特に意味はない。

2017.12.06 Wednesday

0


    物売りをしているのが一番幸せで向いていると最近特に思う。

    仕入先ー会社ー自分ーバイヤーー販売店ー消費者。

    バイヤーさんと話す時は緊張もしたけど、何か楽しかった。

    問屋相手の営業を少しやってたから、余計に直接話す事のスピード感とか影響力とか刺激的やった。
    それだけに自分の売上のプレッシャーより「売れんかった」って言われる怖さ、

    プレッシャーが半端なかった。

    リサーチ能力も先見の明も無く、感覚だけで生きてる僕があんな仕事をしてたと思うと怖くなる。

    それだけに「売れたわー」って言われた時の快感を味わうと次も次もってなるし、

    また競合他社の営業マンから疎まれる程嬉しいものは無かったし、

    それがまたマークされ徹底的に潰しにこられいじめられ倍以上返しに合うw


    営業しか知らんけど、結果的に営業は楽しいと思える。

    辛いのは売上落として怒られるよりも、

    他社に取られる事よりも先方の倒産。

    幸い他の営業の方より、いわゆる引っ掛かった額や件数は少なくトータル3件くらいかな。

    その中で辛かったのは関西を拠点にしていた小売店さん。

    新規開拓して少しずつ売上も伸びていたし信用調査も

    特に問題無かったにも関わらず別事業が足を引っ張り…。

    担当者として微妙な変化に気付かなかった点は会社に対しての責任は大きい。

    結局数十万円の損失を被ったわけで。

    それとは別に先方の弁護士から通知が来て伺い、

    会社からは回収できるまで帰ってくるなと言われたのもあり、

    説明が終わっても会社の前で待って、他社が帰るのを見送っているだけ。

     

    見かねて?迷惑やから再度事務所に通してもらったところで、

    先方は「支払えません」って頭下げるだけやし

    「社員への給料も払えなくて」って泣き出すし…。

    結局、半分は回収できて会社にはとりあえず褒められたけど、

    人生で一番褒められて嬉しくなかった。

    倒産した事についてはもちろん僕が悪い訳ではないし、

    慈善事業ではないから対価として回収するのは当然。

    けど、もっと注意深く見て変化に気付いて出荷制限するとか出来たら、

    僕みたいな若造に涙ながらに頭下げずに済んだんかなぁって思うと胸が痛くなる。

     

    思えば営業で一番辛い一瞬やったかも。

     

    ではバイバイ

    1つの懸念。

    2017.12.04 Monday

    0

       

      当時を振り返るに当たり
      1つ懸念、後悔と言うか、気になってる事がある。

      某ドラッグストアーの窓口やったI氏の事。

      僕が開拓し意気投合して協力的に動いて下さった事は物凄く感謝してるんやけど、

      当時、こちらからの支払いをトラブル防止の為、現金から振り込みに変えましょう。

      って事に会社としてなって交渉したけど、I氏だけは頑なに現金にこだわった。

      当然、僕はそんな事一切しなかったけど、あの仕組みは管理していた僕を含めて、

      配送ドライバーや営業所・顧客であるチェーン店の窓口担当者含め少しでも関係する人間は

      誰でもポケットに入れる事が出来た。

      会社から何度も何度も振り込みに変えてもらう様に言われてたけど、

      I氏は様々な理由をつけ拒み、僕が東京に転勤して間もなくその会社を去った。

      そればかりか教えてもらっていた個人携帯も繋がらず音信不通になった。

      ひょっとしたらピンはねしていたのかも知れないし、

      そうであれば僕にも容疑をかけられ調べられてもおかしくない。

      幸い領収書だけはキチンと貰って管理していたので会社から「キチンと渡したな?」の問いで済んだけど、

      結局I氏が突然辞めた理由は何やったんやろか。

      しばらくして職が変わり新規開拓の名目でその会社を訪れ聞いてみたけど結局謎のまま。

      もしお金がらみなら、無理矢理にでも振り込みに変えてもらうべきやったのかも。

      今どうされてるんやろうか。未だに少し気になる。

       

      では礼

      どこから来てるのか。。

      2017.12.02 Saturday

      0

         

        仕事が

        楽しいか?

