謎が謎を呼ぶ。旧有漢村

2018.11.28 Wednesday

0

     

    オカンの出生地である岡山県の旧有漢村に訪れる経緯を長々と書いたけど

    今回は有漢村に訪れた話の前振りw

     

     

    オカンと伯父の話を聞いて疑問に思ったお話。

     

    徳島生まれの祖母と大分生まれの祖父が

    どこで出会って、なぜ岡山で二人の子供を産んで一旦祖父の田舎に戻り…

    正確には間に淡路島に一瞬いたそうな。そこから大分、徳島、大阪と転々としていたのか。

     

    婆ちゃん子だった割には何も知らず聞いた事が無い。

    唯一「あんたには戦国武将の血が流れてるんやで」の一言。

    これも昔調べ、その武将の博物館にも調べてもらったけど、

    分家の分家の分家、さらに分家からの養子に行ったくらいのレベルで調べられず。

     

    曾祖父、高祖父の戸籍を取れたら遡っていけるんやけど個人では限界がある。

     

    色々と謎が多い祖母。

     

    その足跡をほじくり返してやろう。ってのが今回の主旨。

    多分、生きていたら怒るだろうなぁと思いつつ突っ走ってみた。

     

     

    結論から言うと…

    祖父母の結婚の経緯は分からず。

    何故岡山か…転々としたかは少し分かった気が…。そんなところ。

     

     

    ■オカンの情報を整理すると…

    ・戸籍に書かれた出生の住所が有漢村。

    ・何故か番地末尾が伯父の7に対しオカンが8で1つ違い。

    ・古い写真が7枚だけ残っており有漢だと思われる。

     

     

    ■伯父の記憶を整理すると…

    ・川の近くに住んでた

    ・米突き水車にイタズラし大問題に。それが原因で岡山を離れた?

     

     

    ■両者の父である、僕の祖父の記憶に関しては…

    ・酒乱であった事(大阪での記憶)

    ・何の職業か分からないが、お参りみたいな事をしていた。

     

     

    ■両者が共通して言うのは

    ・父母(祖父母)の自由奔放な性格を考えると、問題を起こして住めず転々としたのでは?

    ・婆ちゃんが何も言わなかったのは、良い思い出・良い事が無かったのでは?

     

     

    これらを踏まえて、

    オカンは「訪れても良いが一切誰にも聞くな」と念を押してきた。

    「オッケ〜」と言いながら、せっかく出生地の現住所が判明しそこに住んでる方がいる。

    しかもたまたま岡山に行くタイミングでそれがわかった…

    「普通、聞くでしょ?」と心の中で呟き、訪れたのが10月21日のお話。

     

     

    今回はここまで。次回で終わる予定w

     

    ではヽ(^。^)ノ

    優勝の要因は?

    2018.11.27 Tuesday

    0

       

      二大会連続優勝。特に先日の優勝の要因は…

       

       

      神采配!

       

       

      と、胸を張って言いたいところやけど…

       

       

      一週間前から何度も何度も何度も考えたスタメン。

      珍しく前も持ってオーダー票に記入したスタメン。

      エース竹田が欠席する中、被害を最小に抑えられるはずのスタメン。

       

      それが、当日8時2分の着信で脆くも崩れるw

       

      まぁ済んだ事やし、本人もかなり反省して落ち込んでたので責める気もないけど、

      元々先発を任せようと…なんなら志願の先発。なんとかこれで準決勝を凌ごうと…

       

      試合開始ギリギリに到着と言う事で、さすがに先発は回避。

       

      先発は無理でも守備と打撃では貢献できるだろう。と思って、

      急きょ遊撃に変えてメンバー票に書いたものの、

      それも間に合わず試合開始と同時に選手交代…。

       

      そのドタバタ劇の中で、投手は元々決勝戦用に…

      それも失礼ながら消去法で…温存させようと思ってた選手に、

      試合開始10分程前に「投げてくれ」と告げた。

       

      試合開始と同時にカードが1枚なくなり残る試合に出れるメンバーは怪我の僕のみ。

       

      采配もへったくれもないw

       

       

      急きょマウンドの投手は幾度となく訪れるピンチを乗り越え、

      急きょ守備についた選手は繋ぎの打撃を見せてくれ…何とか勝利。

       

      続く決勝戦も、

      結果的に元々準決勝に投げる選手を一度も使う事なく温存出来たおかげで、

      驚く程の快投を見せ1-0の完封勝利♪

       

