【映画】BEST10に入るかも

2018.03.30 Friday

0

     

    DVD持ってたから以前blogに書いてた思うけど…

    書いて無かったので改めて。。。

     

    2003年イギリス/アメリカ/フランス合作映画

    ラブ・アクチュアリー

     

     

    世界的に評価が高いのもあるけど、僕の中でもBEST10には入る作品。

     

    作り込んだ展開と脚本。

    豪華な出演俳優。

     

    豪華な俳優陣が脇役でもあり主役でもあって誰一人埋もれず絶妙なバランス。

    しかも暴力・爆発・セックス・ドラック等出てこず見どころ満載な感じ。

    イギリス特有のブラック・ユーモア・皮肉も適度に笑えて感動もある。

     

    非の打ちどころがない映画。

     

    自分でもここまで手放しで褒めるのも珍しいけど、、、

    悔しくも悪く言うところが見当たらない。僕は好きな作品。

     

     

    ストーリーは映画を観て頂くとして…豪華すぎる俳優陣キラキラ

     

    ◆ヒュー・グラント 英国首相 デイヴィッド役

    いつも”良くも悪くも”と揶揄しているけど、

    これは『ノッティングヒルの恋人』に次いで良すぎるヒュー・グラント。

     

    ちょっと抜けてる感じのキャラで英国首相、でもやる時はやる感じ。絶妙にマッチしている。

    ここを主人公に持ってきたのも製作側の勝利やと思える。

     

     

    ◆リーアム・ニーソン サムの継父役

    『ナルニア国物語』シリーズでも有名やけど、僕が知るキッカケとなったのは

    『スター・ウォーズ EP1』での主人公クワイ=ガン・ジン役として。渋めの俳優さんで威厳をもたらす。

    今作では妻の死と直面しつつ、亡き妻の連れ子の良き理解者・父として出演。

     

     

    ◆アラン・リックマン デザイン会社社長 ハリー役

    『ハリー・ポッター』シリーズのセブルス・スネイプ役でお馴染みやね。

    『ダイ・ハート』ではテロリスト役、『パフューム』では公爵役、

    『スウィーニ・トッド』では判事役、『大統領の執事の涙』で大統領役と、

    この人ほど数々ある有名作品で多岐に渡る役職を演じた俳優さんはいるやろうか・・・。

    って他にも沢山おるやろうけど・・リックマンは別格。

    少し陰、陰謀めいた雰囲気を漂わすにはうってつけの俳優さんで、

    今回も長年連れ添って冷めつつあり若い社員に惹かれつつある夫の苦悩みたいなのを演じている。

    この渋い俳優さんが2年前に亡くなったのが残念でならない。

     

     

    ◆エマ・トンプソン ハリーの妻でありデイヴィッドの妹 カレン役

    この方も『ハリー・ポッター』シリーズのシビル・トレローニー役でお馴染み。

    僕がこの方を初めて知ったのは『父の祈りを』での弁護士役。

    強い女性、健気な女性を演じられる気宇な女優さんってイメージ。

    今回は、長年連れ添った夫の浮気を疑い悩みつつ母親としての務めを全うする女性を熱演。

     

     

    ◆コリン・ファース 作家ジェイミー役

    『ブリジット・ジョーンズの日記』『英国王のスピーチ』で有名で好きな俳優さんの一人。

    『高慢と偏見』では英国貴族を見事に演じているし、どちらか言うとそっちのイメージが強いのかな?

    でも今回は『ブリジット〜』と同様に堅物なのにどこかお茶目・不器用な役柄で登場。

     

     

    ◆キーラ・ナイトレイ ピーターの新妻 ジュリエット役

    最も好きな女優さん。この人が出てる作品は全部観たいと思いつつ

    『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズは殆ど観たことが無い。

     

    この人を知ったのは上のリーアム・ニーソン同様『スター・ォーズ EP1』

    なんせ綺麗過ぎる。実物見たら失禁するやろうなぁと思うくらい美人。

    『はじまりのうた』『エンド・オブ・ザ・ワールド』と観たけどどれも美しい。

    今回も・・・美しいとしか言えない。

     

     

    ◆ローワン・アトキンソン 宝飾店員

    『Mr.ビーン』って言った方が伝わるのかな?

