今年観た映画の本数。

2018.12.15 Saturday

0

     

    過去に観た二回目以降はカウントしないとして、

    今年ここまでに初めて観た映画の本数を数えてみた。

     

    洋画87本

    邦画92本

    合計179本

     

    俺、どんだけ暇やねんw

     

    「邦画は観ない」と言いながら邦画が上回ってたのが驚き…w

    これは『釣りバカ日誌』を一気に観たからでしょうな。

     

    あと無駄にハマった青春物f^^;

     

    「んなアホな」「恥ずかしい」「気持ち悪い」

    「こんなん誰が金払って観るねん」と文句言いながら観ておりましたw

     

    『男はつらいよ』は昨年一気観したけど、

    ロケ地巡りで訪れる際は予習復習で2,3回観てるから、

    実際に観た映画の総本数は確実に200本超えるよねぇ。

     

    平日でも家帰って2本観て、休みで家に居たら1日中観てるもんなぁ。

     

    改めて

     

    俺、どんだけ暇やねんw

     

     

    今年劇場で観た記憶が数本やから98%Netflix

     

    仮に170本をレンタルしてたら…

    TSUTAYAで旧作100円くらい?

     

    だとしたら17,000円か…。

     

    Netflixが月800円×12ヶ月で9,600円

     

    十分元を取ってるぜ♪

     

    しかも12月からauのプラン変更でパックになって、

    電話代も安くなったから、実質は−1ヶ月分で8,800円!!

     

    って今後も先月まで支払っていた800円を考えたらタダで観てる様なもんやんw

     

    Netflixとauの宣伝がしたい訳ではないけど良いプランやw

    17,8年間au使ってるけど初めて良かったと思えるw

     

     

    今年もあと2週間、、、どうせならキリが良い200本を目指したいねぇ。

     

    あと21本…無理かなf^^;

     

    ではヽ(^。^)ノ

    【映画】評価低いw

    2018.12.14 Friday

    0

       

      2013年アメリカ映画 PG12

      グリフィン家のウエディングノート

       

      セレブ俳優がパーティかで酔っぱらって「何かおもろい映画撮って遊ぼうや」って

      言うて作ったらこんな感じかなwって思える作品映画

       

      同じデ・ニーロ主演の『ミート・ザ・ペアレンツ』に似てるなぁと思ったけど、

      『最高の人生のみつけ方』『ワンチャンス』で脚本を担当した、

      ジャスティン・ザッカムの監督作品。

       

      典型的の下ネタありのドタバタコメディ。

       

      嫌いじゃないグー

       

      デ・ニーロやダイアン・キートン、スーザン・サランドン、

      ロビン・ウィリアムズに目が行きがちやけど・・

       

      酷評した映画『ドリアン・グレイ』主演のベン・バーンズが出てたり、

      『ジュリエットからの手紙』『PAN』のアマンダ・シフライド、

      『顔のないスパイ』のトファー・グレイスなどなど、

       

      僕の中で観た映画に出てた俳優が脇を固めていたので、

      色んな発見があり面白かったね♪

       

      PG12なので民放では無理。編集したら良さが減るし…。

      DVD借りるのは・・・こう言うトタバタが好きな方はアリかもw

       

      そんな感じ。ではバイバイ

       

       

      2018.01.06

       

      【スタッフ】

      脚本:ジャスティン・ザッカム

      監督:ジャスティン・ザッカム

      音楽:ネイサン・バー

       

       

      【キャスト】

      ロバート・デ・ニーロ

      キャサリン・ハイグル

      ダイアン・キートン

      ベン・バーンズ

      アマンダ・セイフライド

      スーザン・サランドン

      ロビン・ウィリアムズ

       

       

      【ストーリー】

      型破りな彫刻家のドンをはじめ、家族中がオープンなグリフィン一家。

      養子である次男アレハンドロの結婚式に実の母親が訪れることになり、

      信心深い彼女の手前、ドンは離婚したエリーと共に結婚式限定で夫婦を装うことに。

      しかし、グリフィン家の面々が隠し持つ秘密が次々と露呈。

      せっかくの計画が見事に崩れてしまい……。 (シネマトゥデイ)

      【映画】ロバーツ×サランドン&ハリス

      2018.12.07 Friday

      0

         

        思いのほか良かった作品映画

         

        1998年アメリカ映画

        グッドナイト・ムーン

         

        簡単に言うと元妻対後妻のお話w

         