       

      この結果と元々の僕自身が考えていたオーダーと照らし合わせてみると…

       

      気合いの入りすぎた志願の先発投手では準決勝勝てなかったかも…。

      急きょマウンドに上がらされて良い意味で開き直れて良かったのかも…。

      準決勝出れずに結果的に懲罰となり決勝で「取り返そう」と奮起した快投なのかも…。

       

       

      俺なんもしてないやんf^^;

       

       

      いつか武尊に言われた

       

      ”何もしてないやん”の一言が虚しくも重たくも圧し掛かる…。

       

      家に帰れば、何枚も書き直したメンバー票の三枚模写の紙が残る。

      神采配と言うか、薄っぺらの紙采配…。

       

      どうせ欠席したメンバーはこのドタバタ劇を知らん訳やから、

      元々予定したオーダー通り。って事にしておこう。

       

      バレやしないw

       

       

       

      そんなお話。ではヽ(^。^)ノ

      [大会]2018年11月25日(日)対アングリーモンキーズ戦

      2018.11.25 Sunday

      0

        キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人

        キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人

        優    勝

        キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人

        キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人キラキラ人

         

        scrapers 1 - 0 アングリーモンキーズさん

        [勝]小鹿 4勝1S

         

        朝から休憩を挟んでの二試合、お疲れさんでしたm(_ _)m

         

        皆さんよう踏ん張りましたね♪脱帽でございます(^^♪

        特に、準決勝の武尊、決勝の小鹿っちとナイスピッチングでした!

         

        しかも2大会連続優勝のオマケ付き!!!!

        チーム史上初の快挙でございます♪♪♪♪

         

        特に決勝戦は僕の中ではベスト3に入る緊張感のある好ゲームでした(^^♪

         

        今日の二試合で今年も30試合到達!最低目標達成でございます( `ー´)ノ

        なんかWで喜ばしいですね。

         

        今季残り数試合、もう少し頑張りましょう♪

         

         

        では。

        [大会]2018年11月25日(日)対ディーメーカーズ戦

        2018.11.25 Sunday

        0

          scrapers 6 - 3 ディーメーカーズさん

          [勝]武尊 3勝1敗

           

          朝からバタバタしましたが準決勝お疲れさんでした。

          結果、そのバタバタが間違っていた采配を正してくれたのかも知れませんな♪

           

          とりあえず…決勝へ。

          【映画】酷評。

          2018.11.23 Friday

          0

             

            2004年 アメリカ映画

            イン・ザ・カット

             

            どうしたメグ・ライアン!?って思わず言ってしまう様な作品。

            上映時間120分が長い事長い事…ガーン

             

            設定も中途半端、ストーリーはありきたり…。

             

            僕が観た中でワースト3に入ってくる作品を観てしまった。。

            劇場で1800円払って観たなら『NO MORE 映画泥棒』だけで十分なくらい汗

             

            あえてオチを分かる様に作ってはいないだろうけど、

            結構早い段階でコイツやろうなぁ。と読めてしまうから余計に長い。

            そして中途半端なエロいシーン。あれいるw?

             

            結局どうしたかったのかがイマイチわからなかった作品。

             

            メグ・ライアンは一時から作品選びに失敗している様な気がする…。

            そりゃ顔もいじくり倒したくなるわなぁ。。。んー残念ガックリ

             

            唯一の救いはケヴィン・ベーコンが出てる事くらいかなぁと言いたいところやけど、

            ベーコンの設定も中途半端…。。断ったら良かったのに…。って思うくらい中途半端!

             

            絶対お勧めはしない作品ですな。では寝る

             

             

            2018.02.15

             

            【スタッフ】

            脚本:スザンナ・ムーア/ジェーン・カンピオン

            監督:ジェーン・カンピオン

            原作:スザンナ・ムーア

             

             

            【キャスト】

            メグ・ライアン

            マーク・ラファロ

            ジェニファー・ジェイソン・リー

            ケヴィン・ベーコン

             

             

            【ストーリー】

            ニューヨークで大学講師として働くフラニーは連続殺人事件の犯人のタトゥーを見てしまう。

            彼女の元を刑事が聞き込みにくるが、それ以来、彼女は危険な目に遭うことに……。

            (シネマトゥデイ)

            はっきりとすっきり

            2018.11.22 Thursday

            0

               

              久し振りにうちのFAMILY HISTORY続き続き続き続きの続き。

               

