【映画】センスなさすぎ。

2018.10.05 Friday

0

     

    2013年アメリカ映画

    45歳からの恋の幕アケ!!

     

    邦題つけたんだれや恐怖恐怖恐怖

     

    原題:THE ENGLISH TEACHERに対しての邦題が↑。。

     

    特定の客層を狙ったんだろうと推測するけど、それにしてもキツい。

    3分の1くらい見て判断したのか、最後だけで判断したのかは知らんけど、

    ストーリー全体で考えた場合は当てはまらない気がするけど…。

     

    内容的にも…やはり微妙やったなぁ。

    さっぱり系かと思ったら意外と脂っこいみたいな感じ。。

    初めから脂っこいって分かってればまだ大丈夫なんやけど…。

     

    いかんせん、邦題がなぁ。。。

     

    主演のジュリアン・ムーアとグレッグ・ギニアは良いねんけどなぁ。

     

    とまぁそんなところ・・。ではバイバイ

     

     

    2017.11.26

     

    【スタッフ】

    脚本:ダン・シャリトン/ステイシー・シャリトン

    監督:クレイグ・ジスク

    音楽:ロブ・シモンセン

     

     

    【キャスト】

    ジュリアン・ムーア

    マイケル・アンガラノ

    グレッグ・ギニア

    ネイサン・レイン

    ジェシカ・ヘクト

     

     

    【ストーリー】

    45歳独身のリンダは英文学教師で他人と関わるのが大嫌い。

    そんなある日、脚本家を目指しニューヨークへ行ったはずの元教え子ジェイソンと最悪な再会する。

    ジェイソンはニューヨークで失敗し夢を諦めるようとしていた。リンダはジェイソンを助けようと、

    学校の舞台劇にジェイソンの脚本を使うことを提案する。そこから彼女の人生は一変する…

    リンダとジェイソンはひょんなことからイイ雰囲気になり一線を越え、

    リンダは浮かれる気持ちを抑えられない。

    しかし、劇のヒロインのハリーとジェイソンが急接近するのを目撃してしまう…。

    金本に思う事。

    2018.10.04 Thursday

    0

       

      素人考えなので熱狂的に金本ファンの方にはご容赦頂きたいけど、

      監督としての金本は全く応援出来ない…。

       

      就任直後は期待していたいし優勝は出来ないにしても、

      何か変わる気がしたけど正直アカンね。

       

      強くなっているって感じが全くしない…。

       

      野村謙二郎率いるカープは確実に強くなってそうな雰囲気があったし、

      井口資仁率いるロッテにも強くなりそうな雰囲気があって羨ましく見える。

       

       

      最初に掲げた「若手を起用し生え抜きを育てる」って方針は本当良かったのになぁ。

      これを貫いて負けるならまだ我慢できるんやけど…。

       

       

      金本嫌いになったのは就任一年目の勝利監督インタビューで

      「今シーズン○度目のオーダーで挑みましたが?」の質問に、

      「じゃ誰を使えば良いんですか?」みたいに逆ギレで答えたのがきっかけ。

       

      相性・調子があるから絶対的に固定が良いとは思わないけど、

      和田監督時代の解説で「打順変えすぎ」「変えすぎて選手が育たない」って

      ボロカス批判解説していた事を思うとなぁ。もう少し我慢してほしい気もする。

       

      あとはインタビューがどこか他人事と言うか…責任転嫁に聞こえる事がある。

      まぁそれでも一年目やしと思ってたのが一年目。

       

       

      一年目シーズン終了のドラフトで大山を一位指名。

      これがどうも僕には理解が出来ない。

       

      一説では金本が土壇場で一位指名に覆したとも、

      他球団が二位で獲る情報を得たから先に獲った。とも

      言われているけど結果的に失敗。

       

      大山は良い選手ではあるんやろうけど…まず投手でしょ。

      これはフロントの失態なのかも知れないけど、

      結果的に佐々木千隼を一本釣り出来た訳で…。

       

      成績は78勝61敗の二位の善戦とはいえ、これは投手陣の踏ん張りの賜物。

      CSでの泥んこ野球は不運としか言いようがないけど、CS反対派の僕にはどうでも良い。

       