    チョイ役でセリフはあるもののビーンそのものって感じで出演。

    この辺りの笑いを入れてくるところが、この映画の絶妙なところ。

     

     

     

    疲れてきたのでこの辺りで、それ以外の俳優は下のキャストでf^^;

     

     

    それくらい豪華な俳優+良くできたストーリー。

     

    爆発系とかアクション系が好きな方は苦手かも知れないけど、

    是非、観てもらいたい作品♪

     

    ではバイバイバイバイバイバイ

     

     

    【スタッフ】

    脚本:リチャード・カーティス

    監督:リチャード・カーティス

    製作:ダンカン・ケンワーシー他

     

     

    【キャスト】

    ローラ・リニー

    マルティン・マカッチョン

    ビル・ナイ

    トーマス・サングスター

    ビリー・ボブ・ソーントン

     

     

    【ストーリー】

    「ブリジット・ジョーンズの日記」「ノッティング・ヒルの恋人」

    「ビーン」の脚本家兼製作者リチャード・カーティスの監督デビュー作。

     

    弟に恋人を取られたミステリー作家ジェイミーは南仏へ傷心旅行に。

    一方その頃、若くてハンサムな英国新首相デヴィッドは秘書に一目惚れしてしまい、

    悶々と悩んでいた。 (シネマトゥデイ)

    【映画】邦題の付け方がなぁ。

    2018.03.23 Friday

    0

       

      2013年アメリカ映画。日本未公開

      『最高の人生の選び方』

       

      原題:The Open Roadから『最高の人生の選び方』って。。

      いつも言うけど【最高の人生】って押し付けるとこに引っ掛かる。。

      しかも今回は【選び方】が付いている…。もう少し遊びが欲しいところやね。

       

       

      と、言いながら僕は大好物な映画笑顔

       

      何でしょ…細かい演出?細かい描写?布石?みたいなもんを感じた瞬間に好きなる。

      今回は主人公の父親やガールフレンドの優しさや・照れ・後悔みたいなんが見え隠れする。

       

      『最高の〜』の本家ロブ・ライナー作品にはこう言うのが多いから好きなんやけど、

      この作品もそれに近い物がある。

       

      まぁ日本未公開作品なだけに民放ゴールデンでは放送しない気がするけど、

      機会があればお勧めします。って感じの作品。

       

      ではバイバイ

       

       

      【スタッフ】

      製作:ジャスティン・ムーア/チャーリー・メイソン/マイケル・メレディス

      脚本:マイケル・メレディス

      監督:マイケル・メレディス

       

       

      【キャスト】

      ジャスティン・ティンバーレイク

      ジェフ・ブリッジス

      ケイト・マーラ

      ハリー・ディーン・スタントン

       

       

      【ストーリー】

      イナーリーグのプロ野球選手のカールトンは、スランプから脱せず監督から次の試合次第では降格だと告げられる。

      そこへ母親キャサリンの心臓が悪化し、すぐにでも手術が必要だと連絡が入り、病院へ駆けつける。

      キャサリンは手術前に、別れた元夫のカイルにもう一度会いたいとカールトンに告げる。

      カールトンはガールフレンドのルーシーを伴って何年も音信不通の父親カイルのいるテキサスへ─カイルは

      元・大リーガーで知らぬ人がいないくらいの人気スター選手だったが、妻や息子との付き合いが大の苦手。

      いざ、カイルを飛行機に搭乗させようとすると財布を忘れセキュリティ検査を通れず、仕方なく車でメンフィスへ向かう事に。

      ガソリンスタンドでルーシーがカバンの中には、ちゃんと財布が入っているのを見てしまい、カールトンとふたりで責めるが、

      一向に認めない。

      そんな中、カールトンとルーシーはイライラから口ゲンカになり、ルーシーは別の人からプロポーズされたと告白し、

      カールトンの気分は最悪に。3人はバラバラで、病院に駆けつけるところでは無くなってしまう。

      カールトンは野球も家族もガールフレンドとも上手くいかず、人生最悪な状況になるが…。

      【映画】小さな恋のものがたり

      2018.03.16 Friday

      0

         

        2005年アメリカ映画

        『小さな恋のものがたり』

         

         

        1971年公開のイギリス映画『小さな恋のメロディ』と勘違いして観た作品。

         

