

            トム・ハンクスも候補やったらしいけど、トム・ハンクスがこの役やっていたら
            暑苦しくなって作品自体がドンヨリしたやろなぁ(笑)

            またケビン・コスナーの奥さんエイニー役のエイミー・マディガンもハマリ役で良いキャラしている。
            出来た奥さんでバックアップ体勢が整えられている(笑)

            クライマックスでは必ず泣いてしまう(T_T)

            微妙な心境の変化を「父さん」の一言と、絶妙な表情で表現していて「あーえぇな」って思う作品。

            この映画を見る度に自分の球場が欲しくなる(笑)

            【スタッフ】
            制作:ローレンス・ゴードン/チャールズ・ゴードン
            監督:フィル・アルデン・ロビンスン
            原作:W.P.キンセラ

            【キャスト】
            ケビン・コスナー(レイ・キンセラ)
            エイミー・マディガン(アニー)
            ジェームズ・アール・ジョーンズ(テレンス・マン)
            ドワイヤー・ブラウン(ジョン・キンセラ)
            レイ・リオッタ(シューレス・ジョー・ジャクソン)
            バート・ランカスター(ドク・グラハム)

            【ストーリー】
            アイオア州の農夫レイ・キンセラ(=ケビン・コスナー)は、ある日畑で不思議な“声”を聞いてしまう。

            その声とは「それを作れば、彼はやってくる」。

            レイは不思議に思いながらも導かれるように畑を潰して野球場を作ってしまう。

            1年後レイの前に伝説の大リーガー“シューレス”ジョー・ジャクソン(=レイ・リオッタ)が現れる。
            それ以来、第2,3の“声”を聞いたレイは小さな奇跡を起して、それが多くの人々の心を動かす。

            そして最大の謎“声”の主が誰なのかをレイは気づく・・・。

            【映画】親に会わす彼女がいません。

            2009.01.06 Tuesday

            0
              2009年の元旦から4日までは友達がいないので殆ど家に居て映画を見た。

              全部でテレビとDVD合わせたら15作品は観たと思うf^^;

              昔のblogで紹介した作品も含めてネタがないので少しずつ紹介していきます。。。

              今日紹介するのはロバート・デ・ニーロ主演のコメディ映画

              2000年『ミート・ザ・ペアレンツ』


              【感想】
              ロバート・デ・ニーロがコメディで主演。

              面白♪

              『アナライズ・ミー』って言う作品でもコメディに出演してるんやけど、デ・ニーロはやっぱり凄いね。

              演技が非常にわかりやすい。その他の配役は知らん人ばっかやったけど、
              唯一分かったんが[オーウェン・ウィルソン]やった。この人物も男前で演技もそこそこやのに脇役出演が多いわ。

              この作品は非常に見やすい映画で続編があるのやけどまだ観てへんから続編のは近々DVDを買う予定。

              ■オーウェン・ウィルソン
              ジャッキー・チェン主演『シャンハイ・ヌーン』や続編の『シャンハイ・ナイト』や
              『80デイズ』ブルース・ウィリス主演『アルマゲドン』『アイ・スパイス』と有名作品に出演。
              そのわりには脇役出演が目立つ。残念・・・。

              【スタッフ】
              製作:ナンシー・テネンボーム/ジェーン・ローゼンタール/ロバート・デ・ニーロ
              監督:ジェイ・ローチ
              脚本:ジム・ハーツフェルド/ジェイ・ローチ

              【キャスト】
              ロバート・デ・ニーロ(ジャック・バーンズ)
              ベン・スティラー(グレッグ・フォッカー)
              テリー・ポロ(パム・バーンズ)
              ブライス・ダナー(ディナ・バーンズ)
              ジェームズ・レブボーン(ラリー・バンクス)

              【ストーリー】
              シカゴで看護士をしているグレッグ(=ベン・スティラー)は恋人のパム(=テリー・ポロ)に夢中。
              すぐにもプロポーズをしたいが、結婚は彼女の父親ジャック(=ロバート・デ・ニーロ)の一存のかかってるらしい。
              そんな時パムの妹が結婚することになり。二人は式に出席する為にNYの彼女の実家へと向かった。
              それは結婚を切り出す絶好のチャンスになるはずだった。しかし、彼を待っていたのは手強すぎる相手だった。

              【映画】暗号解くなんてムリムリ!