        『ホーム・アローン』『ミセス・ダウト』『9か月』のクリス・コロンバス監督作品。

        少し笑えるコミカルなテイストがらしいっちゃらしい安定感抜群の作品。

         

        ジュリア・ロバーツとスーザン・サランドンの大女優W主演に、

        悪い役を演じると右に出る者がいないエド・ハリスが脇を固める。

         

        しかも音楽担当が『スター・ウォーズ』『ジョーズ』『インディ・ジョーンズ』等の

        ジョン・ウィリアムズとこれだけでかなり制作費を使いそうな豪華さキラキラ

         

        なんでしょ…

        この豪華な配役・スタッフなのに派手さのない展開でも十分に楽しめるグー

         

        まぁ元々ヒューマン・ドラマが好きなのもあるやろうけど、

        思った以上に良かったなぁと思える作品映画

         

         

        これまた民放ゴールデンではやらない深夜枠ならあり得る作品。

         

        良かったら是非。ではバイバイ

         

         

        2018.02.15

         

        【スタッフ】

        原案:ジジ・レ・ヴァンジー

        監督:クリス・コロンバス

        音楽:ジョン・ウィリアムズ

         

         

        【キャスト】
        ジュリア・ロバーツ

        スーザン・サランドン

        エド・ハリス

        リアム・エイケン

        ジェナ・マローン

         

         

        【ストーリー】

        ジュリア・ロバーツ&スーザン・サランドン共演のヒューマン・ドラマ。

        NYで活躍するキャリアウーマンを中心に、彼女の恋人、

        そして彼の先妻と子供達が織りなす心の絆を温かい視点で捉えてゆく。

        NYで活躍する気鋭の女性カメラマン、イザベル。弁護士のルークと恋に落ち、

        同棲をはじめた彼女だが、彼には先妻ジャッキーとの間に2人の子供がいた。

        ジャッキーになつき、自分を嫌悪する子供達に気に入られようと、

        孤高奮闘するイザベル。そんなある日、ジャッキーにある運命が訪れた事により、

        彼女たちの中で何かが変わりはじめる……。 (allcinema)

        【映画】やはり好き。

        2018.11.30 Friday

        0

           

          2014年アメリカ・日本未公開作品

          最高の人生のつくり方

           

          好きなロブ・ライナー監督作品♪

          誰がなんと言おうと無条件で好きな作品に入るw

           

          まぁ観る人によっては睡眠の時間になるかも…って内容。

           

          これまで、

          2007年『最高の人生の見つけ方』

          2012年『最高の人生のはじめ方』と来ての

          2014年『最高の人生のつくり方』

           

          この邦題何とかならんのかな…。

           

          原題でみると…

          2007年『The Bucket List』

          2012年『The MAGIC of BELLE ISLE』

          2013年『And So It Goes』

           

          こう見ると『最高の人生〜』って付けているのが気持ち悪い。

          個人的にはこう言う無駄に重たくする題名は嫌い。

           

          これは完全に日本のプロモーター、代理店の戦略ミスやと感じる。

          多分、作品的にもパンチが弱いから日本でもヒットした一作目に

          関連付けたい意図があるんだろうけど、、、それをすると、

          30分ずつのショートムービーみたいになって安っぽくなる。

           

           

          作品の方はロブ・ライナーらしいまったりとした時間が流れるヒューマン・ドラマ。

          やはり好きな作風で映画を観ていて一番癒やされる監督とも言える。

          展開的にはベタドラマの位置づけになるけど、それもまた良いグー

           

          この作品は挿入歌も素晴らしくライナー作品で何度も音楽を担当を任せられるマーク・シャイマンらしいグー

          『ストーリー・オブ・ラブ』でエリック・クラプトンを好きになったり、

          『恋人たちの予感』で、It Had To Be You.を知ったりと、

          ライナー×シャイマンコンビで洋楽を知る事が大変多いから僕にとっては影響力大指

           

          派手さが無い分、ゴールデンでは難しいけど深夜枠なら民放でもありえるかなぁ。って作品。

          DVDは…僕はロブ・ライナー作品はとりあえず買っていたのでレンタルもお勧めするけど、

          大半の方が「暇な映画」と評価するだろうから、手放しでお勧めはしません。

           

          けど、僕は好きw

           

          ではバイバイバイバイバイバイ

           

           

          2018.02.15

           

          【スタッフ】

          脚本:マーク・アンドラス

          監督:ロブ・ライナー

          音楽:マーク・シャイマン

           

           

