で?

2018.04.26 Thursday

0

     

    【苦痛なのか】が良くない。と言う意見があった。

     

     

    確かに被害に受けた方は思い出したくもないだろうし、

    トラウマになるのは容易に想像する。

     

     

    ただ今回の場合だけに限定すれば、

     

    被害者とされる女性記者は、

    テレビ朝日に報道を熱望し却下され週刊誌に情報を提供した

    この事実がある訳で…トラウマ云々は当てはまらないのではないか?

     

    仮にそうだとしたら、やはり週刊誌ではなく

    一番に組織・・・それが無理なら、弁護士に相談すべきではないのか?

     

    裁判費用の問題…と言う意見もあった。

    組織の顧問弁護士もいたろうし、法テラスも利用できるし。

    じゃなくても最近は初回相談無料の事務所だってある。

     

    週刊誌に情報を提供した時点でセンセーショナルに報道され、

    ワイドショーが何度も何度も報道し、後追い取材がなされる。

     

    一般の方ならそこまで想像出来なかった。ってのは分かるけど、

    テレビ朝日の社員と言う事は、普通にこうなる事は想像できたのでは?

     

    そう思うとやはりトラウマ云々と言うのは正直どうなのか?と思う。

     

    念を押すけど今回の場合のみ。

     

     

    矢野氏の発言の言葉狩りをすれば【苦痛なのか】と言う言葉は不適切かも知れないけど、

    いきなり言ったのではなく、具体的に今回の事案を質問された上での答弁。

     

    こんな事を言うと

    「官僚だから発言に気を付けないといけない」と意見もある。

     

    それも一理はある。けどそんな事言い出したら何も話せないし、

    全女性がそうではないだろうし、そう思う人もいるだろうし。

    言葉狩りしている野党やメディアと同じ事をしている。

     

     

    自分に置き換えて、自分の事の様に考える事も大事。

    冷静にキチンと分けて考える事もしないと…と思ったり。

     

    ま、それぞれの自由ではあるけど。

     

    結果、被害者とされる女性の方の心情が置いてけぼりになって、

    メディアも報道だけが過熱し政治家さんも【大臣が辞任するか否か】の

    【解散するのか否か】のお話になっている。

     

    結局、それを利用しているだけでしょ?って思ってしまう。

     

    今回に限ってのお話でした。ではバイバイ

    利用しているだけにしか思えない。

    2018.04.24 Tuesday

    0

       

      昨日に続いて…

       

      何度も言うけど、セクハラはアカンし被害に苦しんでおられる方を守るのは当たり前。

       

      けど否定し名誉棄損で裁判をする。って言ってる方にも人権と裁判する権利がある訳で。

       

      そっちは怪しいしテープでは不適切な表現しているからクロで、

      被害者とされる方は可哀想やから守る。って感じがしてならないし、

      それを政権批判の道具に利用しているとしか思えない。

       

       

      テレビ朝日の記者会見によると、

      女性記者は、担当となった約1年半前から、セクハラの危険を感じ録音を開始し。

      週刊誌報道までに何度も元官僚の男性と二人きりで食事を行い。

      テレビ朝日の女性上司に相談したが「二次被害」の恐れがあるとされ却下され週刊誌へ持ち込んだ。とある。

       

       

      何故、

      その危険を感じた時に相談しなかったのか?

      また相談をされていたのであればテレ朝は放置したのか?

      2回目以降、会食自体を断る事はできなかったのか?

      先輩や男性記者、その女性上司を同席させられなかったのか?

      ハッキリと「録音します」と言わなかったのか?

      なぜあのタイミングでテレ朝は緊急記者会見をしたのか?

       

      よっぽどの我慢し苦痛に耐えていたのかも知れないので、

      テレ朝や女性記者を悪く言うつもはないけど、

      少なからずテレ朝はこう言う疑問には一切答えていない。

       

       

      記者の世界は全く分からないけど、

      元官僚の方が当時の役職に就いたが約9ヶ月前らしいので、

      番記者と言われる方が役職に就く前から担当するってあり得るのだろうか?