        楽しくないか?

         

        の質問から、

         

        その(僕の)発想はどこから来ているのか?

         

        と聞かれ・・・。

         

         

        こんなもん、僕の性格や生まれ育った環境じゃないんかなぁって思うし、

        優れた営業マンは楽しい・楽しくない関係無く淡々と売上を達成し、

        得意先の好き嫌い言わず戦略を立て実行するんやろうけど…。

         

        僕にその淡々さは無いし…あったところで…も想像できない汗

         

         

        でも、昔ワタミの渡邊美樹当時社長の本に書いていた言葉は留めてるかなぁ。

        違う人の言葉を引用したのかは知らんけど土日休みだとしたら、

        7日のうち5日が仕事で2日が休日なら、どっちを楽しくした方が有意義か?

        って事ですわ…。まぁ出来ていないから困るんやけどw

         

        まぁ”楽しむ”ってのは極端で人其々の価値観やからねぇ。

         

        こんな当たり障りの無い、面白みの無い返事しか出来ないなぁw

         

        ではバイバイ

        ふと…。

        2017.11.29 Wednesday

        0

           

          何故、こんな思い出話を急に書きだしたかと言うと…。

           

          中ちゃんに聞かれた何個かの質問に答えられなかった、と言うか…

          考えさせられたと言うか…振り返るキッカケを作られたと言うか…。

           

          まぁそんな感じ。

           

           

          周りから僕は「仕事が好き」「楽しそう」って思われてたみたい。

          これは大体どこでも言われるかな笑顔

           

          そう思われるのは大変良い事やし、喜ばしい?事ではあるけど…

           

          楽しい訳がないw

           

          好きか嫌いかだとしたら、好きと思う方かなw

          と、言うか好きな得意先やら担当者を見つけてそこで売上作ろうとするからかなぁ。

           

          あと会社の言う事を聞いてる様で聞かないし、聞かない様である程度従うしw

          まぁ組織人なら”ある程度”じゃなく従えよwってお話になるんやけどねぇ。

           

          これは諸先輩方もそうやろうけど、大まかな方針には勿論従いつつ、

          現場レベルの細かい事への対応にそれを持ちこんだら…って事なので悪いと思わないけど、

          経営側からすると「よう分からん奴」ってなるんやろうなぁって自分でも思う笑顔

           

          そう思われてるなぁ。って思いつつ「だから何なん?」っていつも思うw

           

           

          何の話をしてるんやろ汗

           

           

          何個か聞かれた事の一つが「営業楽しいですか?」やったけど、

          答えは明確にNO。楽しい訳が無い…けどたまに楽しかったり…

           

          んー結果的には楽しいのかなぁ汗

           

          よく分からん。

           

          楽しかった嬉しかったと思える話は何個かあるけど…難しいねw

           

           

          どんな理由であれ、得意先が喜んだら楽しいし、

          どんな理由であれ、得意先から文句言われたら楽しくないし笑顔

           

          これにも当てはま2-6-2の割合。

           

          2割褒められる

          6割何もない

          2割文句言われる

           

          営業以外の職種に就いた事が無いに等しいから分からんけど、

          営業は前半の2割が物凄く気持ち良いと感じるから結果的に楽しいのかもねぇ。

           

           

          後半の2割で文句言われたり怒られる時は、相当ヘコんでしんどいなぁって思うけど、

          クレームとかだったりやから、どこか「俺のせいじゃないしー」的な感覚はあるw

          けど次無い様に対策は考えるし、考えている時はそこそこ楽しいかもw

           

          まぁなんでもそうやけど自分の気持ちの持ちようと、どこに思いを置くかで大きく変わりますな笑顔

           

          自分の提案によって得意先の売上が上がったら嬉しいのは勿論なんやけど、

          それ以外に嬉しかった事3つの同じ話。

           