      あと忘れられないのは、オールスター直後の後半開幕の対カープ三連戦での采配。

      ゲーム差8でカープを甲子園に迎え、三連勝でゲーム差5まで縮めないと優勝は絶望的。

      最低でも2勝1敗しないと…。と言う状況。

       

      一戦目 7月17日

      メッセが先制されるも糸原の同点、梅野の勝ち越しタイムリーで2−1の逆転勝利。

       

      最高の滑り出しで勢いつくかと思われた…

       

      二戦目 7月18日

      前日に勝ち越しタイムリーを打った梅野を外し、坂本を起用。

      先発の岩貞とはこの年初バッテリー・・・全くもって意味不明。

      カープの先発は大瀬良。結果的に梅野は対大瀬良に.273でまだ相性が良い。

       

      これが不思議で仕方がない。

       

      岩貞との相性の問題かなぁとも思ってたので、

      2017年7月17日までの岩貞の捕手別成績を調べてみた。

      捕  手 試合数
      梅  野 5 1

      3

      岡  崎 7 3 2

       

      確かに梅野で勝てていないのは理解できるけど岡崎で良かったのではないのか?

      なぜこのタイミングで初コンビ、二年目の坂本を起用したのか…謎すぎる。

      そしてさらに意味不明なのは、抜擢起用した坂本の代打に梅野を5回から起用。

       

      なんやねん。って感じ。結果的に5-9と敗戦。

      翌日はもっと酷く3-14で大敗。

       

      2017年はここで勝負ありって感じやったし、他球団が弱すぎて二位に着地。

      このカードでの意味不明な采配が決定となって金本退陣論者になった。

       

      その年のドラフト・・・

      過去、高山・大山と二年連続で野手を1位指名しているから、

      さすがに野手は獲らんやろうと思ってたところに、

      まさかの高校生の左打者清宮を1位指名…外して同じ高校生左打者の安田。

       

      どちらも良い打者であるのは間違いないけど…

      甲子園を本拠地にする阪神で左打者の高校生を1位指名するかね・・・。

      百歩譲って、高校生から育てたかったのなら広陵の捕手として中村君、

      左打者が欲しかったのなら左方向に打球の飛ばせる安田が先やと思うけどなぁ。

      誰が決めているのか知らないのけど金本の意向なら編成権はく奪した方が良い。

       

      この年のドラフトでの救いは、外れ外れ1位で投手中心の獲得が出来た点。

      皮肉を込めて言うとくじ運が悪くて本当に良かった。

       

      ヤクルト黄金時代を作った野村監督は、

      就任前の89年から5年連続投手を1位指名獲得。

      最終年の98年は除く9年間で8人投手を1位で獲得。

       

      95年で投手をドラフト1位で獲得したのは3チームのみで、

      広島の長谷川、ダイエーの齋藤和己、阪神の舟木。

      この年何があったんやろf^^;

       

      1位指名 1位獲得 2位

      3位

      89 野茂 西村 古田 黒須
      90 小池× 岡林 小坂 高津
      91 石井一 石井一 西岡 増田
      92 伊藤智 伊藤智 住友 真中
      93 逆指名 山部 斉藤 度会
      94 逆指名 北川 宮本 稲葉
      95 福留 三木 宮出 野村
      96 伊藤 伊藤 岩村 山崎
      97 川口 三上 五十嵐

      大脇

      投手捕手野手

       

      これくらい上位でその時に獲れる良い投手を獲得してチーム作りをする。

       

      もう一人僕の好きな監督で中日落合はどうだったか…

       

      ちょっと長くなったので次回へ。では。

      まだやってるんかいな。

      2018.10.03 Wednesday

      0

         

        今年は天候に恵まれず中止続きで同情の余地はあるにしても…

        それにしても阪神弱すぎ。

         

        今年は早々に虎テレを解約したから試合を観ている訳ではないけど、

        たまに観た試合の感想は…

         

        覇気がないねぇf^^;

         

        なーんか皆さん目が死んでる感じがする。。

         

        そりゃ勝てないわ(ー_ー)!!