          【キャスト】

          マイケル・ダグラス

          ダイアン・キートン

          スターリング・ジェリンズ

          フランキー・ヴァリ

          アンディ・カール

          スコット・シェパード

           

           

          【ストーリー】

          “成熟した恋愛”をテーマに描いたラブロマンス。

          笑い合える人生を再び見つけようと心を開いてゆく男の心理を丁寧に描く。

          自己中心的で、周囲からはガンコで変わり者と思われている不動産エージェントのオーレンの元へ、

          疎遠になっていた息子から孫娘を預かってほしいと依頼が来る。

          孫の存在さえ知らなかったオーレンは、9歳の少女に対して戸惑いを隠せず、

          隣人の女性リアに助けを求める。こうして奇妙な3人での生活が始まることになるのだが…。

          (allcinema)

          【映画】酷評。

          2018.11.23 Friday

          0

             

            2004年 アメリカ映画

            イン・ザ・カット

             

            どうしたメグ・ライアン!?って思わず言ってしまう様な作品。

            上映時間120分が長い事長い事…ガーン

             

            設定も中途半端、ストーリーはありきたり…。

             

            僕が観た中でワースト3に入ってくる作品を観てしまった。。

            劇場で1800円払って観たなら『NO MORE 映画泥棒』だけで十分なくらい汗

             

            あえてオチを分かる様に作ってはいないだろうけど、

            結構早い段階でコイツやろうなぁ。と読めてしまうから余計に長い。

            そして中途半端なエロいシーン。あれいるw?

             

            結局どうしたかったのかがイマイチわからなかった作品。

             

            メグ・ライアンは一時から作品選びに失敗している様な気がする…。

            そりゃ顔もいじくり倒したくなるわなぁ。。。んー残念ガックリ

             

            唯一の救いはケヴィン・ベーコンが出てる事くらいかなぁと言いたいところやけど、

            ベーコンの設定も中途半端…。。断ったら良かったのに…。って思うくらい中途半端!

             

            絶対お勧めはしない作品ですな。では寝る

             

             

            2018.02.15

             

            【スタッフ】

            脚本:スザンナ・ムーア/ジェーン・カンピオン

            監督:ジェーン・カンピオン

            原作:スザンナ・ムーア

             

             

            【キャスト】

            メグ・ライアン

            マーク・ラファロ

            ジェニファー・ジェイソン・リー

            ケヴィン・ベーコン

             

             

            【ストーリー】

            ニューヨークで大学講師として働くフラニーは連続殺人事件の犯人のタトゥーを見てしまう。

            彼女の元を刑事が聞き込みにくるが、それ以来、彼女は危険な目に遭うことに……。

            (シネマトゥデイ)

            【映画】スポットライト

            2018.11.16 Friday

            0

               

              日本での興行収入は4.4億円。

               

              2015年アメリカ映画

              スポットライト 世紀のスクープ

               

              こう言うドキュメンタリー系は大好物でございますね。

              同じ報道の話しで言うと『ニュースの天才』みたいな作品映画

               

              カトリック司祭で児童に対しての性的虐待。

              隠蔽をスクープする段階で色んな圧力がかかる。

              って話で実際にあった事件。

               

              なかなか熱心に通うって事のない日本だとどれくらいの衝撃さかは分からないけど、

              なんでしょ…教育委員会ぐるみで性的虐待・捏造があった…って感じ?

              それでも世界には波及しないだろうが…。それの全世界規模に置き換えれば分かりやすい?

               

              実際に起きた事件を記事にするまでの取材過程を描いているので、

              派手な爆発や銃撃戦も無く淡々と展開されるのでドンパチが好きな人には暇な作品。

               

              それでも報道現場レベルの苦悩・葛藤が垣間見れる。

               

               

              さて、この作品の音楽担当ハワード・ジョアも有名作品を担当している。

               

              『羊たちの沈黙』『ロード・オブ・ザ・リング』や僕が観た中では…

              『フィラデルフィア』『ミセス・ダウト』『ヒューゴの不思議な発明』など

              サスペンスと言うか不安を煽る系には長けているのかな?