      1年半前から会食をしていたと言うのは個人的な知人とかの可能性もあるし、

      それを見越してテレ朝が担当に付けたのか?

       

      そこまでそれを見越していたのであれば…どんな人物か分かってたろうに、

      分かっていて女性を担当にさせたテレ朝の立場は?

       

      セクハラ疑惑よりも、男の僕からするとこっちに対しても色んな疑惑が出てくる。

       

      そう思うと余計に、この段階でセクハラ断定している事に対して恐怖になる…。

       

      そんな感じで一連の問題を見ている。と言うお話。

      ちょっと今日は短めに…ではバイバイ

      [親睦]2018年04月22日(日)対閃光戦

      2018.04.23 Monday

      0

         

         

        scrapers 3 - 2 閃光さん

        [勝]竹田 4勝1敗

         

        お疲れさんでした土下座

         

        今季初のサヨナラ勝ちと言う事で…前回のサヨナラ勝ちはいつでしょうか…汗

         

        中々打ち崩せず凡打の山を築きながら良く同点→逆転勝ちできましたね♪

         

        そして、人生初でもあり、チーム初の申告敬遠をされました…。

        まぁ打てたか?って聞かれたら限りなく、ゼロ〜に近いので結果的には良かったんやけど…

         

        なんか複雑w

         

        まぁそれでも勝ったので良しとしましょグー

         

         

        あと、小鹿っちに引き続き、隆ちゃん・谷そんの同級生で

        助っ人に来てくれた松本兄が入部しますの皆さんよろしくね♪

        なんでしょね。今の報道って。

        2018.04.23 Monday

        0

           

          セクハラ疑惑に揺れる安倍政権!

           

          こんな見出しで賑わっておりますなぁ。

           

          まぁセクハラは絶対ダメ!が大前提で言うと…

          あと、疑惑の渦中の元官僚の方を擁護する訳ではなく…。

           

           

          例えて言うと、

          痴漢!と言われました。勿論否定します。

          それどこらか被害者がどこの誰だか分かりません。

          けど被害者が女性であるから完全にクロです。問答無用で報道します。

          それに煽られる一部の視聴者。

           

          初めはこんな感じ?

           

           

          今回の一連の流れで言うと、

          加害者側の声とみられる音声テープが流出しました。

          本人の声の可能性が約90%とする専門家もいれば、

          3か所で録音した物を繋ぎわせた物だと分析する専門家もいる。

           

          共通しているのは、

          被害者とされる女性記者のニュアンス・前後の質問の音声が出てこない点。

          週刊誌とか一部メディアで女性記者はこう言ってます。みたいなテロップは出てくる。

           

          それを鵜呑みにして『セクハラしている!』と断定して良いのん?

          まぁ人其々感想を抱くのは自由とも思いつつ、

          少なからず本人が否定し名誉棄損で裁判すると明言している以上、

          時間稼ぎとかの批判があったとしても断定するのは恐ろしいよね。

           

          かと、言ってあの発言が適切か不適切かで言うと、適切では無い。

           

          けど万が一、万が一、女性記者が

          「今日、何か特ダネくれたら今晩私を好きにして良いです」って言ってたとしても…、

          それでも言うべきではないんだろうけど、だとしたらセクハラになるんやろうか…。

           

          少なからずその可能性もあるなら、セクハラがあったと断定するのは危険。

           

          女性側の音声が出てくるか裁判結果が出てから糾弾すれば良いと思うけど…。

           

           

          これに輪をかける様な形で、財務省 矢野官房長官の答弁が物議を呼んでいる。

           

          名乗りでる事がそんなに苦痛なのか

           

          こんな風に言ったとされ「被害者軽視!」「事の重大さを分かってない!」「女性の敵」

          みたいな発狂したツイートや報道・共産党や立憲民主らの野党を見る。

          一番驚くのが数々の弁護士も乗っかって矢野氏を糾弾している。

           

          この発言、テレビ朝日が発端かは分からないけどメディアが捏造・キリトリ報道したみたいで

          本当の発言は4月18日の財務委員会。←動画の開始から28分のところが問題とされる発言。

           