        『マイ・ガール』の現代版って感じの淡い感じで中盤までは結構暇な感じが続くけど、

        途中から結構引き込まれる。

         

        字幕で見ると良いけど、吹き替え版で見ると感情移入しにくく浮いた感じになる…。

         

        書いて良いのか分からんけど…

        最後、危機を乗り越えたお父さんのセリフの後に流れてくるビートルズの『IN MY LIFE』

        あっ『マイ・ガール』の終わり方に似ているなwでもラストシーンが良い。

         

        えーっと

        主演の子役のジョシュ・ハッチャーソン…。

        『ポーラー・エクスプレス』で主人公の声や『ザスーラ』『セタンー・オブ・ジ・アース』など

        注目作品に出演しているところを見ると…順調に成長しているけど、日本での知名度はイマイチ。

        でもあの青年の子供時代が今作品の小太りの少年だと考えると…ちょっと意外。。

         

        そう言う見方で観るのも良い。ではバイバイ

         

         

        【スタッフ】

        脚本:ジェニファー・フラケット

        監督:マーク・レーヴィン

        音楽:チャド・フィッシャー

         

         

        【キャスト】

        ジョシュ・ハッチャーソン

        チャーリ−・レイ

        ブラッドリー・ウィットフォード

        シンシア・ニクソン

        タリア・バルサム

         

         

        【ストーリー】

        離婚寸前の両親を持ち何をやっても冴えない少年が、ひょんなことから再会した幼馴染みの少女に

        生まれて初めて淡い恋を抱く姿を瑞々しく描いたロマンティック・コメディ。

        監督はこれまで脚本や製作業に従事し本作で監督デビューのマーク・レヴィン。(allcinema)

        【映画】野球映画は基本無条件で〇

        2018.03.09 Friday

        0

           

          観よう観ようと思いながら後回しになっていた作品。

           

          2011年アメリカ映画『マネーボール』

           

           

          まぁ評判通り・想像通りの作品で勿論好きな部類。

          ブラピより、ケヴィン・コスナーが良かったなぁってのが正直な所。

           

          僕がMLBを好きやった時代の話で、こ

          れまた好きやったジアンビがアスレチックスを出た直後なので、

          すんなりと話が入ってくるし感情移入がしやすい。

           

          実話やからなお良い指

           

          MLBの歴史を変えたと言うか転換させた大きな出来事でもあるし、

          少なからずNPBにも影響を与えた事なのでたまらんねキラキラ

           

          ルースやカッブ、ジャッキー・ロビソンの伝記映画も良いし、

          ケビン・コスナー主演の野球映画も良いし、

          チャーリー・シーン主演の『メジャーリーグ』のコメディも良いし♪

          デ・ニーロの『ザ・ファン』も違った角度からで良いし♪

           

          野球映画で外す事が無いね…。

           

          洋画では唯一…『さよならゲーム』くらいかな顔

           

          まぁ機会があれば是非♪ではバイバイ

           

           

          2017.04.05

           

          【スタッフ】

          脚本:スティーヴン・ザイリアン/アーロン・ソーキン

          監督:ベネット・ミラー

          原作:マイケル・ルイス

           

           

          【キャスト】

          ブロッド・ピット

          ジョナ・ヒル

          フィリップ・シーモア・ホフマン

          ロビン・ライト

          クリス・プラット

           

           

          【ストーリー】

          元プロ野球選手で短気な性格のビリー・ビーンは、アスレチックスのゼネラルマネージャーに就任する。

          チームはワールド・チャンピオンになるには程遠い状態で、優秀な選手は雇えない貧乏球団だった。

          あるとき、ピーター・ブランドというデータ分析にたけた人物との出会いをきっかけに、

          「マネーボール理論」を作り上げる。しかし、「マネーボール理論」に対し選手や監督からは反発を受けてしまい……。

          (シネマトゥデイ)

          【映画】事実は小説よりも奇なり

          2018.03.02 Friday

          0

             

            実話を基に作られた映画を観るといつもそう思う。

             

             

            2013年アメリカ映画

            『キャプテン・フィリップス』

             

             

            大変見応えのある映画やったグー

             