               

              映画音楽、サントラの重要性を改めて感じたところで締めますが…

              この作品、民放ではまず厳しいだろうからCSかDVD…。

              んー興味ある・なしに別れると思うので、何が何でもってところまではいきませんな。

               

              ではバイバイ

               

               

              2017.11.25

               

              【スタッフ】

              脚本:マイケル・シュガー/スティーヴ・コリン

              監督:トム・マッカーシー

              音楽:ハワード・ジョア

               

               

              【キャスト】

              マーク・ラファロ

              マイケル・キートン

              レチェル・マクアダムス

              リーヴ・シュレイバー

              スタンリート・トゥッチ

               

               

              【ストーリー】

              2002年、ウォルターやマイクたちのチームは、「The Boston Globe」で連載コーナーを担当していた。

              ある日、彼らはこれまでうやむやにされてきた、神父による児童への性的虐待の真相について調査を開始する。

              カトリック教徒が多いボストンでは彼らの行為はタブーだったが……。 (シネマトゥデイ)

              【映画】元々は仏国の事件

              2018.11.09 Friday

              0

                 

                1993年アメリカ映画

                ジャック・サマースビー

                 

                16世紀のフランスで実際あった事件を舞台にした作品を、

                南北戦争直後のアメリカに置換した作品。

                 

                戦争で死んだと思った夫が帰ってきたら容姿は一緒やのに別人格になってた!

                本当の夫なの?偽物なの?って作品。

                 

                 

                面白いか否かで言うと……その日の気分によって変わりそうな作品汗

                淡々と展開されていると思って気を抜くと布石が隠さてるのかなぁとも思えたらり。

                 

                簡単に言うと小難しい。。入口が入り易いだけに…どうやろw

                 

                最後に究極の二択みたいなのになるんやけど…やっぱり微妙かなぁ汗

                 

                監督のジョン・アミエル作品で知っているのは『エントラップメント』くらいかな。

                って振りかえってみるとやはり微妙な感想を抱いてた様で…僕は好きな監督さんではないかな。

                 

                まぁ気になったらどうぞ。ってくらいの作品。ではバイバイ

                 

                 

                2018.01.03

                 

                【スタッフ】

                脚本:ニコラス・メイヤー/サラ・カーノチャン

                監督:ジョン・アミエル

                音楽:ダニー・エルフマン

                 

                 

                【キャスト】

                リチャード・ギア

                ジョディ・フォスター

                ビル・プルマン

                モーリー・チェイキン

                レイ・マッキノン

                R・リー・アーメイ

                 

                 

                【ストーリー】

                ジェラール・ドパルデュー、ナタリー・バイ主演のフランス映画の米版リメイク。

                南北戦争にかりだされ何年かして妻子の元に戻ってきた主人のジャック・サマースビー。

                しかし顔かたちも同じだが妻はどうしても彼が本当の主人であるとは信じられないでいた……。

                (allcinema)

                【映画】興行的には失敗?

                2018.11.02 Friday

                0

                   

                  2015年アメリカ映画

                  『ザ・ウォーク』

                   

                  『フォレスト・ガンプ』『BTTB三部作』『キャスト・アウェイ』『フライト』

                  で有名なゼメキス監督作品なんやな汗

                   

                  日本で2016年公開で興行収入は2億円…

                  ちなみに同じ2016年『君の名は』243億円。

                  結構なプロモーションをしていたから、そう考えると日本では失敗…。

                   

                  文字通り”手に汗握る”ハラハラドキドキさせられる感じは、

                  映画の醍醐味で王道だと思うので個人的には好き頑張る

                  また実話を基にしているからリアリティもあるし、CGもリアリティがあって良い。

                   

                  目的に向かっての葛藤とか人が引っ付いたり離れたり、

                  ワガママやったり反省やったり…綺麗ごとだけじゃない所も良い。

                  と、言うあこの目的自体犯罪行為やから…是とは出来ないけど汗

                   

                  派手なプロモーションをしている映画は極力避ける傾向にあって、

                  これもNetflixで配信されてたのは知ってたけど、観なかった作品映画

                   

                  でもDVD借りてまで観たか?と聞かれれば…ハードルが高かったかな。

                  それでも、あと1枚何か借りる…には入れても良いかも指

                   

                  民放ゴールデンでは一部カットされるか、翻訳の言葉を変えてならあるかもねぇ。

                   

                  機会があれば是非。ではバイバイ

                   

                   

                  2017.10.15

                   

                  【スタッフ】

                  脚本:ロバート・ゼメキス/クリストファー・ブラウン

                  監督:ロバート・ゼメキス

                  原作:フィリップ・プティ

                   

                   

                  【キャスト】

                  ジョセフ・ゴードン=レヴィット

                  ベン・キングスリー

                  シャロット・ルボン

                  クレマン・シボニー

                  ベン・シュワツル

                  スティーヴ・ヴァレンタイン

                   