              2009.01.02 Friday

              0
                つい最近紹介した『ナショナル・トレジャー2』の前作を観たので紹介。

                2作目を先に観てるところが計画性のなさですね。

                まぁストーリー自体は関連性がないので2作目からでも問題なく楽しむ事が出来るのでどちらかでもどうぞ。

                2004年アメリカ映画
                ナショナル・トレジャー

                殆どコピー・貼り付けなので楽な日記ですが・・・・まぁいいかf^^;

                1作目ももちろん現実と空想の世界が上手くリンクしてて大変ワクワクさせられる映画。
                [フリーメイソン]もばっちり出てきてもっと研究したくなってしまう。

                今作は“暗号”が“暗号”を呼び込み、主人公の謎解きに世界中を飛び周るのも見所の一つ。

                あの“暗号”は誰が考えたんやろうf^^;

                影響されやすい俺は早速暗合ブームです。。。

                ってもう5,6回は観ている作品やから今更って気がするけどw

                【スタッフ】
                監督:ジョン・タートルトーブ
                製作:ジェリー・ブラッカイマー/ジョン・タートルトーブ
                製作総指揮:オーレン・アヴィヴ/チャド・オマン/チャールズ・シーガース/
                      クリスティーナ・スタインバーグ/マイク・ステンソン/バリー・H・ウォルドマン

                【キャスト】
                ニコラス・ケイジ(ベン・ゲイツ)
                ジョン・ヴォイト(パトリック・ゲイツ)
                ハーヴェイ・カイテル(セダスキー)
                エド・ハリス(ウィルキンソン)
                ダイアン・クルーガー(アビゲイル)
                ジャスティン・バーサ(ライリー・プール)
                クリストファー・プラマ(ジョン・アダムス・ゲイツ)
                【ストーリー】
                歴史学者であり冒険家のベンは、テンプル騎士団の秘宝の謎を追っていた。
                謎に一歩近づいたベンだったが、資金提供者のイアンと対立。
                イアンから秘密を守るために“アメリカ合衆国独立宣言書”を盗むはめになり……。
                (シネマトゥデイ)

                【映画】俺も宝探しに出かけよう。って宝物だらけ

                2008.12.29 Monday

                0
                  約2ヶ月振りの映画紹介ですね。
                  久しぶりにプロジェクターを引っ張り出してDVD観たので書きたくなった。

                  今回は紹介するのは・・・・
                  2007年アメリカ作品
                  『ナショナル・トレジャー2 リンカーン暗殺者の日記』

                  名前の通り宝探しです・・・
                  ただ変にリアルと言うか現実と上手くリンクしていて面白い。本当に良く出来ている。
                  しかも俺が興味のある[フリーメイソン]を絡めての話しなので更に面白い。

                  正直『インディージョーンズ』や『ハムナプトラ』みたいな冒険映画は好きではないけど、
                  この『ナショナル・トレジャー』シリーズは面白いし好きやね!次回作の公開が待ち遠しい。

                  機会があったら是非観て欲しい作品やね!!

                  【スタッフ】
                  監督:ジョン・タートルトーブ
                  製作:ジェリー・ブラッカイマー/ジョン・タートルトーブ
                  製作総指揮:マイク・ステンソン/チャド・オマン/バリー・ウォルドマン/
                        オーレン・アヴィヴ/チャールズ・シーガース

                  【キャスト】
                  ニコラス・ケイジ(ベン・ゲイツ)
                  ジョン・ヴォイト(パトリック・ゲイツ)
                  ハーヴェイ・カイテル(セダスキー)
                  エド・ハリス(ウィルキンソン)
                  ダイアン・クルーガー(アビゲイル)
                  ジャスティン・バーサ(ライリー・プール)
                  ブルース・グリーンウッド(大統領)
                  ヘレン・ミレン(エミリー・アップルトン)
                  【ストーリー】
                  アメリカの大統領リンカーン暗殺事件は、いまだに謎に包まれているが、
                  その犯人の日記から消えていたとされる一部が発見された。
                  そこには、暗殺犯の属する秘密結社の一員にゲイツの祖先が名を連ねていたという衝撃の記録が記されていた。
                  歴史に隠された真実を求め、ゲイツたちは自由の女神から、パリ、ロンドンと世界を舞台に冒険を繰り広げていく。
                  (シネマトゥデイ)

                  今の心腹に近いもの

                  2008.10.22 Wednesday

                  0
                    先日『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』と『ショーシャンクの空に』を観たって書いてけど、
                    こないだケーブルテレビで2作品ともやっていたのでもちろん観た(笑)