          挨拶周りで社長や上司と同行して、謙遜の意味を込めてか知らんけど、

          得意先担当者に「こんな奴が担当ですみません。ご迷惑ばかり」と言われるのが腹立つ。

          「じゃぁ営業外せや」っていつも思う。

           

          とある3つの得意先から「いやぁとんでもない」と当たり障りのない返事じゃなく、

          「彼担当外したら取引減りますよ」って明確に言って頂いた時が社交辞令でも嬉しかったなぁ。

           

          「んなアホなぁ〜」って突っ込み「ざまぁみろ」っ心の中で思いながら…って感じw

           

          こうやって振り返って書きだしてみると、

          中ちゃんが聞いた意味、意図が増々分からんし、求めた答えでも無い気がするけど、、

          結局彼は何が聞きたかった分からん僕が営業やってる不思議さしか残らん質問やたったな汗

           

          ってお話笑顔ではバイバイ

          第一印象は…

          2017.11.25 Saturday

          0

             

            「こいつがこの会社の癌。ややこしい奴おるな」

             

            親父と同じ歳の団さんの僕への第一印象が↑笑顔

             

             

            そう思わせる態度を取った自覚があるので特に否定はしないし、

            団さんに向けた態度では無く社長への抗議の意味を込めた…。

            にしても、社会人としては褒めらた態度では無かったのは事実汗

             

             

            遡る事団さんとの初対面、数十分前。

             

            社長から「関西の営業を補充しようか?」と相談され…

            僕と営業事務の長と相談し全力で拒否×

             

            人員補充なんてありがたい話やけど全力で拒否した理由。

            実質の営業のトップがいなくなり、東京勤務のS氏と、

            西日本では僕と中ちゃんと最近入った社長の息子。。

             

            あの会社で三ヶ月続く営業自体が稀の中、すっかり古株となり…、

            入って引継ぎをしては社長が辞めさせ、守れず…を繰り返され、

            営業経験の無い中ちゃんと社長の息子の面倒見ていた僕らからすると、

            これ以上の手間は勘弁してほしい…と言う意味ので全力拒否。

             

            しかしそれも叶わず

            品質管理として団さんの面接が行われ、営業での採用を即決。。

            緊急会議で出先にいたにも関わらず呼び戻され、そこで顔合わせ…。

             

            そんなこんなで団さんとの初顔合わせの時、超不機嫌だった僕を見て、

            団さんが思った感想が冒頭の一言w

             

             

            あの当時、

            実質営業のトップで会社の顔だった人が辞め、あらゆる得意先が降りかかってきて、

            担当割振りと引継ぎが終わったものの、未経験の彼らに任せるなとの命令で、

            ほぼほぼ同行していた時。

             

            そこに新たな営業が入ると言う事は…

            また担当割振りと引継ぎの手間が…そしてすぐ辞めさせる…

             

            はぁ(;一_一)

             

            ってタイミングw

             

             

            結果的には業界でも営業でも、もちろん人生の大先輩の団さんに、

            いろんなアドバイスをもらい、相談にも乗ってもらい…

            ダメな所も指摘して頂き、、数年経ってもこうして飲みにも誘って頂き…。

             

            あの時に団さんが入って頂いてなかったら…と思うと。。やねw

             

            先日の中ちゃんにとっても団さんの存在は相当大きかったねぇ…。

             

             

            ほいで、僕が違う会社から誘われ…悩みに悩んだ…結構即決やったかw

            そん時も社長の年齢や息子の能力などを考えたら「辞めるべきじゃない」って

            最後の最後まで言って下さった気がする汗

             

            辞めて無かったらどうなったんでしょうかねぇ。あんまり想像つかないなぁ。

            遅かれ早かれ息子の代にならずとも辞めるか、辞めさせられてたやろうし。。

            上に書いた営業のトップの人の最後を見てたら結末が読める気がする…。

             

             

            誘いを受けた理由は単純に条件面って話では無かったけど、

            中ちゃんを結果的にフォローできなかった事。息子と上手くやれなかった点が大きかったね汗

             