              オカンが実際に通ったかどうか、その当時の資料が消失し落胆をしていたら

              肝心なところで確信をつかめない…ところまで聞きました。

              今回で回想禄は一旦終了で、次回はオカンの生誕地である有漢に訪れた話。

               


              ■二つ目の駆け込み”寺”

              落胆しているとご住職の奥様が「旧姓はなんと仰るの?」と。

               

              ここである事を思い出す。

               

              大分は僕の会った事のない祖父の田舎で、そこに住んでたと言うものの、

              祖父は祖母に婿養子に入ったので、実家に住んでながら祖母の姓での生活をしてた。

              僕が電話で聞いた名前はオカンの旧姓、つまり祖母の苗字。

               

              念の為祖父の旧姓をお伝えしたところ…

              「あ〜〇〇さん。その苗字の方でしたら寺から5分程の■■と言う地区に昔から住んでますよ」

               

              ????

               

              個人情報の観点でその住んでおられる方の詳しい事は聞かなかったけど、

              オカンの記憶【子供ながらに幼稚園が近いと感じた】にも一致する…。

               

              オカンが3,4歳頃から5歳くらいまで住んでいたのはここで間違いないだろう。と

              確信し、奥様に御礼を言って電話を切る。

               

              信仰心もないし、うちの宗派すら分からないけど、

              改めてお寺のコミュニティは凄い文化だと思った二つのお寺。

               

               

              ■伯父の記憶と一致?

              6歳くらいまで住んでたであろう【有漢村】の記憶がほぼなく、

              失礼ながらお世辞にも役にたたなかった伯父さんに、

              さすがに小学校の記憶はあるだろうと大分の話を聞こうと電話。

               

              伯父さんの記憶…一言「覚えてない」・・・・。

              もう60年近く前のお話。記憶に無いものかなぁ。と困ってたら、

              しきりに「びわの木」「びわの木の前を通った」「びわを採った」

               

              やはり当てにならない伯父さん。

               

              でもこれが後でキーになる。

               

               

              ■報告

              オカンから散々「お寺に電話するのは止めてくれ」と言われたけど、

              それを無視して電話した事、伯父さんの記憶の結果を報告。

               

              怒られるかと思ったけど意外と怒られず…

               

              通ってた幼稚園・お寺、アイスキャンディ屋さんがあった事、

              オカンの父(僕の祖父)の親類と思われる方が今も住んでる事、

              それが幼稚園から5分ほどの距離で橋を渡りアイスキャンディ屋さんを通る事。

              あと、伯父さん一押し?の「びわの木」・・・これはオカンもスルー。

               

              これらを可能な限り、ストリートビューをスクショして送信。

               

              整備されてアスファルトにもなり、昔と変わっているのか、

              やはりオカンは鮮明に覚えていなかったものの、オカンがある物を発見する。

               

               

              お察しの通り【びわの木】

               

              これが伯父の言うそれにあたるのかは不明やし、

              当時からの物が残ってるとも思えないけど、偶然にしては出来過ぎ。

               

              それにここまで調べた僕より、伯父に全てを持っていかれた気がして…何かイヤw

               

              それでも伯父が6〜7歳頃、オカンが3,4〜5歳頃を過ごした。

              さらには、会った事のない祖父の生まれ育った場所がほぼ判明したと思える。

               

              あとは現地に行って実際にその住んでおられるかたに聞いたり調査したいところやけど、

              祖父母は離縁しているので、オカンは「それだけは絶対アカン」と言う…。

               

              でも訪れたいとは言っているので、その内大分県を訪れる。

               

               

              今回、紆余曲折したもののネットより、やはり人様の情報がより確かで安心できる。

              その反面、人の記憶が曖昧でネットで現物が見れる便利さ正確さ両局面を見た気がする。

               

               

              長々とお付き合い頂いた方ありがとうございました。

               

              次回は実際に訪れた旧有漢村のお話。

               

              ではヽ(^。^)ノ

              やんわりからはっきり

              2018.11.20 Tuesday

              0

                 

                久し振りにうちのFAMILY HISTORY続き続き続きの続き。

                 

                旧住所を住所変換サイトで調べた現住所の画像をオカンに見せ、

                なんともスッキリしない返答だったのが前回。

                 

                 

                ■恥を忍んで

                「ここと言われればここ、違うと言われれば違う」

                そう言われると、何の縁もない僕にとっては成す術がなくなる。

                 