         

        良太みたいなムードメーカーがいなくなり、

        西岡や今成を重宝せず二軍で野放し…。

         

        西岡は怪我が多いから仕方がないとして…

        今成は完全に干してるやろ…って感じ。

         

        いかんせん、金本のやる事なす事意味が不明すぎて…。

        この三年間のドラフト戦略失敗の影響も露呈した1年となりましたね。

         

        正直、暗黒時代と同じくらい…またはそれ以上に悪く思える今の阪神。

        ようやくラジオとか新聞で金本批判する人が出てきたのは唯一の明るい材料w

         

        1日も早い監督交代を望んでいるblogでした。

         

        では(-_-)zzz

        Aさんの話。その2

        2018.10.02 Tuesday

        0

           

          二ヶ月前に書いて放置していたお話w

           

          前回は怪しくなってこちらかテレビ局に電話をした。

          ってところまで書きましたが、その続き。

           

           

          今度は女性から電話を頂き同じ質問…。

           

          内容に問題が無かったみたいでそのまま、

          電話インタビューの録音準備します。と言われ、

          一旦電話を切って10分後着信。

           

          あれって違う人が同じ質問2,3回する事によって、

          話にズレがないかを確認してるんかな?

           

          正直面倒くさいけど、先方からしたら僕が本当の事言っているとも限らんしなぁ。

           

          注意点として

          [質問途中で相槌禁止][使わないかも知れません]

          そう言われていざ録音。

           

          普段、早口+滑舌が悪いので・・

          精一杯ゆっくり話し

          精一杯低音ヴォイスをだして、

          精一杯の標準語で答えて10分経たないくらいで終了。

           

          使うとなれば18時頃の全国放送のニュースと言われたのでスマホで視聴…。

           

          顔が映ってる訳でもないのにあの緊張感って半端ないねw

           

           

          その関連のニュースになり・・・

          映像中ナレーションが『Aさんによると』と言った一瞬間に僕の声…

           

          精一杯ゆっくり話した努力が実を結び、

          精一杯低音ヴォイスは中途半端な声色となり、

          精一杯の標準語はただの関西弁で終わり…。

           

          改めて顔とか映ってる訳でもないのに…あの恥ずかしい感じ…。

          まぁ一瞬の出来事やから、知人が見ていてもあれが僕とは分からんやろうけど…w

           

          もうあの緊張感と恥ずかしい感じは嫌やなw

           

          しかし犯罪者でAさんとならなかっただけマシかなf^^;

           

           

          あ、あと後からこの件を話していて思ったのは、

          インタビュアーの方、巧みな誘導尋問やったなぁと。

           

          番組上ではあたかも自発的に僕が思った感想・印象の様に放送されていたけど、

          実際は物凄く細かく具体的に導かれる様な質問やった気がするf^^;

           

          あとは時間の都合とかあるんやろうけど、言葉の切り取りと順番がテレコね。

          前後の言葉が無いと意味合い変わってくるんやけどなぁ。

           

          でもあれされたら、どんな証言にでも変えられるねf^^;

          違う事案に使う事だって出来るもんなぁ。

           

          よく政治家さんがされている切り取りなんかも超簡単に出来るねf^^;

           

           

          最後まで何の番組やったかは伏せるけど、

          なかなか出来ない経験を夏前に出来たお話。

           

          では(*^_^*)

          たまにはチームの話。

          2018.10.01 Monday

          0

             

            めっきりチームの事を書かなくなったこのblog。

             

            もう10月ですなぁ。

             

            9月30日現在の試合消化数は…24試合。

             

            例年より少し早いペースかなぁ。と思ったらほぼ同じでしたわf^^;

            なんだかんだで安定して年間30試合はキープしております。

             

            なーんかチーム状況もここ2,3年は安定しすぎて、

            のんびりチーム運営をしている気がしまなぁ。

             

            決して物足りないって訳ではないんやけど、

            こんな順調で良いのかなぁとはよく思う。

             

            何も言わんでも個々がよく動いてくれるし、

            采配に文句言ってるのが耳にも入っても来ないし、

            「俺が俺が」がって奴がいないのは本当に楽ちん。

             