            僕の倍以上給料貰ってた人と同じ仕事量になって給料変わらなくても文句言わなかったけど、

            話を捏造されてまで毎日毎日ボロカス言われて続ける理由が僕には無かったね汗

             

            中ちゃんのせいにするつもりではないけど、彼が辞めた時に糸が切れた気がする。

             

            タイミング良くお話頂けたし。

             

            お客さんや商品は好きやったし、周りの人も好きやったけど、

            こうして会うの分かってたし同じ業界でお客さんは変わらんからねw

             

            結果的に当時のメンバーは誰一人残っていないから、遅かれ早かれやねw

             

            こうやってお会い出来て近況報告やら当時の話しを出来る事が本当に幸せピース

             

            そんなお話バイバイ

            中ちゃんとの思い出と言うと…

            2017.11.24 Friday

            0

               

              先日書いた一番被害を被った中ちゃんとの思い出はと言うと…

              どう考えても出張と言う名の山陰旅行ですかな車煙

               

              彼がどう思ったかは知らんけど、少なからず延命措置として成功した笑顔

               

              何が辛かったって、

              僕がおらんところで社長室に呼び出しボロカス怒り罵る…。

              そんな日が続き「辞めたい」と言い出し…。

               

              おらんところでされると、

              フォローも説明も僕の指示である事が言えない…。。

              そのくせ、息子の時は指示していない事でも僕を怒るw

               

              それも人格否定して完膚なきまで言う社長さんやったから

              生真面目な彼には余計辛かったやろうなぁ。

               

              今で言うパワハラから彼を守ろうと

              顔を合わす事なく朝早くに広島に向かった時に、

              その意図を見透かされたのか、電話がかかってきて、

              ギャーギャー怒ってたけど僕は受話器を耳から外し適当に相槌。

               

              それを見た彼はかなり驚いてたし良いか悪いかは置いておいて、

              それくらいの要領の良さが当時あればもう少し一緒に働けたろうなぁ。

              けど今が幸せそうやから結果的にはそれで良かったのかもねグー

               

              それに無理に引きとめたかて、僕が全て責任を負える訳でもないし…。

               

               

              で、出張の話し指

               

              営業での数少ない楽しみの一つの地方出張を味あわずに辞めるのは…と言う事になり、

              後日書く予定の団さんと結託し根回しして異例ながら二人での泊り出張。

              それも無駄に二泊三日の笑顔

               

              いつもは日帰りだった岡山から広島、山口、島根、鳥取と巡る旅行車

              いや出張w

               

              観光地を巡りー、温泉入ってー

              上手い物食べてー、たまにお客さんとこ寄ってー

              ある程度商談も決めてー。てな感じ笑顔

               

              まっ個人的に長州藩縁の地に行きたかっただけ。やけどw

               

              こう言う事も出来るんやでー。なんて言いながら少しは奮起したけど、

              結果的には当時は残念な結末を迎えてしまいました。。

               

              今思えば、

              僕自身、上司や先輩との出張ほど苦になる物は無かったから、

              彼にしたら苦の何物でも無かったかも…

              飲むと毎回「良い思い出です」と言ってくれるから、

              そうじゃなかったと思いたいけどねw

               

               

              そんなこんなで、

              その中ちゃんにはそこそこの思い入れがあるってお話です。ではバイバイ

              同窓会と言う名の…。

              2017.11.22 Wednesday

              0

                 

                昔務めていた会社の方々との飲み会でしたな。

                 

                こうやって複数人で飲むのは久し振りな気がせでも無い。

                 

                年齢的には僕は下から2,3番目?

                けど一番先輩になるのかな?不思議なもんだ笑顔

                 

                それなりに楽しく働かせて頂いた職場ではあったけど汗

                 

                まぁ色々あるさグー

                 

                皆さん、あの中で闘って闘ってとりあえず何かを乗り越えて、

                今それぞれの強みを武器に違うところで闘っておられる。

                 

                当時は?今も?