            トム・ハンクスはどうしてこう言う災難に遭遇する作品・役を選んでいるのか、

            『CAST AWAY』『ターミナル』などのイメージが強く…正直どれもあんまり好きではない。

            けどこれはトム作品のこのジャンルの中では一番好き。

             

            まず、

            事実である事のリアリティ。

            脚色を感じさせないスマートさ。(脚色が無いのかも)

            カメラアングルでの緊迫感・切迫感の演出。

             

            お見事やなぁって、これぞハリウッド映画って感じがした。

             

            前振り以外は終始手に汗握る展開。『タワーリングインフェルノ』かの様。

             

            監督は『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルテメイタム』

            『ジェイソン・ボーン』『ユナイテッド93』のポール・グリーングラス。

            お名前は知っているけど、観た事の無い・選択肢に入らない系統なので、

            これを機にボーンシリーズは観ても良いかも…。今更やけど…汗

             

            もう一人、製作総指揮にケヴィン・スペイシーがクレジットされている…。

             

            『それでも夜が明ける』の時みたいに同姓同名かなぁと思いきや…。

            あの名優ケヴィン・スペイシーじゃないか!!!!

             

            勝手ながら、トム・ハンクスとケヴィン・スペイシーが合うとは思えないけど、

            役柄で言うと善がハンクス。悪がスペイシー。の印象が強い。

            どっちもプロやし立場が違うし問題ないんかね。。。

             

            観ようか迷っていた

            『ソーシャル・ネットワーク』の製作総指揮もスペイシーなのですぐにでも観ないとね…。

            ちなみにこの作品の監督はデヴィッド・フィンチャー。

            先日酷評した『ドラゴン・タトゥーの女』

            アフレックに驚愕した『ゴーン・ガール』

            大ヒット作品の『セブン』の監督さん。当り外れが多いだけに…やっぱり迷ったりw

             

            どんどん観たい作品が増えるw

             

            ではバイバイ

             

             

            【スタッフ】

            脚本:ビリー・レイ

            監督:ポール・グリーングラス

            原作:リチャード・フィリップス

            指揮:ケヴィン・スペイシー

             

             

            【キャスト】

            トム・ハンクス

            バーカッド・アブディ

            バーガッヂ・アブディラマン

            ファイサル・アメッド

            キャサリン・キーナー

             

             

            【ストーリー】

            2009年4月、ソマリア海域を航海中のコンテナ船、マークス・アラバマ号を海賊が襲撃。

            武器を所持していた4人の海賊に、武装していなかったアラバマ号はあっという間に占拠されてしまう。

            船長のリチャード・フィリップスは、20人の乗組員を自由にしてもらう代わりに自らが海賊の人質となり……。

            (シネマトゥデイ)

            【映画】ウィリアムズ×デ・ニーロ

            2018.02.23 Friday

            0

               

              実話を基にした作品って良いねグー

              それがヒューマン・ドラマならなお良いねグー

               

              1990年アメリカ映画『レナードの朝』

               

               

               

              監督は『プリティ・リーグ』『ビッグ』のペニー・マーシャル。

              どちらとも好きな作品でもあるから非常に見やすかった♪

               

              少し重ための雰囲気から徐々に明るくなる感じ・演出は良いねグー

               

              実話を基にしているみたいで…難しい事は分からんけど大変やなぁって汗

              物凄く雑な感想になっていますが…。

               

              重病を抱えた青年をデ・ニーロが好演して、担当医の奮闘をウィリアムズが熱演。

              どちらも圧巻って感じがするし、ウィリアムズ作品を観る度に、

              もう新作が観られないと思うと残念で仕方が無いね…。

               

               

              派手さは無いけど、機会があれば是非観て頂きたい作品映画

               

              ではバイバイ

               

               

              2017.08.10

               

              【スタッフ】

              原作:オリヴァー・サックス

              脚本:スティヴン・ザイリアン

              監督:ペニー・マーシャル

               

               

              【キャスト】

              ロバート・デ・ニーロ

              ロビン・ウィリアムズ

              ジュリー・カブナー

              ジョン・ハード

              アリス・ドラモンド

              ジュディス・マリナ

               

               