           

          中身が分からない事には処分に至らないのは世の常ですよ。

          この(被害者とされる)方は、この報道が事実であれば、

          雑誌の中でこんな事をされた、こんな事をされてとてもて不快だった。

          と鍵かっこで書いておられますよ。であれば、その方が

          財務省にではなくて、弁護士さんに名乗りでて、

          名前を伏せてを仰る事がそんなに苦痛なのかと言う想いであります

           

           

          文字に起こすと若干のニュアンスは違うかも知れないけど…こんな感じ。

           

          簡単に言うと、

          調査しキチンと判断したいからお相手の主張も聞きたいのに、

          雑誌にはベラベラと喋るのに、匿名で弁護士を介して抗議するのが・・・。

          って事でしょ?

           

          NHKはこの発言そのままに音声とテロップを付けて放送したみたい。

          テレビ朝日の番組では、音声を消した状態で【名乗りでるのがそんなに苦痛か】と放送。

           

           

          これが原因かは分からんけど、この文字だけが一人歩きして発狂している方が多いみたい。

           

          もちろん、被害に遭われた方は二度と思い出したくない。って意見もあるんだろうけど、

          週刊誌より弁護士さんに話した方が示談交渉も水面下で交渉してもらえると思う。

           

          けど週刊誌に持ち込めばどうなるか容易に想像が出来る記者でありながら、

          弁護士ではなく週刊誌に持ち込むと言う事は「二度と思い出したくない」は

          通用しないのではないか?と思われても仕方が無い・・・。

           

           

          さらに中盤で書いたけど、被害者とされる女性が持ち込んだテープを証拠としての報道。

          男性の声はそのまま放送するけど女性側はテロップのみ…。

           

          と、言う事は上の矢野官房長官の答弁みたいに、

          テロップなんぞは全くあてにならない・信用してはいけないと言う事を、

          その女性が所属するテレビ朝日が証明してくれた事になる。

           

          ボイスチェンジャーで変えた女性の声を報道するのか、決めつけ・印象操作をするのではなく、

          裁判結果が出るまで加熱報道しない方が良いと思うけど。

           

           

          こんな事を言うと、

          セクハラを容認しているとか、擁護しているとか言うおバカが現れるのが不思議な今日この頃。

           

          ではバイバイ

          【映画】トム×ロバーツ その2

          2018.04.20 Friday

          0

             

            先週に続いて…

            トム・ハンクス×ジュリア・ロバーツ共演作品。

            観たのはこっちの方が先やった気がするw

             

            いつも感想を書き終えてから各サイトのレビューを観るんやけど、

            変わり者なのか評価の低い作品をべた褒めする傾向にある汗

             

            で、今回は実話を基にしたアメリカの政治家のお話。

             

             

            2007年『アメリカ映画』

            チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

             

             

            日本の政治家も同じ様な事をしているのかなぁと思うと…正直内容的には引く。

            まっ綺麗ごとだけでは政なんて出来ないわなぁ。と一定の理解を示しつつ…。

             

            そこそこ重たい内容やけどスピード感があってテンポは僕好み。

            ジョージ・クルーニー主演の『スリー・キングス』に近い感じかな?

             

            監督に・・・

            ダスティン・ホフマン主演『卒業』やロビン・ウィリアムズ主演『バードゲージ』のマイク・ニコルズ。

             

            脚本に・・・

            軍事裁判映画『ア・フュー・グッドメン』や『ソーシャルネットワーク』

            『マネーボール』のアーロン・キーソン。

             

             

            僕の勝手なイメージでこの作品だけで考えれば、

            ロマンチストとリアリスト、相反する組み合わせな気がするけどその雰囲気は好き。

            でも中途半端って感想を抱く人も多そうな気もしなくはないけど、

            こそば痒い感じ?と言うのか…それを中途半端と言うんかなw

             

            なんせ僕は嫌いではなく、好印象を持った映画映画

             

            お勧めできるかは…

            子供と一緒には観れないやろうし、こそこそと楽しむ程でもないし…

            やっぱり中途半端なのかもw

             

            民放では内容的に無理。CSでやるかも…レベルなので機会があればDVD借りるレベルかな?