                ただ直感的に、ここではないんだろう。と思ったし、

                ここまでくると僕も気になって仕方がないので、

                微かに残る記憶「通っていた幼稚園がお寺だった」を信じて、

                住所変換サイトで検索した現住所近くのお寺に電話してみる事に…。

                 

                 

                ■駆け込み”寺”

                とりあえず気になり決めたら突っ走る傾向にある僕。

                頭の中を整理もせずに現住所と思われる近くにあった【泉慶寺】に電話。

                 

                ご住職の奥様が応対して下さり、何を言って何を聞いたかも覚えてないくらい、

                僕のしどろもどろの説明と質問を必死に理解しようとして下さった。

                 

                意味不明な質問を静かに聞いていた奥様が一言「当時の住所わかりますか」

                 

                ……あf^^;

                 

                シンプルに「この住所ってこの辺りですか?」と聞けば、5分くらいで済んだのかもw

                 

                いや、でもいきなり電話して昔の住所から「ここってどこですか?」って聞くのも変。

                逆の立場なら、どこのどいつかも分からん奴に答える訳もないし「知りません」って切る。

                 

                にも関わらず、奥様は物凄く親切・丁寧に細かく教えて下さり、

                残念ながらオカンが言ってた「幼稚園がお寺」に該当はしなかったけど、

                幼稚園を運営されているお寺を教えて下さった。

                しかも当時の住所から「そこで間違いない」との事で、

                そのお寺の電話番号を聞き御礼を言って通話終了。

                 

                駆け込み寺とはよく言ったもので、今回この泉慶寺さんに救われた。

                 

                 

                ■ここかも…

                今度は頭の中を整理して泉慶寺さんに教えて頂いた番号に電話…

                夕方だったせいか繋がらず…翌日午前・午後と電話するも繋がらず…。

                 

                とりあえずここで止まる訳にもいかないので、

                残念ながらお寺の前まではストリートビューではいけなかったものの、

                お寺のある路地の入り口・路地の反対側・お寺の近くの橋(整備され国道に)

                スクショしオカンに送信すると間髪入れずに…「この辺りかも」と前回とは少し違った返事がくる。

                 

                ハッキリとした記憶がないだけに確定させる自信もないんだろうけど、

                前回とは違うニュアンスでの返事に変な感触はありもう少しストリートビューで散策。

                 

                明らかに最近整備された橋をズームした奥、一段下がったところに古びた橋があり、

                お寺側からみたらその橋の先には個人商店らしき赤い屋根の建物も見える。

                 

                ここのスクショも送ってはみるものの、ハッキリとここ!とは言わないどころか、

                最初の「ここと言われれば…」と煮え切らない返事に変わりこの日は断念…。

                 

                 

                ■ここ!

                翌日になり再度、泉慶寺に教えて頂いたお寺へ電話しようやく繋がり、

                こちらもご住職の奥様が応対して下さる。

                 

                半ば”繋がらない”と思って電話したので、こっちがびっくりしたけど、

                精一杯怪しくない事をアピールしつつ事情を説明し要点を絞って伺ってみた。

                 

                Q.60年前程に幼稚園をされていたか?

                A.当時も現在も幼稚園を運営している。

                 

                Q.女性の園長か?

                A.今は違うが当時は義母が園長で今も生きている。

                  が、認知症を患い当時の記憶が話せない。   

                 

                Q.近くにアイスキャンディ屋さんはあるか?

                A.橋を渡ったところに通称「キャンディ屋さん」と呼ばれていた店があった。

                  女主人であるお婆ちゃんはまだ生きておられ元気である。

                  橋を渡った赤い屋根で間違いない。

                 

                 

                Q.近くで造船所、または船造りをしていたか?

                A.昔、盛んとは言わないが生業にしていた。と聞いた事がある。

                 

                ここまではオカンの記憶とほぼ一致、と言うか記憶通り。

                最後に確信にせまる質問。

                 

                 

                Q.〇〇と言う人物が通っていた資料はあるか?