            「こうしたい」「あーしたい」って口に出して言ってくれるのも楽ちん。

             

            こんな楽してて良いのだろうか…。

             

            と、思った今日この頃のblogでした。

             

            ではヽ(^。^)ノ

            11 寅次郎忘れな草 ロケ地巡り 松戸編

            2018.09.30 Sunday

            0

               


              今回は1973年公開の11作目

              『寅次郎忘れな草』 松戸編

              マドンナ:浅丘ルリ子

               

              全49作で一番好きな作品。

              訪れたのは2018年9月17日。

               

               

              8月に訪れた網走のシーンが開始27分〜36分頃、

              今回訪れた松戸のシーンは開始93分〜97分頃、

              最後の最後に出てくるシーンでございます。

               

              網走で知り合ったリリーさんと所帯を持つのかと思いきや、

              結局結ばれる事なく旅に出た寅さん。

              寅さんが旅立ったとらやにリリーさんから「結婚した」との手紙が…。

              そんなリリーさんを妹さくらが訪れるシーン。

               

              仝濤甕惻辺1

              左に見えるレンガ調の柱はそのままかなぁ。

               

              作中に映ってる【五香センター】はすっかりビルに変わっているものの、

              右奥の駅の階段の位置は変わらずですね。

               

               

              五香駅周辺2

              こうやって並べてみるとアングルが全然違う事に気が付くf^^;

              下の画像中心に見えてる【カミオカストアー】のビルは45年前のまま気がするなぁ。

               

              そこから歩くこと数十歩にあるのが・・・・

               

               

              リリーが嫁いだお寿司屋さん

              多分このあたりなんだろうと思って、

              近くにあった年季の入った古い美容室のオバ様に聞いても、

              通りかかったオジ様に聞いてもロケをした事すら知らず・・・。

               

              浦安の優しいオバ様とは大違いやったw

              ま、当然かw

               

              あと、たまたまなのかわざとなのかは知らんけど、

              この道にナイト系と思われるお店の名前が・・・

               

              ここを訪れた倍賞千恵子演じる[さくら]と同じなのは偶然かなf^^;

               

              結局、駅から出て直ぐの場所だったので、

              五香駅の滞在時間は10分以内でしょうかw

               

              この日はこの後、柴又・帝釈天周辺のロケ地巡り。

              その話はまた後日。

               

              では。

              真実はいつもひとつ!のアニメ。

              2018.09.29 Saturday

              0

                 

                幼少の頃我が家は【アニメ禁止】のルールだったからか、

                あんまりアニメ・漫画に興味がない。

                 

                とは言いつつ、

                『ドラゴンボール』『ドカベン プロ野球編』『金田一少年の事件簿』は見たかなぁ。

                 

                大人になってからは『名探偵コナン』は比較的好き。

                 

                で、コナンの話。

                 

                これで一番好きなのはFBIの赤井秀一と公安の安室透とのバトル。

                なかなか緊張感があって面白い。

                 

                こないだも書いた様に【赤と黒のクラッシュ】と【緋色の〜】は本当に面白い。

                 

                と、そんな事が書きたかったのではなく…

                 

                コナンも毛利小五郎も事件・現場に遭遇しすぎなのは、

                作中でも自虐的に書かれているので良いとして・・・

                 

                警察の人間がコナンに対して「死神だねぇ」って言う下りがあるの笑える。

                小学一年生の子供に向かって言う言葉かよw

                 

                あと警察とFBI、部外者に情報漏えいしすぎw

                 

                ついでに、細かい説明の独り言多すぎw

                 

                眠りの小五郎の口元が動いてない事すら見抜けない警察に

                事件が解決できるとは思えない…。

                 

                 

                ま、それもコナンの面白いところではあるけど。

                 

                ただそれだけのお話ですが何か問題でも?