             

            そんな感じ。ではバイバイ

             

             

            【スタッフ】

            脚本:アーロン・ソーキン

            監督:マイク・ニコルズ

            製作:トム・ハンクス/ゲイリー・ゴーツマン

             

             

            【キャスト】

            トム・ハンクス

            ジュリア・ロバーツムス

            エイミー・アダムス

            ヒラリー・アンジェロ

            シャド・タイラー

            エミリー・プラント

             

             

            【ストーリー】

            酒と女が大好きだが信念もある下院議員チャーリーは、

            反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌにパキスタンに行くことを薦められる。

            現地に赴いたチャーリーはソ連軍の侵略から逃げる大量のアフガニスタンの難民たちの姿にショックを受け、

            ソ連軍と戦うゲリラたちに武器を密輸してしまう。(シネマトゥデイ)

            【映画】トム×ロバーツ

            2018.04.13 Friday

            0

               

              実質書くのは数ヶ月振りの映画の話ー。

              って言いながら書いているのは昨年の10月。

               

               

              2011年アメリカ映画

              幸せの教室

               

              トム・ハンクス×ジュリア・ロバーツ二大スターの共演と言う事でもあり…

              って言いながら殆ど知られていないのかなぁと感じる作品。

               

              ロブ・ライナー作品に似た雰囲気があるので僕は好き。

               

              でもこう言う作品は有名スターより無名俳優を使うか、

              知名度高い俳優一人だけに絞った方がストーリーが伝わり易いのになぁ。。

               

              と思いつつ、

              やはり好きな作風であるしジュリア・ロバーツもトム・ハンクスも好きですなぁ。

               

              あとは地味に・・・でもないけど、

              トム・ハンクスの奥さんリタ・ウィルソが出演しているw

              ロブ・ライナー作品の『ストーリー・オブ・ラブ』にも出演。

              ついでに、息子のチェット・ハンクスも出演しているw

               

              ハートフルな作品なので必然と派手さはなくなる…。

              民放では地味過ぎてやらない作品ではあるけど、機会があれば是非。

               

              ではバイバイ

               

               

              【スタッフ】

              脚本:トム・ハンクス/ニア・ヴァルダロス

              監督:トム・ハンクス

              製作:トム・ハンクス/ゲイリー・ゴーツマン

               

               

              【キャスト】

              トム・ハンクス

              ジュリア・ロバーツ

              ブライアン・クランストン

              セドリック・エンターテイナー

              リタ・ウィルソン

               

               

              【ストーリー】

              ラリー・クラウンは、大学を出ていないという理由から

              長きにわたって勤務してきたスーパーをリストラされてしまう。

              その後、隣に住む夫婦の勧めで地元の大学に通うことに。

               

              大学での新生活に希望を抱くラリーだったが、

              ラリーを教える教師のメルセデスは仕事への情熱を失っていた。

              しかし、そんな二人の出会いがお互いの人生を大きく変えていく。

              (シネマトゥデイ)

              [親睦]2018年04月09日(日)対レッドスターズ戦

              2018.04.08 Sunday

              0

                 

                scrapers 7 - 7 レッドスターさん

                 

                お疲れさんでした土下座

                 

                4月と言うのに寒かったね汗

                 

                今年は僕を含めてエラーが多いっすなぁf^^;

                気を付けます。としか言い様がないんやけど気を付けます。

                 

                そんな感じ。ではバイバイ

                エイプリルフールネタ・・・。

                2018.04.07 Saturday

                0

                   

                   

                  毎年恒例?だった・・・と言うか

                  個人的に楽しみやったblogでのエイプリルフールネタ・・・今年は忘れてた汗

                   

                  まぁ4月1日野球やったしねぇ。

                   

                  っていつも結構前から練りに練って考えてたんやけど、

                  特に思いつかなかったってのが大きいしツイッターで呟いたからねw

                   