                A.1970年代に火事に遭い古い資料は消失し昔の写真が数枚程度で分からない。

                 

                なぜ僕の人生ってこうも最後の最後で決めきらないのか…電話中でありながら、

                あからさまに落胆していたであろう僕に奥様が、こう続けた…。

                 

                 

                 

                ってところで今回はここまで。

                 

                イライラする続け方ですなwすみません。

                 

                ではヽ(^。^)ノ

                [大会]2018年11月18日(日)プラネッツ戦

                2018.11.18 Sunday

                0

                   

                  scrapers 7 - 3 プラネッツさん

                  [勝]隆晟 7勝1敗2S

                  家でゴロゴロしてるのも疲れるので行きました。

                  皆さん心配してくれてありがとう。

                   

                  やっぱ見てるだけでも楽しいね♪

                   

                  ただ結果試合には出ていないやろうけど、

                  自分で出ないと決めるのと、試合に出れない。とでは気持ちが違うよねぇ。

                   

                  さておき、試合の方は…よう負けなかったなf^^;

                   

                  事前の声かけとか出来る事しっかりやっておきましょう。

                  この試合に限ってはそれだけで2点は防げたはず。

                   

                  これで今年28試合目。残り2試合+α。

                   

                  このまま楽しくやりましょう♪

                   

                  ではヽ(^。^)ノ

                  [親睦]2018年11月04日(日)対ストラッグルズ戦

                  2018.11.18 Sunday

                  0

                     

                    scrapers 10 - 0 ストラッグルズさん

                    [勝]隆晟 6勝1敗2S

                     

                    急きょ欠席にしてすみませんねぇ。

                    また更新遅くなりすみませんねぇ。

                     

                    てな訳で11月4日、ぬかりなく試合出来たみたいで良かった♪

                     

                    細かい話は聞いてないので、なんとも言えませんが、

                    僕の悪口言ってた奴は聞いてますw

                     

                    冗談さておき、失策なしの完封勝利ってのが素晴らしいねヽ(^。^)ノ

                     

                    そんなところかな。では。

                    すんなりとやんわり

                    2018.11.17 Saturday

                    0

                       

                      久し振りにうちのFAMILY HISTORY続き続きの続き。

                       

                       

                      僕が聞かされていたオカンの幼少時代の話は大分時代から。

                      ・海の近くでナマコを獲った。

                      ・綺麗な海だった。

                       

                      この程度のお話。

                       

                      そして今回聞かされたのは…

                      ・大分は祖父の田舎である事

                      ・幼稚園まで大分にいた事

                      ・その幼稚園はお寺であった事

                      ・子供ながらにお寺と家が近いと思った事

                      ・橋を渡ったお店でアイスキャンディを買ってもらった事

                      ・曾祖父は船を造りに行ってた事

                       

                      そして終始悩ませてくれる昔の住所。

                       

                       

                      ■こっちが気になる!

                      一番初めに書いた様に、僕が高梁市に行くタイミングで、

                      オカンが現在の高梁市生まれであると知ったのが何か偶然とは思えず、

                      【有漢村】について調べると告げて自宅に戻ったら一通のLINEが…。

                       

                      「そんな記憶にないところより、記憶にあるこっちが気になる」と…

                      続いて【大分県東国東郡富来村】の住所が届く。


                      婆ちゃんの足跡が知りたくて調べようと思ってるんやけどなぁf^^;

                      と思いつつ、これも足跡ではあるので【有漢村】と同時進行で調べる。

                       

                       

                      ■やっぱり旧住所の壁

                      有漢村と同じく旧住所の壁にぶちあたる。

                      東国東郡なんてとっくにないし、そもそも何て読むのかすら分からんし。

                      そんなレベルからスタート。

                       

                      ただ有漢村と違ってオカンの記憶が微かに残っていると言う点は違う。

                       

                      そしてやはりWikipediaであっさり現在の市町村が分かり、

                      大分県国東市に改編されている様子で富来の地名も残っている。

                       

                      ここまでは誰でもすんなり到達できる。

                      改めて前々回で書いた事を言うと、このネットで中途半端に検索できることに惑わされる。

                       

                       

                      ■やっぱり謎の住所変換サイト

                      これまた前々回に登場した”住所変換サイト”

                      【有漢村】で変換した時に信じなかったのは【富来村】のおかげ。

                      変換作業をしたのがこっちが先と言う事もあり変換結果を鵜呑みにしてしまう。

                       

                      それでも結果的には大きな前進となったので良かったのかも知れない。

                       

                      検索結果を基にgooglemap、ストリートビューを見てみる。

                      オカンの記憶である【海の近く】ではないものの、お寺は近くにある。

                       

                      スクショしオカンに送信してみると「ここと言われればここ。違うと言われれば違う」

                      何とも煮え切らない返事が返ってくる。

                       

                      全く知らない僕が「じゃここで」とも言える訳もなく…調べる事への限界を感じつつ…。

                       

                       

                      今日はここまで。では。