                偉そうに接していた気がするけど…やっぱりも今も変わらんなw

                こうやってお声を掛けて頂けれるのは本当に嬉しいね土下座

                 

                しかし、僕が一番変わってないってのは褒め言葉なのかなw

                 

                 

                 

                今回は久し振りに中ちゃんが参戦やねピース

                年齢的にも社歴的にも僕より後輩になるから一番被害を被った可愛そうな後輩w

                 

                改めて1歳しか変わらんかってんなww

                 

                なのに、あんなボロカス言われ…コキ使われ…よう頑張りましたわw

                 

                正直、どう考えても営業には不向き…と言うか、

                何故営業で入ってきたのか謎なくらい生真面目な青年。

                僕とは真逆でしたなぁ。あっだから当時の社長さんは採用したのかなw

                 

                当時は本当に辛かったやろうなぁ。

                 

                社会人経験も無く、希望していなかった営業職で僕なんかの下になってw

                 

                トータル何百人と色んなところで辞めて行く人を見たけど、

                彼が一番ショックやったかもなぁ。と思えるくらい頑張ってたなグー

                 

                そんな彼も今は販売店で店長として後輩を教える立場とは…w

                 

                とまぁ元気そうで良かったグー

                 

                 

                そんなところですかな。ではバイバイ

                昔から気になる。

                2017.11.20 Monday

                0

                   

                  説明が難しいんやけど、

                   

                  例えば

                  米国現地時間 2010年9月10日22時にロック・スターが死んだとする。

                  日本時間だと 2010年9月11日10時にロック・スターが死んだ事になる。

                   

                  時差があるから当然っちゃ当然なので、ごく当たり前の事。

                   

                  これを前提に…10年後日本の9月10日の番組で、

                   

                  「今日はアメリカのロック・スターが亡くなって10年目です!」

                   

                  って、言う。。

                   

                  日本時間の10日に言ったら、米国では9日になるからまだ命日じゃなくない??

                  時間帯によっては同日になるし凄い細かい事なんやけど、これが気になって仕方が無い。

                   

                   

                  具体的に言うと、ジョン・F・ケネディ大統領が暗殺されたのは、

                  現地時間で1963年11月22日12:30頃

                  日本時間で1963年11月23日1:30頃

                   

                  数年後の11月22日に日本の番組が

                  「今日はケネディ大統領が暗殺された日です」は現地だと21日になるから、違うくない?

                   

                  これで行くと、

                  11月20日22時誕生の人に対し、16時頃に「誕生日おめでとう」はおかしいぞ!

                  くらい細かい事を言ってる気もするから、そこまで正確に!!と

                  言いたい訳ではないねんけど何か物凄く気持ち悪くて…w

                   

                   

                  ついでに・・・

                  僕がアメリカで諜報活動中にCIAに殺された場合、

                  没日は現地時間?日本時間?どっち?

                   

                   

                   

                  話を戻して…

                   

                  現地時間と日本時間が違うのは当たり前…。

                  けど追悼とか命日を現地時間を日本が同日で扱ったら、

                  現地では前日になるんじゃないか?って疑問。。

                   

                   

                  調べたら…

                  命日と言う概念が米国に無いとか…

                  その辺りはふわっとさせてるとか…

                   

                  なるほど!!って答えが見つからんのよ汗

                   

                  まっ僕の人生には何の影響もないねんけど…。

                  昔から不思議で仕方が無いお話でした。ではバイバイ

                  自分を安く、小さく見るな。

                  2017.11.13 Monday

                  0

                     

                    と、思う今日この頃。

                     

                    今の若い子には中々難しいのかな…。って当時の僕が何も感じずにいたかと言うと…

                    常に悩んでた訳で…。と、言う程悩んでも無かったかなw

                    「こんなもん」って思ってたし、そんな事考える暇も無かったし情報も無かったね。

                     

                    唯一衝撃的だったのは…中華料理チェーンでバイトしている子の方が、

                    正社員の僕より給料が多かった事くらいかな笑顔

                     