                【映画】ホント憎めん。。

                2018.09.28 Friday

                0

                   

                  2015年アメリカ映画

                  マイ・ファニー・レディ

                   

                  なぜオーウェン・ウィルソン出演作品って何か物足りなさを感じるんやろw

                  でも、こう言うドタバタコメディは好き。

                  どこか『ラブ・アクチュアリー』みたいな感じ。

                   

                  んーそれ以外の感想が特に思いつかないけど、

                  モチーフにした映画のシーンを最後に挿入したのは良いなぁと思える(^^♪

                   

                  オーウェン出演作品に散々「物足りん」って言いながら、

                  けっこう観てるし好きな俳優さんなんやろうな汗

                   

                  あと『ノッティングヒルの恋人』で主演ヒュー・グラントの

                  友達役で出演していたリス・エヴァンスが出演している♪

                   

                  ついでに言うと、

                  ジェーン役で出演しているジェニファー・アストン

                  『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』では

                  今作の主演オーウェン・ウィルソンの相手役で共演しておりましたな。

                   

                  これもボーっと観るには最適やけど、あえて観るほどではない。

                  描写もキツイので民放ゴールデンはまず無理。深夜枠で編集されたらやる…ないかなw

                   

                  まぁよっぽどの機会があればぜひ。ではバイバイ

                   

                   

                  2017.10.23

                   

                  【スタッフ】

                  脚本:ピーター・ボグダノヴィッチ/ルイーズ・ストラットン

                  監督:ピーター・ボグダノヴィッチ

                  音楽:エドワード・シェアマー

                   

                   

                  【キャスト】

                  オーウェン・ウィルソン

                  イモージェン・プーツ

                  ウィル・フォーテ

                  オースティン・ペンドルトン

                  キャスリン・ハーン

                   

                   

                  【ストーリー】

                  新たなハリウッドスターとして活躍する女優、イザベラ。

                  とあるスタジオで記者からインタビューを受けていた彼女は、

                  かつて高級コールガールだったことをあっけらかんと告白する。

                  やがて、初対面の客であったブロードウェイの人気演出家アーノルドから、

                  自分の将来のために3万ドルをプレゼントしたいという不思議な申し出を受けたのを機に歩み始めた、

                  女優への道とそれにまつわる複雑で奇妙な人間模様についても語りだすが……。(シネマトゥデイ)

                  5『男はつらいよ 望郷編』ロケ地巡り 浦安編3

                  2018.09.27 Thursday

                  0

                     

                    今回も1970年公開の

                    『男はつらいよ 望郷編』ロケ地巡り浦安編

                     

                    前々回で 銑ぁ前回でキを書きました。

                     

                    ●作品の流れ

                    ,気らが歩く川沿い【境川西水門付近】

                    △気らが道を訪ねる【猫実の庚申塔】

                    F劼働く豆腐屋さん【堀江フラワー通り付近】

                    い気らと節子が挨拶する【堀江フラワー通り付近】

                    テ劼さくらを送る途中【境橋】

                    Δ気らと寅が別れる【浦谷町役場跡付近】

                    -----------------------------------------------

                    今回は↓↓

                    Ц燦が啖呵売をする【正福寺】

                    ┻師船の停泊シーン【境川東水門付近】

                     

                    ●訪れた順番は・・・

                     

                     

                    Ц燦が啖呵売をする【正福寺】

                    実際はもう少し前で撮っているんだろうけど…。

                    雨をしのぐ為に向かいの屋根の下から横着した画像。

                    今でも作中みたいに縁日で賑わうことがあるかな。

                     

                     

                    外壁が変わりすぎているので、本当ここなのかは自信がないf^^;

                    なのでコメントも特にないw

                     

                     

                    ┻師船の停泊シーン【境川東水門付近】

                    ラストでございます。

                    西なのか東なのか分からず…喫茶店のマスターが「西だ!」と言った水門。

                     

                    堀江フラワー通りを訪れたあと”西”に向かうつもりで川沿いを歩いておりました。

                    目的地は前回の【Ρ紺堕役場跡】を経由して冒頭の【ゞ川西水門】のシーン。

                     

                    雨の中歩けど歩けど【浦安町役場跡】が出て来ず…歩くこと15分。

                    とうとう水門まで到着…。僕の想像した水門の景色は前々回の↓

                     

                    全く違う景色に困惑して誰かに聞こうにも雨で人がおらず…。

                    やった見つけた犬の散歩中のオバ様に、倍賞千恵子が映ってる西水門の画像を見せて、

                    「ここですか?」と聞くと、あっさり「こっちは東門ですよ」と…。

                     