              【ストーリー】

              オリヴァー・サックスの実話を基に、治療不能の難病に挑む医師の奮闘を、

              一人の重症患者との交流を軸に描いた感動のヒューマン・ドラマ。

              30年間昏睡状態だった男レナードが、奇跡的に意識を回復した。

              セイヤー博士の治療が功を奏したのだ。博士はその治療を、

              他の患者にも適用してめざましい効果をあげるが……。(allcinema)

              【映画】奇跡のシンフォニー

              2018.02.16 Friday

              0

                 

                僕の一押し若手俳優フレディ・ハイモア出演作品

                 

                2007年アメリカ映画

                『奇跡のシンフォニー』

                 

                これを書いたのは2017年5月。『ベイツ・モーテル』の話をしていた頃です。

                 

                その時にハイモアの話はしたので割愛。

                 

                ジャンルは感動系ヒューマンドラマになるのかな?

                典型的な「んなアホな」って映画…そして大好物笑顔

                 

                残念ながら泣きはしなかったけど、このありきたりな感じ良いですねぇ。

                最後の中途半端感良いですよ♪

                 

                ディスってません指

                 

                こう言う作品が好きなのですピース

                 

                でもいつも言う様に、なぜ原題が『August Rush』に対して

                邦題が『奇跡のシンフォニー』なのか…。

                 

                「感動しろよ」「良いと思えよ」と押し付けられてる気がしてホント嫌。

                内容以上にハードルが高くなり、観終えた後に評価されにくいと思うけどなぁ。

                 

                 

                んでこの作品で気になる俳優は…

                母親役のケリー・ラッセルが綺麗なのは当然として…

                ロビン・ウィリアムスもいつも書くから置いておいて…

                 

                今回は…ウィリアム・サドラー

                『ショーシャンクの空に』のレッドの次にアンディと喋ってた先輩服役囚ヘイウッド役。

                『ダイ・ハード2』の敵役スチュアート大佐か中佐の人。。

                あと『グリーンマイル』にも出てた気がする。。

                 

                悪役・チョイ悪役が似合う名脇役さんやね指

                 

                と、これ以上広げられないんやけど汗汗

                 

                まぁ民放でやるかなぁ…やっても深夜枠か

                フレディ・ハイモアが超有名になった時に子役時代の作品として…

                それでも『チャーリーとチョコレート工場』をやるやろうから、

                やっぱり深夜枠かな汗

                 

                DVD借りては…そこまででは無いかなw

                 

                ではバイバイ

                 

                 

                【スタッフ】

                製作:リチャード・バートン・ルイス

                脚本:ニック・キャッスル/ジェームス・V・ハート

                監督:カーステン・シェリダン

                 

                 

                【キャスト】

                フレディ・ハイモア

                ケリー・ラッセル

                ジョナサン・リース=マイヤーズ

                ロビン・ウィリアムズ

                テレンス・ハワード

                アーロン・ステイトン

                 

                 

                【ストーリー】

                孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には豊かな音楽の才能が備わっていた。

                ある晩、エヴァンは不思議な音を追い、施設からマンハッタンへと導かれる。

                さまざまな出会いにより、エヴァンの音楽の才能は開花。

                同じころ、離ればなれとなっていた両親も、それぞれの思いを胸にニューヨークへと赴いていた。

                (シネマトゥデイ)

                【映画】Boy Missing

                2018.02.09 Friday

                0

                   

                  2016年スペイン映画『Boy Missing』

                   

                   

                  さすがNetflixやわNETFLIX超マイナーな日本未公開のB級映画を配信キラキラ

                   

                  こう言うの大好物ですキラキラ

                   

                  「スティーブン・キング大好き♪」って思って作ったらこうなるかなぁ。って僕の妄想やけど、

                  それくらいどこかスティーブン・キング原作のサスペンス作品を思い出させる作品。

                   

                  これ何れリメイクされるんちゃうかな?