                   

                  【ストーリー】

                  1974年。

                  フランス人の大道芸人フィリップ・プティは、誰も考えついたことのない挑戦をすることに。

                  それはニューヨークのマンハッタンにそびえ立つ2棟構造の高層ビル、

                  ワールド・トレード・センターの屋上と屋上の間にワイヤーロープを張って

                  命綱なしで渡っていくというものだった。そして、ついに決行の日を迎えるフィリップ。

                  地上110階の高さに浮いているワイヤーを、一歩、また一歩と進んでいく彼だったが……。

                  (シネマトゥデイ)

                  【映画】僕は嫌いじゃないけど…

                  2018.10.26 Friday

                  0

                     

                    2011年アメリカ映画

                    『顔のないスパイ』

                     

                    スパイ自体顔どころか存在を隠すもんなんやから、

                    顔があったら困るんやけどなぁと思いつつ…。

                     

                    リチャード・ギア主演なのであれですが…結果的にかなりのB級映画要素満載w

                     

                    でも僕は嫌いじゃない笑顔

                     

                    見せ場は・・・あったんやろうけど特に驚く事もなく、

                    オチも「はいはい。やっぱりねー」って感じやけど、

                    それでも話自体はつまらなくはないので良いと思う。

                     

                    民放ではやらないだろうが…。

                     

                    近年のリチャード・ギアは政治的思惑があるのか良い作品に恵まれてないね。

                     

                    この時60歳で今年は68歳。第一線は難しいやろうけど、

                    親日家の俳優さんまた大ヒット作品を観たいですな。

                     

                    てなところで、ではバイバイ

                     

                    2018.01.26

                     

                    【スタッフ】

                    脚本:マイケル・ブラント/デレク・ハース

                    監督:マイケル・ブラント

                    音楽:ジョン・デブニー

                     

                     

                    【キャスト】

                    リチャード・ギア

                    トファー・グレイス

                    マーティン・シーン

                    スティーヴン・モイヤー

                    クリス・マークエット

                     

                     

                    【ストーリー】

                    ある晩、ロシア寄りのアメリカ上院議員が暗殺され、

                    その手口からすでに死んだはずのソビエトの殺し屋「カシウス」の名前が挙がる。

                    CIA長官(マーティン・シーン)は、誰よりも伝説の暗殺者に詳しい

                    元諜報部員ポール(リチャード・ギア)を呼び戻し調査を依頼。

                    カシウスに魅了された若手FBI捜査官ベン(トファー・グレイス)と手を組ませる。

                    (シネマトゥデイ)

                    【映画】ルーム

                    2018.10.19 Friday

                    0

                       

                      2015年カナダ・アイルランド合作作品

                      ルーム

                       

                      実際の監禁事件をモデルに構成されているらしく、

                      『アメリカン・クライム』みたいなんを想像して覚悟決めて観たけど、

                      かなりソフトにマイルドに展開され非常に観やすい。

                       

                      テンポも良いから上映時間2時間も気にならず観られる♪

                       

                       

                      幸い出演陣も全く知らなかったので先入観も無く観れたねグー

                       

                      でももう一回観たいかと聞かれたらNO。

                      観やすいのと面白いのは別w

                       

                      もう少しリアリティと奇抜さみたいなのがあればなぁと感じた作品。

                       

                      ではバイバイ

                       

                      2018.01.26

                       

                       

                      【スタッフ】

                      脚本:エマ・ドナヒュー

                      監督:レニー・エイブラハムソン

                      原作:エマ・ドナヒュー

                       

                       

                      【キャスト】

                      ブリー・ラーソン

                      ジェイコブ・トレンブレイ

                      ジョアン・アレン

                      ショーン・ブリジャース

                      ウィリアム・H・メイシー

                      ウェンディ・クルーソン

                       

                       

                      【ストーリー】
                      エマ・ドナヒューの小説「部屋」を、『FRANK −フランク−』などのレニー・アブラハムソン監督が映画化。

                      7年間も密室に監禁された女性が、そこで生まれ育った5歳の息子のため命懸けで脱出に挑み、

                      長い間世間から隔絶されていた彼らが社会に適応していく過程を描く。

                      主演は、『ショート・ターム』などのブリー・ラーソン。生まれて初めて外の世界に触れた息子の戸惑いを、

                      子役のジェイコブ・トレンブレイがみずみずしく演じる。 (シネマトゥデイ)