                    西に向かってたはずが逆方向に来てた…。

                     

                    でもまぁせっかく東水門に来たので、

                    ついでに喫茶店のマスターが「西だ!」と言った画像を見せて伺うと…

                    「自信はないけど東水門のはずですよ」と仰った。。

                     

                    そこから撮影当時のお話をして頂き、

                    最終的には僕が持っていた傘が小さかったのを見て、

                    「私の傘持っていきますか?」と気遣って頂き…

                    「修学旅行で奈良に行った」って話をf^^;

                     

                    何だかんだで20分くらいお話ししました。

                     

                    で、話を戻して結果的には不幸中の幸いではあったけど…

                    元々は△慮紊頬れきキΝ┃→浦安駅と効率よく巡るつもりが…

                    まぁこれも旅の醍醐味なんでしょうが…。なんせ雨、、、。

                     

                    オバ様に別れを告げ、来た道を戻り歩くこと17分。

                    【浦安町役場跡】に到着した時には相当やる気が無かったw

                    全ての予定をキャンセルしてこのまま奈良に帰ってやろうとも思ったf^^;

                     

                     

                    とまぁ紆余曲折ありながら、当初の予定から大幅に遅れながら浦安を巡ったお話でした。

                     

                    では。また近いうちに会いましょう。

                    5『男はつらいよ 望郷編』ロケ地巡り 浦安編2

                    2018.09.26 Wednesday

                    0

                       

                      昨日に続いて1970年公開

                      『男はつらいよ 望郷編』ロケ地巡り浦安編

                       

                      前回書いたのは

                      ,気らが歩く川沿い【境川西水門付近】

                      △気らが道を訪ねる【猫実の庚申塔】

                      F劼働く豆腐屋さん【堀江フラワー通り付近】

                      い気らと節子が挨拶する【堀江フラワー通り付近】

                      -----------------------------------------------

                      今回は↓↓

                      テ劼さくらを送る途中【境橋】

                      Δ気らと寅が別れる【浦谷町役場跡付近】

                      -----------------------------------------------

                      Ц燦が啖呵売をする【正福寺】

                      ┻師船の停泊シーン【境川東水門付近】作品の中の順番は

                       

                      ●訪れた順番は・・・

                       

                      きキГ鰐集しているので巡るのには非常に楽でした♪

                       

                      では早速。

                       

                      テ劼さくらを送る途中【境橋】

                      もう少しズームしなアカンかってんけど…なんせ雨で面倒くさくてf^^;

                      奥の建物はそのままなのかなぁ。実際見た感じはそう思ったけど…

                       

                       

                      風景が変わってると「場所違うのかな?」って考えてしまう。

                      作中色んなアングルで撮られているからやけど、

                      この【境橋】付近にいた時間が一番長かった。

                      そして「何してるの?」みたいな目で通行人に見られるのも一番多かったf^^;

                       

                       

                      ドラマ版で博役を演じた井川比佐志。

                      作中に近いアングルでも撮ったけど、

                      もろに人様の家を撮ってるみたいになるので自粛。

                       

                       

                      ガードレールが時の流れを物語ってる…。

                       

                       

                      Δ気らと寅が別れる【浦谷町役場跡付近】

                      ちょっとなんのこっちゃ分からん画像になってますがf^^;

                      もう少し奥に行けば近しいアングルで撮れたんだろうけど、

                      立ち入り禁止ってなってるところに入る訳にはいかないわねf^^;

                       

                       

                      ここも雰囲気ががらっと変わってるね…。

                      作中画像の右奥に見えてるのが【浦安町役場】らしいです。

                      現在は民家で碑が立ってるだけとなってました。

                       

                      余談やけど

                      傘を差してこっちに向かってるお姉さんに、

                      びっくりするくらい白い目で見られたf^^;

                       

                      ちなみに最後の時は東に行って戻ってきた頃なので、

                      グッタリしていたw何度「もうえぇかなぁ」って思ったか…。

                       

                       

                      画像も多くなったので今回はここまで。

                       

                      ではヽ(^。^)ノ