                   

                  良い意味で裏切られる…「そうくるかー」って思える展開があり、

                  途中でネタバレするのが惜しいところやけどサスペンスとしては合格グー

                   

                  音楽でもうちょっと煽って欲しかったのと、母親役がもう少し若ければ◎。

                   

                  DVD化されているのかも謎やけど機会があれば…是非。

                   

                  ではバイバイ

                   

                   

                  【スタッフ】

                  脚本:オリオル・パウロ

                  監督:マル・タルガローナ

                   

                   

                  【キャスト】

                  ブランカ・ポルティージョ

                  アントニオ・デチェント

                  ビセンテ・ロメロ

                  マルク・トメネク

                   

                   

                  【ストーリー】

                  最愛の息子は誘拐され、傷を負って発見された。

                  弁護士である母は、自らの手で犯人に正義の鉄槌を下すことを決意。

                  やがて、事態は制御不能の混乱に陥ってゆく。(NETFLIX)

                  【映画】きみに読む物語

                  2018.02.02 Friday

                  0

                     

                    わざわざ”君”を平仮名で書くところが少しね…。

                     

                     

                    2004年アメリカ映画

                    『きみに読む物語』

                     

                    なんやろ…。

                     

                    ロマンチックなベタなドラマ笑顔

                     

                    嫌いじゃない汗むしろ好きな方汗汗

                     

                    親の都合で別れる事になった二人がー、あーなってこーなってって感じのベタドラマ。

                     

                    それ以上でもそれ以下でも無く感想も特に無いねんけど…

                    ボーっと観るには良い丁度良い作品指

                     

                    まぁ民放ゴールデンではやらないねww

                     

                     

                    全然関係ないけど、製作のクレジットにあるマーク・ジョンソンと、

                    阪神の元助っ人のマーク・ジョンソンは別人ですw

                     

                    それくらいw

                     

                    ではバイバイ

                     

                     

                    【スタッフ】

                    製作:マーク・ジョンソン/リン・ハリス

                    脚本:シャン・サルディ/ジェレミー・レヴェン

                    監督:ニック・カサヴェテス

                     

                     

                    【キャスト】

                    ライアン・ゴズリング

                    レイチェル・マクアダムス

                    ジーナ・ローランズ

                    ジェームズ・ガーナー

                    ケヴィン・コナリー

                     

                     

                    【ストーリー】

                    家族とひと夏を過ごすためにノース・カロライナにやって来た良家の子女アリーは、

                    地元の青年ノアから熱烈なアプローチを受け、やがて愛し合うようになる。

                    (シネマトゥデイ)

                    【映画】これまた評価が難しい。

                    2018.01.26 Friday

                    0

                       

                      2001年アメリカ映画

                      『ニューヨークの恋人』

                       

                       

                      メグ・ライアンの全盛期か下りかけた時の作品かな?思ったよりよくは無かった。。

                       

                      よくあるファンタジーの要素があるラブ・コメディ。

                       

                      メグ・ライアンが得意としている作風の割には物足りなさと言うか新鮮味も無く…。

                      ただただ無駄に時間が流れているだけって感じがした。。。

                       

                      タイムスリップによるタイムパラドックスも中途半端に描くから綻びが出てくる。。

                       

                      雰囲気だけは嫌いじゃないだけに勿体の無い気がするけどなぁ。

                       

                      民放で1度やったみたいやけど視聴率どうやったんやろww

                      もうやる事はなく深夜枠でなら…って感じの作品。

                       

                      ではバイバイ

                       

                      2017.06.05

                       

                      【スタッフ】

                      脚本:ジェームズ・マンゴールド/スティーブン・ロジャース

                      監督:ジェームズ・マンゴールド

                      製作:キャシー・コンラッド

                       

                       

                      【キャスト】

                      メグ・ライアン

                      ヒュー・ジャックマン

                      リーヴ・シュレイバー

                      ブレッキン・メイヤー

                      ナターシャ・リオン

                      ブラッドリー・ウィットフォード

                       

                       

                      【ストーリー】

                      1876年、ニューヨーク。

                       

                      そこは盛大な舞踏会の会場。レオポルドは本日の主役にも拘わらず浮かぬ表情。というのも、

                      彼は今日花嫁を決めなければならないのだが、本当に愛する女性にめぐり逢っていないのだ。

                      そんな彼は会場で怪しげな男を目にし、逃げ出したその男を追って

                      やって来たブルックリン・ブリッジから男とともに奈落の底へ……。

                       

                      そして現代のニューヨーク。

                       

                      広告会社で働くケイトはバリバリのキャリアウーマン。過去の苦い経験からいまや男を諦め仕事一筋。

                      そんなケイトの前に突然、クラシックな服を着て完壁な王立英語を話す不思議な男が現われた……。

                      (allcinema)