                    とまぁネット・知人・友人からの情報も僕の中ではダイナマイトと認定ダイナマイト

                    扱い方によっては便利やし、間違えると人を傷つけるし。まぁ自分次第ですな。

                     

                     

                    まぁ一つ言えるのは、

                    自分で限界なんて決めないで、もっともっと高いところを見つつ、

                    身近なハードルを着実に越えた方が将来的には良いよ。って事。

                     

                    そんな事を思うと、

                    井上の弟のカズ、UG、史朗ちゃん、湯田、T-主将なんぞは年下やけど心から尊敬するし、

                    逆に井上や福田に関しても彼らとは真逆とは言え、心から尊敬する。

                     

                    僕が一番中途半端やなぁと多々感じる。

                     

                     

                    小さくまとまらず、寄り道しても、逃げ道にせず、

                    風雪に耐えて、乗り越え逞しく大きく育って欲しいね。

                     

                    逃げる事がアカンとは思わないし、逃げる事が大事な時もあるけど、

                    どうなんでしょね。言い訳やこじ付けは逃げ道じゃないとは思うかねぇ。

                     

                     

                    T-主将、

                    王寺あたりで飲みましょ。見たらご一報をw

                     

                    ではバイバイ

                    決して褒めないひー様。

                    2017.11.09 Thursday

                    0

                       

                      今回は盛さんや宿さんと参加して頂き、お二人から過剰なくらい、

                      お褒めの言葉や感謝の言葉を頂き大変光栄でもあり恐縮なんやけど、

                      ひー様からは一切何もない…素直に「頑張った」って言えば良いのにw

                      と、思いつつ、あの親父に認めてもらえる様に頑張ろうと思う方が強い。

                       

                      なんでも良いのよ笑顔

                       

                      仕事でも野球でも…怒られてばかりいたから余計にねw

                      まぁ褒められたいからやってる訳でもないけどねぇ。

                      すぐ調子に乗り意地になる僕の事をよく分かっておられるピース

                       

                       

                      とは言う物の、自分一人で考えた訳でもなく、

                      ひー様の助言のタイミングやフォローあっての事…。

                      もちろん参加して頂いた皆様の協力があっての事。

                       

                       

                      結局、悩んだら助言を求めその通りにしている自分がいる汗

                       

                       

                      それより【お疲れさまでしたー】ってLINEを送った返事に、

                      【機会があれば(scrapers)皆で飲みたいね】って一言が何より嬉しいピース

                       

                       

                      昨年は無かったこの言葉・・・。

                       

                      良いも悪いも正直な方で社交辞令とは無縁なお方。

                       

                      本音で仰って頂いたんだろうと分かるからこそ、何か認めてもらった気がして嬉しいねキラキラ

                       

                      今回は特にメンバーを褒めて頂く機会が多かった気がする。

                      実力はもちろんやけど、それ以外の態度とかが多かったグー

                       

                      三回目か四回目になるけど、今年は準備・運営から片付けと本当に皆良くやったと思う。

                      何も言わずにテキパキと・・帰り際もキチンとお見送り。

                       

                      そこまで…と思われるかも知れないけどこちらが年下で主催チーム側。

                      普段の練習試合とかとは一味違うって事を考えたら当たり前の事やけど、

                      昨年はこのごく当たり前の事が出来ず、好き好きに車に乗り込み、

                      「早よ帰らんの」見たいな雰囲気…。あれはちょっとね汗

                       

                      そう言うところ確実に上の方々は見ておられるし、

                      だからと言って即アカンとかにはならんやろうけどね。

                       

                      まぁ必要か不必要と思うのも個人の自由w

                      完璧じゃないにしても意識してやってきたから15年もチーム出来て、

                      他府県の3チーム集まる試合が出来たんやと思ってる。

                       

                      そんなこんなで、ひー様からの最大限の褒め言葉と思う

                      【機会があれば飲みたいね】って言葉になったんだろうと感じたお話。

                       

                      ではバイバイ