                    こーも良いタイミングでやってると何か“縁”を感じてしまう(笑)


                    ボケーっと観てて主人公と心境をダブらせてしまった(苦笑)

                    『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』のビリー・チャンベルと『ショーシャンクの空に』のアンディ・デュフレーン(笑)

                    観た事のある方は察してください(笑)


                    まぁビリー見たいに大投手でもないし、アンディ見たいに牢屋にはいませんがf^^;


                    それと最近ヘビーローテーションで聞いてるのはMr.Childrenの『one two three』

                    『ショーシャンクの空に』を観た時に少し触れてから、これも心境にあっていて感動してます。


                    泣きはせーへんけど泣きそうにはなった(笑)


                    歌ってやっぱりえぇなぁ(笑)


                    なんか俺もこーやって人に共感されるような事書いてみたいわ(笑)


                    桜井和寿も浜田省吾もほんま凄いなぁって再認識したって話でした(笑)

                    【映画】....hope is a good thing...

                    2008.10.15 Wednesday

                    0
                      ♪ビデオに撮った『ショーシャンクの空に』を見てからは もっと もっと 確信に近いな♪

                      Mr.Childrenの『one two three』の歌詞です♪でも今日は歌詞の紹介ちゃいます。

                      題名の方です。

                      映画です。。。

                      1994年『ショーシャンクの空に』


                      題名はと主人公のアンディ(ティム・ロビンソン)が、塀の中で仲良くなった
                      レッド(モーガン・フリーマン)に言った言葉。

                      【感想】
                      この作品の凄いところは上にも書いてるように“塀の中”で展開されていくのに窮屈感を感じない。
                      それどころかスケールがデカイしクライマックスには爽快感と安堵感が得られる。

                      感動作品なんやろうけど爽快感と描写が凄すぎて泣けません(>_<)

                      なかなかこんな作品は無いやろうねぇ。。。

                      ほんで改めてMr.Childrenの『one two three』の歌詞に何故『ショーシャンク〜』?と言うと・・・。

                      前後の歌詞を見ればなんとな〜く見えてくる。

                      薄暗がりで僕が見ていた 一筋の光にてをやって
                      世にも奇妙な力手に入れる なんてある訳が無いけれど

                      ビデオに撮った『ショーシャンクの空に』見てからは
                      もっと もっと 確信に近いな
                      暗闇で振り回す両手も やがて上昇気流を生むんだ
                      大人になりきれなくて逆恨みしたけれど
                      うんと うんと 感謝しているんだ
                      愛しき人よ 君に幸あるように
                      もう後ろなんか見ないぜ 1,2,3!


                      作品を見た事ある人は歌詞がすんなり入ってきたかと思うけど見た事ない人の為に僕の解釈(笑)

                      冤罪で捕まって20年も塀の中に入れられたアンディと自分をダブらせて“塀の中”ではないけど、
                      それに近い“殻”の中からなかなか出れなくて『大丈夫!希望はある』って信じるもうまくいかず、
                      ふさぎ込むけど『希望は良いもの』って事が理解できてきて、
                      今では『希望』の素晴らしさを理解し友人やファンとかに対し『希望は良いもの』って言ってる感じ(笑)?

                      ながっ(笑)ボキャブラリーがなく簡潔にまとめれなかった(笑)

                      要は桜井とアンディと同じ心境やったって事。あっこれで良いかf^^;

                      『ショーシャンクの空に』はそんな希望に溢れた作品です。

                      強引にまとめてしまった(苦笑)

                      【スタッフ】
                      監督:フランク・ダラボン
                      原作:スティーヴン・キング
                      脚本:フランク・ダラボン
                      音楽:トーマス・ニューマン

                      【キャスト】
                      ティム・ロビンス(アンディ)
                      モーガン・フリーマン(レッド)
                      ウィリアム・サドラー(ヘイウッド)
                      ボブ・ガントン(ウォーデン・サミュエル・ノートン)
                      ジェームズ・ホイットモア(ブルックス・ヘイトレン)

                      【ストーリー】
                      妻殺しの冤罪で捕まった銀行家アンディが生み出す様々な人間模様を“監獄”と言う狭い世界にも関わらず
                      壮大なスケール感と爽快感で描いた、スティーヴン・キング得意のヒューマンドラマ。