                  昨年は落語教室に通うって言って、その前がオーディション合格したって言うて、

                  結婚宣言したりー、転勤の話ししたりー、blog本出版って言うてみたりww

                   

                  T-主将か福田さんくらいしか見ていないこのblog笑顔

                   

                  その割に1日平均のアクセス数が安定して100くらいある。

                  多いか少ないかは分からんけど。。

                   

                  ツイッターから見れる様にしても、していなくても安定して100指

                   

                   

                  単純に今年はエイプリルフールネタは無しですよ。ってお話。

                   

                  ではバイバイ

                  【映画】正直記憶にない。

                  2018.04.06 Friday

                  0

                     

                    1985年アメリカ映画

                    『ブレックファスト・クラブ』

                     

                     

                    いかにも80年代のアメリカン・スクールドラマって感じ。

                    アメリカの当時の雰囲気を味わえると言う意味では好きな作品。

                    と言いつつ、三回くら寝落ちして途切れ途切れで観たから記憶にあまりなく汗

                     

                    昨年紹介した『フェリスはある朝突然に』の監督と同じ人の作品。

                     

                    『フェリス〜』がドタバタコメディなのに対して、こっちは…それすら記憶にない汗

                     

                    でも、

                    高校生目線の悩みとか不満を表現していたな。って事は微かに覚えているけど、

                    現在の日本に置いてそれに共感できるかは正直分からん。

                    そう言うメッセージ性のある作品かと思われる。。

                     

                    色んなサイトでは、まずまずの評価なのでキチンと観たらそれなりに面白いのかも。

                     

                    機会があれば是非。ではバイバイ

                     

                     

                    【スタッフ】

                    脚本:ジョン・ヒューズ

                    監督:ジョン・ヒューズ

                    製作:ジョン・ヒューズ/ネッド・ターネン

                     

                     

                    【キャスト】

                    エミリオ・エステベス

                    ポール・グリーソン

                    アンソニー・マイケル・ホール

                    アリー・シーディ

                     

                     

                    【ストーリー】

                    土曜の休日と言うのに学校に登校させられた高校生5人。

                    彼等はさまざまな問題を起こした懲罰として自分についての作文を書かされるハメになった問題児ばかりだった。

                    大きな図書館に軟禁状態にされ、何から書いていいのかわからないままだらだらと時間だけ過ぎて行く中、

                    雑談からお互いの身の上話を交わし始めた彼等は次第に心を開かせて行く。 (allcinema)

                    誤解されると困るけど。

                    2018.04.05 Thursday

                    0

                       

                      昨日の話しで、

                      僕がチームを終わらせたくない。って固執していると思われると大変困るんやけどw

                       

                      そりゃ、続くに越した事がないんだろうと思ってはいるけど、

                      半永久なんて難しい・ずっと出来るとはアホな僕でも思っていないけど、、、

                       

                      なんでしょね汗汗

                       

                      多分この”なんでしょね”を知りたくて、二つの番組の事を書いたんやと思う汗

                       

                      めっちゃ意味不明やな笑顔

                       

                       

                      昨日みたいな書き方をすると、

                      何か勘違いして「チーム潰す」=「困る」みたいな

                      数年前に湧いた僕より次元の低い貧しい発想になるのかも知れないけど汗

                       

                      多分、より近いところにいてくれる人や同じ立場の方々は、

                      この表現できない”なんでしょね”が伝わると信じるんやけど…。

                       

                      どう表現したら良いのん?ww

                       

                       

                      試験前みたいな感じに似ているのかなぁ。

                      黙っていても試験日は来るし避ける事も逃げる事も出来ないし、

                      必然的に結果も出るし覚悟は決めてるけど・・・やっぱり・・・・

                       

                      なんでしょねやなww

                       

                       

                      箱の中身は〜…じゃないんやからw

                       

                      と、自分で突っ込んでみたところで、補足にならんかったblogでした汗

                       

                      明日はストックの【映画のはなしー】です笑顔ではバイバイ